heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
«前のページ | TOP | 次のページ»

ニュー・フェイス登場中 @ Paris S'eveille

2011.05.29 日 23:09


「あれこれ、まだ食べてなかったっけ」とすっかり食べた気でいたタルト。
「あ、これ初めて見るけど…」と一目でわかったヴェリーヌ。
それが、今日の私の選んだニュー・フェイス2種。

登場してからだいぶ経っている、"クレール・フォンテーヌ"
パート・シュクレ、クレーム・ダマンド、クレーム・ヴェルヴェンヌ・シトロン、コンフィ・アブリコ・ヴェルヴェンヌ、シャンティ・ヴェルヴェンヌ、アマンド・キャラメリゼ

いつもカットする時に苦労する、パリセのタルト。
それだけ、パート・シュクレがカリッとしっかり焼きあがっているのだ。
(美しく切りたいので、次回は、家からギザナイフを持っていこうか…といつも思うほど。)

ヴェルヴェンヌは、最近シェフが良く使うハーブ。
レモンに似た香りを持ち、リラックス効果が高いのだとか。
味はかなり個性的かもしれない。
私はこのぐらい個性的な方が、ハマるのだけれど。
"ポー・フレーズ・デ・ボワ・オ・テ"
フレーズデボワ・ジュレ、紅茶のクレームブリュレ、赤ワインとフランボワーズのムース、フランボワーズ風味のクランブル


これは一口食べた瞬間、電流が走った
パフェのように縦掘り式に混ぜて食べてももちろんなのだが、なにせ1つ1つのパーツだけ食べても、立派に独立出来る美味しさ
これだけだと物足りないけど、これを足すとバランスが取れる…という組み合わせもあるけれども、こうして、1つ1つの完成されたもの同士が合わさって4倍(このヴェリーヌの場合は4パーツなので)の美味しさにパワーアップするものの方が、ずっとずっと感動が大きいし、印象に残るし、何度も食べたいと思う。

そんな中、あれもそれ系だったな…と思い出したのが、名デセール"ペッシュ・メルバ"。
この夏も登場するのだろうか


 
Posted at 23:09 / Paris S'eveille / この記事のURL
コメント(0)

ふわふわパンケーキ @ 自由が丘ベイクショップ

2011.05.29 日 21:21


『自由が丘ベイクショップ』の人気No.1メニューといえば、"パンケーキ(オレンジバター、ローステッドバナナ&メイプルシロップ)"

実は人に勧めるばっかりで、私自身が食べたことが無かった…という体たらく
このカフェには何度も来ているのに、オーダーするのは他のものばかり。
特に、エレベーターを降りて目の前に広がる、パンや焼き菓子がびっしりのカウンターを見てしまうと、そこから選びたくなってしまうのだ。

相変わらず、ここのパンケーキは人気で、ただでさえ、オーダーを受けて作りだすのに時間が掛かるのに、今日は前に何枚ものオーダーが溜まっていたので、「30分掛かりますが。」と言われてしまった。
でも、今日はたっぷり時間があるから、待ちましょう

そういって、本当に30分経って出てきたのが、こちらのパンケーキ。
焼く人にも因るのだろうが、記憶の片隅にある面影とは違い、全体に均一な焼き色で、スベッとした表面。
厚みもかなりあって、見た目、パンケーキというよりはホットケーキのよう
ここに、特製オレンジバターを載せ、たっぷりメープルシロップを掛けて、いただきます
どうして今まで食べなかったんだろう
今流行りのリコッタチーズ入りのパンケーキなので、スフレのようにフワッとしているのだけれど、今まで食べてきた中でも、かなり自分好みのテイストのパンケーキである。
(そう言って、自分の中でどんどんNo.1が入れ替わっていくのだが…)
ここのオーナーがお店を開く際に影響されたというブルックリンのカフェや、マンハッタンの老舗がどこなのか分かったので(オレンジバターはそこのを参考にしたようだ)、次回ニューヨークに行った際に回るお店リストに加えよう。




