heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
«前のページ | TOP | 次のページ»

かぼちゃのチーズケーキ @ Afternoon Tea School

2007.04.05 木 23:52

伊勢丹で『京都歴代のれん市』を満喫し、のんびりしていたら、なんと2分遅刻っ
っていうか、開始時間を10分間違えて記憶していたせいもある…

今日は久々に、担当が小林先生
そして参加者は私1人
しかも今回のメニュー"かぼちゃのチーズケーキ"は、混ぜてオーブンに入れるまで、たったの10分

洗い物をしたら、あとはずっとおしゃべりタイムとなった
お互いに、最近どこのパティスリーに行ったかを報告し、『アテスウェイ』は美味しいですよね…だの、ゴージャス系ボリュームタルト(チェーン展開している女の子ウケするカフェで、よくありますね)は見掛けに騙されやすい…だの、『トシ・ヨロイヅカ』や『イデミ・スギノ』は昔は並ばなくても夕方でも買えたのに…とか、話題は尽きない。
あと、目黒川の桜を観に行って、「ポップコーンみたいっ」って思った…と先生。
「私もそう思う〜〜〜絶対あれはポップコーンですよねと、更にまた盛り上がる


おいおい、ケーキはどーしたんだ
あ、焼けたんですけど、今度は急速冷凍庫へ
で、また15分ほどおしゃべりタイム











あ、そうそう、先生にちょっとクレームを
以前やった"エスプレッソチーズケーキ"が、私的にはハズレだった…と正直に報告。
だって、出がらしのコーヒーの味がして激マズだったんだもの
「ごめんなさ〜い今後の参考にします〜」と先生。
でも今回の"かぼちゃのチーズケーキ"は、先生的には、様々なメニューの中でもベスト3に入る美味しさらしい。

ケーキの上に、クレーム・シャンティイ(かなり緩めの6分立て)をペイズリー型に描いたのに、箱に入れるのに、4つにカット

出来立てすぐより、ちょっと熟成させて食べた方が美味しいらしいので、今晩はお預け

 
Posted at 23:52 / lesson / この記事のURL
コメント(0)

鯖寿司はいづうに限る!(京都歴代のれん市) @ 新宿伊勢丹

2007.04.05 木 21:21

今回で第40回を迎える、恒例『京都歴代のれん市』(4/4〜9まで)
年に1回だと40年め、2回だと20年めか…と余計なことを考えながら、とりあえず6Fへ

今回の目的は、ズバリ
『いづう』の鯖姿寿司である。
結構、あちこちで催事をやっているはずだが、意外にも『京都歴代のれん市』には初登場らしい。
今年に入っても、別のデパートで買うチャンスはあったのだが、どうもタイミングが合わず、買い逃してきた
でも今回はバッチリご縁ですな

初めてここの鯖姿寿司を食べたのは、約10年前、札幌出張したときに飲みに行ったバー『ソウル・ドレッシング』にて
たまたま、そこの常連さんが京都出張のお土産だといってオーナーのところに持ってきて、相伴に預かったのだが、あまりの美味しさに目ん玉が飛び出そうに
肉厚で歯応えがあり脂の乗った鯖、程よい炊き加減&押し具合の酢飯
それまで鯖寿司が美味しいものだとは思わなかったので、あれは自分の中ではかなりレヴォリューショナルな食体験だった
それ以降も、京都の他の老舗の鯖寿司を食べてみたのだが、私の中では『いづう』がNo.1
それを超えるものは、まだ出てきていない

さて、今回調べてみてわかったのだが、この"鯖姿寿司"、本当に全ての素材が『いづう』専用で、厳しく吟味され、オール国産

京都の本店にも行ったことがあるけれど、風情があって、情緒があって…
是非また訪れたいと思っている。

 
Posted at 21:21 / event / この記事のURL
コメント(0)

京都『キートス』のフィニッシュ・ブレッド(北欧展)@ 銀座三越

2007.04.05 木 21:16

昨日に引き続き、銀座三越の8F催物場で開催されている『北欧展』へ
今日は見るだけ…と思っていたが、昨日から気になっていた京都『キートス』のパン。
売り場に行くと、な、なんと"カリャラン・ピーラッカ"という、お粥が真ん中に乗っているライ麦のパンが、ラス1
この"カリャラン・ピーラッカ"だけは、後ろのオーブンで焼いた、熱々のものを販売。
既に次の"カリャラン・ピーラッカ"達がオーブンの中でジュクジュクいっているが、それを待っている余裕はないので、このラス1をゲット
これは、東フィンランドのカレリア地方のパンで、上に乗っかっているのはミルク粥とのこと。
更にこの上に、ムナボイという、卵サンドウィッチの卵みたいなやつを乗せて食べたりするそうだ。






あとはこの2つ、浮き輪型の"ハパンレイパ"と、ドライフルーツぎっしりの"魔女のつえ"を購入
"ハパンレイパ"はぺッタンコの、ライサワー種から作ったライ麦85%のパン。
これを適当な大きさに切り、ベーグルのように横にナイフを入れて切り開き、チーズやスモークサーモンを挟んで食べるのがオススメだとか。
温めるのか、そのままなのかと聞いたら、どちらでもお好みらしい。
そーいや、冷蔵庫に生ハムとモッツァレラチーズがあったような…
モッツァレラを挟んで焼いて、後から生ハムを挟んで食べてみよう

"魔女の杖"は、クランベリー、あんず、レーズンが入った、国産小麦粉と全粒粉のハードパン。
少し焼き戻して、食べてみたけど、粉の旨味が良くわかる。
ドライフルーツの甘みでジャムはいらないけど、バターをちょっと塗りたいところ。

というか、このフィンランドのパンたちを見ていたら、無性にシチューを作りたくなってきちゃった
スープもいいかも





いつもパンのみをムシャムシャ食べている私であるが、やはりこのパンたちは、お料理と合わせる楽しみを教えてくれた気がする

 
Posted at 21:16 / event / この記事のURL
コメント(0)
| TOP |
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
 
 Powered by yaplog!