heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
«前のページ | TOP | 次のページ»

瞬完売ゴーフルとフォレマジック再び @ P.S'eveille (Salon du Chocolat 2012)

2012.01.29 日 23:48


元々のパリセ・ファンが、金子シェフの新作に関しては嗅覚が鋭いというのもある。
そして、今回は『サロショ』のカタログにも載ってしまった。

…というわけで、"ゴーフレット・ドゥ・ショコラ"を買い求めるために、連日、開店と同時に行列が出来るほどだったそう

ゴーフル生地がショコラ風味で、ガルニチュールが3種類。
"キャラメルムー"(ブール・サレ)"プラリネ""ガナッシュバニーユ"
3種類が3種類とも、味ばかりでなく食感まで異なり、どれも甲乙つけ難い美味しさ
小さい頃、お歳暮・お中元の定番だった、表面が金色の大きな円い缶に入った『上野風月堂』のゴーフルとは、当たり前だが全然違う。



そしてこれ。
あまりに可愛くて、しかもこの機会を逃したら買えない…ということで、アントルメも買ってしまいました

続きを読む…  
Posted at 23:48 / event / この記事のURL
コメント(0)

"Oh, Parisien!" by Arnaud Larher (Salon du Chocolat 2012)

2012.01.29 日 20:58


こちらも毎年参加している、アルノー・ラエール・シェフのセミナー。
ついこの間、モンマルトルのブティックに行ってきたばかりなので、今の私にはとっても身近なパティスリーに感じる。

今年のデモンストレーションは、"パッションフルーツと抹茶のケーキ、チョコレートホイップクリーム添え"
フランスと日本をミックスした作品。
味の違うもののマリアージュでも如何に調和するか、そして、それぞれのパーツの食感の違いが美味しさを引きだすことを、デモンストレーションを通じて教わった。



日本に来た時の楽しみの一つが、TVのCMを見ることだそう。
CMタレントの大袈裟なリアクションが面白いのだそうで、「フランスのCMではやらないから、笑っちゃって…」と言っていた。
デモの途中、レンズを向けると、変顔をしたりとお茶目な一面も見せてくれた、陽気なシェフである。

続きを読む…  
Posted at 20:58 / event / この記事のURL
コメント(0)

予約難関の土曜フレンチ @ Florilege

2012.01.28 土 17:39


青山の人気フレンチ『フロリレージュ』、特に土日のランチは、予約開始20分ほどで満席になってしまう激戦。
ところが昨年、ダメ元で電話したところ、運よく数分で繋がった
こういうことがあるから、やはりチャレンジだけはするもの。
K嬢を誘ったところ、二つ返事でOK
すっかりグルメ友達と化してしまい、無礼講ですみません

川手シェフのお料理は2回目(前回もランチだった)。
前回食べたので今回は別のお皿にしてしまったが、シェフの十八番 "フォアグラの重さとメレンゲの軽さ" に表されているように、こうした意表を突かれる独創的な発想、調理法や素材、それを盛る器の形状や質感までへの拘りなど、そのセンスは唯一無二。
今日食べたお料理も、「うわっ、これはここでしか絶対に食べられない。」という、個性あふれるものばかり。
某教室のクラスメイトはかなりのグルマンディーズで、ここに通い詰めているほど、惚れ込んでいる。
彼女のブログを真剣に読んでいたら、久々に行きたくなってしまった…というわけ。
デセールは、前回はチョコレートのオムレットを食べたのだが、今回は他のものを食べてみたくて…
ひと足早く、春を感じてきました




続きを読む…  
Posted at 17:39 / French / この記事のURL
コメント(0)

10周年でコラボ @ A.Larher & Paris S'eveille (Salon du Chocolat 2012)