 
Posted at 21:21 / sweets / この記事のURL
コメント(2)

リベンジ、ベトナミーズ!@ My Le

2011.05.26 木 23:48


今月2回目の蒲田『ミ・レイ』。
ベトナム料理は、野菜を大量に採れるせいか、膨満感に悩まされることもなく、翌朝も身体が軽く感じるのは私だけ
オーダーするものにも因るのかもしれないが…。
今日は同僚Fちゃんも「"牛肉のフォー"は絶対食べる。」と鼻息が荒い。
彼女は、明日から渡米
いつもは結構飲むのだが、そっちは我慢し、今晩は食べることに重きを置くと決め込んだようだ。
前回海外出張で泣く泣く欠席したE女史も、満を持しての参戦。
≪予約がなかなか取れないベトナミーズ≫にテンションmax
後輩Kは、今度も仕事にその身を奪われてしまった
いつもワンパターンになりがちなオーダーも、E女史参加で、ちょっとラインナップに変化が
嬉しいことだ
それが、「うわっ、美味しい頼んで正解だったね」という新たな発見に繋がるのだから。
このお店、本当にハズレ料理がない。



続きを読む…  
Posted at 23:48 / dinner / この記事のURL
コメント(0)

第2回ベルエ会 @ LUGDUNUM Bouchon Lyonnais

2011.05.24 火 23:57


ベルエ・コンセイユ来日講習会ではすっかり顔なじみとなった、食のプロ達。
せっかくご縁があって知り合ったのだから懇親を深めましょう、と集まった前回から半年。

久々に集結することになったきっかけは、たまたま私とeat-sweets嬢が3月の初めに行った
『ルグドゥノム・ブション・リヨネ』のシェフが、A'Sweets嬢の恩師だったと判明したことから。
直前でA嬢から欠席メールを受け取ったので、残念ながら今回は5人となってしまった。

皆さま、本の出版を控えていたり、今度のレッスンのメニュー構成をどうしようかとか、当然ながら、話題は食に関することばかり。
雑誌の編集者や教室の生徒さんと向かい合うことは多くても、こうして同業者同士が情報共有する機会って、実はあんまりないのかもしれない。
あと、やっぱり震災関連の話題も尽きず…
現地の食糧事情に心を痛め、食を職業としているからこそ何か出来ることはないか…と、それぞれが考え…実際、行動に移した方もいた。



※勝手に貼らせていただいちゃいました、今回参加者のブログ/HP、リンク。
eat-sweets嬢
A'Sweets嬢
Y嬢
H嬢


続きを読む…  
Posted at 23:57 / French / この記事のURL
コメント(4)

カランツ・スコーン、ナッツ・ショートブレッド

2011.05.23 月 21:36


昨日・一昨日と東京でのレッスンの合間に大阪に行き、梅田阪急でパンケーキを焼いた後、東京に戻られたばかりの先生。
さぞかしお疲れだろうと思いきや、相変わらずのエネルギッシュなテンションで、今日もササッとワンボールで作れるお菓子2種を教えて下さった。

1つが"カランツ・スコーン"、もう1つがこれ、"ナッツ・ショートブレッド"





続きを読む…  
Posted at 21:36 / Akiko Hirano / この記事のURL
コメント(0)

お久しぶり、わおちゃん @ Rose Bakery

2011.05.22 日 16:35


久々にわおちゃんのブログを見ていたら、一時帰国していることが分かり、連絡を取ったのが3月の後半のこと。
彼女のお裁縫の腕はプロ級
そういうプロの作家になればいいのに…というぐらい、独創的でアーティスティック。
そんな彼女なら、きっとびっくりするぐらいキュートにリメイクしてくれるだろう…と、可愛い柄の布地をとっておいていたのだが、まさか東京で渡せることになるとは

