heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
«前のページ | TOP | 次のページ»

ガレットを食べに行こう! @ Le Bretagne

2006.12.06 水 16:28

平日昼間なのに、休日かと思うほど混んでいる表参道。
ヒルズ詣での観光客が相変わらず多いや…いまだに行ったことがない表参道ヒルズ。

さて、そんなメイン・ストリートはとっとと曲がって、『ル・ブルターニュ』へガレット(そば粉のクレープ)を食べに行くのだ
ちょうどランチ・ピークも一段落し、待たずに窓際の席に通された。
本当は、軽くガレットとドリンクで済ませようと思っていたのに、じっとメニューを見ると、ランチ・セットを取ったほうが絶対にお得
そこで、"コンプレット オニオンのシードルコンフィ+グリーンサラダ+デザート"にドリンクがついたセットを注文。オニオンをシードル(の発泡酒)で煮詰めたものが、目玉焼き風タマゴとハムとスイスのグリュエールチーズと一緒に入ったガレットだ。アーティーチョークにするかオニオンにするかで迷ったのだが、最終的にはお店の人のお勧めを採った。
今日は、サラダにはキュウリを入れないよう、前もってお願いしとくのも忘れなかったも〜んっ

おお〜〜バリバリでポコポコと穴の空いた、これぞブルターニュのガレット〜〜お皿からはみ出したガレットからは、何ともいえない香ばしい香りが…
卵を崩す瞬間って、毎回毎回躊躇するんだけど、一気にエイッオニオンのシードルコンフィは初挑戦だったのだが、これは新しい美味しさ発見甘さはどっちから出ているのかな、オニオンからそれともシードルからほのかにの香りもする「これにしてよかったです」とお店の人に言ったら、
「でしょでしょ」と嬉しそう。彼女の一番のお気に入りなのだそうだ。
うん、次回も必ずリピートするだろう

ああ、フランスが恋しいな〜
最後に行ったのは3年前の暮れ。
いつもパリのカズエさん宅に居候させてもらうのだ。
ダンナ様のミカエルはブルターニュ出身。帰国前日に自慢のクレープを作ってくれたのを思い出す。そのときは、そば粉じゃなくて小麦粉のクレープ。焼き立てが次々とお皿に乗せられるので、何枚食べたか覚えてないほど。夜10時は回っていたのに、ジャムやバター(もちろん有塩です)やグラニュー糖をたっぷりつけて、ムシャムシャ食べたっけ

さて、そんな楽しい思い出に浸っているところへ、デザートのアイスクリーム登場。
『ル・ブルターニュ』で、私が必ず頼むのは、"キャラメル・ブールサレ(塩バターキャラメル"と"はちみつとはちみつ酒"だ。どちらもブルターニュらしい食材を使った、個性的で美味しいフレーバー。"キャラメル・ブールサレ"は、無塩バターではここまでのコクと香りと奥深さは出ないだろうなというぐらい、はっきりしたキャラメル味。"はちみつとはちみつ酒"も、特に個性の強いはちみつを使っているので、口に入れた瞬間から、パーッと香りが広がる。
どちらもオススメ
ちなみに、そば粉のアイスもgoodです

紅茶と一緒に出された砂糖入れは、ブルターニュのお土産用ティーカップ。

実は、このお店(表参道店でも神楽坂店でも)で、デザート・クレープを食べたことがなくて…
今度こそはっていつも思うんだけど…

 
Posted at 16:28 / lunch / この記事のURL
コメント(0)
| TOP |
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
 
 Powered by yaplog!