2012.01.28 土 00:12


『サロン・デュ・ショコラ』伊勢丹開催10周年を記念して、夢のコラボレーションが実現。
アルノー・ラエール・シェフ(『アルノー・ラエール』)と、かつて彼のもとで修業した金子美明シェフ(『パリセヴェイユ』)による見事なピエスモンテが会場内でもひと際注目を引いている。
それが、"フォレマジック"
アントルメ、プチガトーとしても販売しており、飛び付いたのは言うまでもない。
そして、パリでしか買えないと思っていたラエール・シェフのプチガトー2種(『パリセヴェイユ』で製造)と、金子シェフによる伊勢丹限定プチガトー3種も登場。
みんなが朝早く並んだ一番のお目当ては、金子シェフのゴーフル3種。
これに関しては、追って…。


続きを読む…  
Posted at 00:12 / event / この記事のURL
コメント(0)

"Amour et Passion" by Christine Ferber (Salon du Chocolat 2012)

2012.01.27 金 23:50


『サロン・デュ・ショコラ』と言えば、こちらも恒例の≪トークショー&デモンストレーション≫。
本日ラストの、クリスティーヌ・フェルベール・シェフのデモンストレーション。
一品は"ムース・ショコラとフランボワーズ、サブレ・ショコラを添えて"
もう一品は、"キャラメルとラム酒風味のバナナとパッションフルーツ、ライム風味のシャンティイとガナッシュ添え"
フェルベール・シェフのセミナーはいつも試食がいっぱい。
今年は、1ヵ月前に仕込んだというご自慢の"ベラヴェッカ"をアルザスからわざわざ持ってきて下さった。
友人であるピエール・エルメ・シェフも、ご自分のお父様が作られるものよりも美味しいと絶賛なさった…というアルザスのノエルの定番の試食でスタート。


続きを読む…  
Posted at 23:50 / event / この記事のURL
コメント(0)

マンゴー味のショコラショー @ Jean-Paul Hevin

2012.01.27 金 23:44


ガナッシュにもヴァリエがあるように、ショコラショーにも様々なフレーバーを付けて、新たな楽しみ方を教えてくれたのが、ジャン=ポール・エヴァン・シェフ。
2,3年前のセミナーに出た時に、リーチ(ライチ)&フランボワーズ味や洋梨&ヴァニラ味のようなショコラと相性が良いことが最初から分かっているフレーバーもあるが、ロックフォール味や牡蠣味のルセットも開発した…と聞いて、興味津々だった。
そのうち、ショコラショー専門本も出版。すぐに買ったけれど、やはり本物をまず飲んでみないと…と、自分では作ってみたことがなかった。

『サロン・デュ・ショコラ』の『ジャン=ポール・エヴァン』のブースは奥にイートイン・スペースも設けていて、そこで新作ガトーや限定コラボ・デセール、そしてこのオリジナル・ショコラショーも楽しめる。

私が選んだのは、マンゴー味。
マンゴーの果肉にカルダモン、しっぽのついた胡椒(クベバ)、生クリームを合わせたソースが浮かんでいる。
単調だったショコラショーにアクセントが加わるだけで、こんなにも楽しめるなんてと、ちょっと新鮮な印象を受ける味。
こちらは新作、"モン・フジ"
ピスタチオのクリームをマロンクリームで包み込んだモンブラン。
個人的には、あまりモンブランというお菓子は変化球で来てほしくないのだが、これはピスタチオの豆らしさが活かされているので、マロンクリームとも相性が良く、食べても「」な印象は持たない。
仲良しのクリスティーヌ・フェルベール氏。
いつもお隣同士のブース。そして今年も両氏によるコラボ・デセールが登場。

"マカロン・ショコラ・レ・グラッセ"
マカロン生地とミルクチョコレートのアイスクリームにオレンジとイチジクのコンフィの組み合わせ。
徳に感動したのが、オレンジとイチジクのコンフィ。
果肉が大ぶりで、ぎゅ〜っと凝縮した味が素晴らしい。
そして、それとミルクチョコレートのアイスクリーム、シャンティイが合わされば、その感動は3倍にも4倍にも。
もう1種類は、"マカロン・ショコラ・ノワール・グラッセ"
マカロン、ビターチョコレートのソルベに赤いフルーツのコンフィの組み合わせ。
こちらの方は、私が行った時には既に完売。