彼女はマクロビっ子なので、私のような≪I love white foods≫人間と、共通するお店はどこなんだ…と悩んだが、意外にパッと思いついたのが『ローズベーカリー』。

休日の『ローズベーカリー』なら、もしかして…と、スタッフに尋ねてみると、ありました
念願の"パンケーキ、オーガニック・メープルシロップ添え"
今まで食べてきたパンケーキの中でも、かなりシンプルな構成。
付け合わせはバナナスライス。
これだけじゃ、私的には物足りない。
わおちゃんのパンに付いてきたバターをちょっと貰っちゃおう。

ジュースは、本日は"オレンジ、バナナ&アップル"にしてみた。
けれどもこれ、時間が経つと、当然ながら変色が始まる

そして、わおちゃんは、3種類あったキッシュの中でも、野菜のみで出来たものをオーダー。
付け合わせも野菜料理2種。
彼女は今日がお誕生日
おめでとう〜



※買い物&食事でやってきたという、尊敬する某ムッシュとそのファミリーにバッタリ
ムッシュとは遭遇率が高いのだが(しかも双方、食べ歩き時)、まさか丸の内でお会いするとは




 
Posted at 16:35 / lunch / この記事のURL
コメント(0)

大阪のトレ・ミニョンなパティスリー @ Ravi,e relier

2011.05.21 土 23:47


1軒だけパティスリー巡り。
思ったよりも、催事で時間を取られてしまい、結局行けたのは、梅田駅から歩いて行ける『ラヴィルリエ』のみとなった。
ここは、スウィーツマニアの誰に聞いても、大阪で行くべき店の筆頭に挙がるところ。
見た目は古典菓子なのだが、ネームプレートをよく読むと、ちょいちょい変化球系マリアージュになっていて、未知の味に興味津々。

外の気温はどんどん上がって、夏の暑さ。
そうなると、ショコラ系にはそそられず、みずみずしい系を求めてしまう。
ショーケースの中は、夕方の状況かと思うほど、残数僅か
このパティスリー、閉店時間は明記しておらず、≪売り切れ次第閉店≫とのこと。
それが大体、14〜15時頃らしい。
行ってみると、ええ、こんなところにいきなりというような、真っ赤な外観が遠くからでも判った。
東京だとこんな可愛い外観のパティスリーは沢山あるけれど、大阪だとまだまだ珍しいのだろうか
左隣りは蛸料理のお店、右は印刷所。目の前はコインパーキングというロケーションなので、特に目立つ。
これは落ち着いた時に撮影したのだが、私が到着した時には、噂通り行列だった。




続きを読む…  
Posted at 23:47 / Osaka/Kyoto/Kobe / この記事のURL
コメント(2)

ニューヨークフェア 2011B @ 阪急うめだ本店

2011.05.21 土 23:33


カラフル・ポップなパッケージに惹かれる『CIAO BELLA』のジェラート。
東京でも、『ナショナル麻布スーパーマーケット』や『ヒルサイドパントリー代官山』で入手できるのであるが、ニューヨークでも東京でも、実は1回も食べたことが無かった私

『CIAO BELLA』
ジェラート/ソルベのヴィヴィッド・カラーは、パッケージに負けない。
今回、私が選んだのは、"シシリアン ブラッドオレンジ ソルベ""アルフォンゾマンゴー ソルベ"
カップからはみ出した大きなスクープは、アメリカン・サイズ
このサイズが日本で食べられるとはっ



他にも、かさばらない程度にあれこれ…


続きを読む…  
Posted at 23:33 / event / この記事のURL
コメント(0)

ニューヨークフェア 2011A @ 阪急うめだ本店

2011.05.21 土 23:21


「我が店こそ、ニューヨークNo.1ベーグル」と、有名店は多いのだが、今回、この『ニューヨークフェア』にやってきたのが、『Ess-a-Bagel』。
前回ニューヨークに行った時は、『Kossar's Bialys』に行ったけれど、その前にニューヨークに行った時は、『Ess-a-Bagel』に行った(はず)。

40分掛けて並び、ようやく前の方に辿り着くと、奥のオーブンの中にびっしりと焼成中のベーグルが見えた

買える個数も1人6個まで…と決まっていたので、とりあえず、全種類1個ずつを買った。
"Whole Wheat", "Cinnamon Raisin", "Plain", "Sesame", "Onion", "Garlic"
マンハッタンだったら1個1ドルもしないベーグルが、このフェアだと300円強もするのは如何なものかとは思うのだけれど、やっぱり本場のはめったに食べられないし…と、並んでまでも買ってしまう。
一つ失敗したのは、サランラップを持っていかなかったこと。
待っている間も、ギンギン伝わってくるほどだったのだが、アメリカのガーリックは、相当強烈な臭いなのである。
帰りの飛行機でも、袋を通じて臭いが浸み出てきたような…

クラストは厚めで、軽く温めれば、がっちりカンパーニュ級の骨太さになる。
クラムは、日本人好みのモチモチとはまた違うけれど、これもまた別のモチモチ感。
ベーグル1個の大きさもアメリカンながら、やっぱり使っている粉が違うせいか、ずっしりとして密度が濃く、1個食べただけで夜まで腹持ちしそうなほどの重厚感。
仕込みはニューヨークで行い、焼成を日本で行っているそう。
ああ、本当に本場のをそのまま持ってきてくれて、大感激っ

催事の裏話に関してはこちら

ニューヨーク、そしてアメリカン・ベーキングと言えば、平野顕子先生。
『松之助』も今回、このフェアに出店していて、先生も自らご自慢のパンケーキを焼いていらっしゃった。
(お馴染みのアップルパイやチーズケーキも販売。)
ちなみに先生のニューヨークお気に入りベーグルショップは、『Murray's Bagels』だそうである。



続きを読む…  
Posted at 23:21 / event / この記事のURL
コメント(1)

ニューヨークフェア 2011@ @ 阪急うめだ本店

2011.05.21 土 23:16


デパートの催事は、当たり外れがある。
催事場全体の雰囲気の演出は、そのデパートの腕の見せどころ。
そして何よりも、どこの名店を説得して引っ張ってこれたのか…というバイヤーの腕の見せどころでもあるのだ。

さて、今回の阪急百貨店うめだ本店の『ニューヨークフェア 2011』は、当たりなのか外れなのか…
そのためにわざわざ大阪まで行く価値があるのか…
悩んだけれど、今までニューヨークをフィーチャーしてのここまで大きな催事があっただろうか。
商品自体は、東京でも入手可能なものもあるけれど、GWにはどこも行かなかったし、気晴らしに小旅行

開店と共に10F催事場に上がり、まず並んだのは、チーズケーキで有名な、ブルックリンのダイナー
『Junior's』
ホール・サイズ、インディビジュアル・サイズが冷蔵ケースにズラリ。
他に、カップケーキの実演販売(フロスティングのみ実演)もやっていたけれど、そっちよりもみんなのお目当ては、直輸入のチーズケーキであった。
もちろん、私も

2年前にブルックリンに行った時、わざわざ本店の前まで行ったのに、結局買わずじまいで帰ってきて、のちのち大後悔したので、今回は存分に買わせていただきます



実はこの催事の事を知ったのは、日本の友達からではなく、ニューヨーク在住の日本人のブログから。
彼女のブログ、今の生のニューヨークを知るには最適
2年前に行ったときも、事前の情報収集に、かなりお世話になった
今も、ニューヨークが恋しくなると、彼女のブログで、行った気になっている

続きを読む…  
Posted at 23:16 / event / この記事のURL
コメント(0)
«前の記事 | TOP |
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
 
 Powered by yaplog!