そして、エヴァン・シェフのブースを訪れる時の楽しみの一つが、たくさんのガラスケースに納められた見事なショコラのオブジェ。

続きを読む…  
Posted at 23:44 / event / この記事のURL
コメント(0)

イチゴのメリーゴーランド @ Bernard Loiseau (Salon du Chocolat 2012)

2012.01.27 金 23:30


ショコラの祭典『サロン・デュ・ショコラ』も、伊勢丹新宿店で開催されて、今年で10周年。
(ちなみに日本での初回は、2000年に東京国際フォーラムで開催された『サロン・ド・ショコラTOKYO』である。)

今年のテーマは、≪10Desires(10の願い)≫。

既に、パリで既に買ったものあり(値段を見てはガッツポーズ)、ネットで事前購入したものあり…で、会場ではイートインと『パリセヴェイユ』(一部、『アルノー・ラエール』とのコラボ有り)のみで済まそう…と思ったのだが、いずれにせよ熱気ムンムンの催事場を通らざるを得ない
そして、見るとやっぱりあれもこれもと欲しくなる
…というわけで、今年も見事にショコラ貧乏になりました

本日は会社を午後半休し、まずは、日本のサロショ初登場の『ルレ・ベルナール・ロワゾー』のデセールを。
かつて故ロワゾー氏に師事した『神戸北野ホテル』の『イグレックプリュス+』が全面協力し、ミシュラン3つ星の芸術的デセールを3品再現。

3品ともとてもフォトジェニックで、どれも食べてみたかったけれど、選んだのは、"イチゴのメリーゴーランド"



目の前に登場したときには、本当にサプライズ
これぞアシェットデセールの魅力

続きを読む…  
Posted at 23:30 / event / この記事のURL
コメント(2)

マスカルポーネ&サワークリーム・アップルパイ

2012.01.24 火 23:33


しばらくずっとパリ・モードだったけれど、ここの教室に来ると一気にアメリカ東海岸モードになる。

今年初のアメリカン・ベーキング・レッスンは、"マスカルポーネ&サワークリーム・アップルパイ"

サワークリームにマスカルポーネチーズを加えることで、酸味だけでなくコクもプラス。
かなりリッチなアップルパイになる。

ところでアップルパイといえば、reheat(温め直して)するもの…と思っていたが、このアップルパイは常温、冷たいまま、そして意外にも冷凍してシャーベット状になったものでも美味しいのだとか


続きを読む…  
Posted at 23:33 / Akiko Hirano / この記事のURL
コメント(0)

絶品タタンは2個買い @ K.Vincent

2012.01.21 土 23:36


"タルトタタン""ショートケーキ"
そして、この時期は、"ガレット・デ・ロワ"も。

昨年11月あたりから、不定期営業となってしまった『カー・ヴァンソン』
今は週末しか営業していないようで、その少ない営業日を狙って、お目当てのアイテムを買いに飯田橋へ。
もちろん、タタンもショートも間に合う時間を見計らって…。

タタンは1カットでこのお値段か…と躊躇するものの、やっぱり好きだし、今度はいつ食べられるか分からないと思うと、2個も買ってしまう

いつもワンパターンになってしまうので、珍しく買ってみた"ガトータミナ"
そしてもちろん、"ガレット・デ・ロワ"のナチュールとショコラ。
ショコラの方は15cm、ナチュールの方は12cmのを購入した。




続きを読む…  
Posted at 23:36 / K.Vincent / この記事のURL
コメント(0)

寒い冬には御膳じるこ @ 紀の善

2012.01.21 土 14:48


久々の神楽坂。久々の『紀の善』。
大好きなここのこし餡、その餡で作られたおしるこでエナジー・チャージ。

ふと横の席を見ると、"粟ぜんざい"もこし餡たっぷり。
次回はあれだな



 
Posted at 14:48 / Japanese sweets / この記事のURL
コメント(0)
«前の記事 | TOP |
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
 
 Powered by yaplog!