heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
«前のページ | TOP | 次のページ»

秋の味覚たっぷり!極上シブスト

2013.10.13 日 23:14


なんだか無性に安食シェフのガトーが食べたくなる時がある。
見て満足、食べてなお満足。
特に今頃は、秋の果物をふんだんに使ったガトーがショウケースを席巻しているに違いない…と思うと、電車を乗り継いでいく面倒くささよりも食欲のほうが勝つ。

まずはこれ、"洋梨のシブスト"
棒状に作ってカットしたシブストは、中の洋梨の大ぶりカットが一目瞭然。
トップのクレーム・シブストはアーチを描いているので、キャラメリゼした表面が光に反射して艶めくと、余計色っぽさを増す。
全体的なハーモニーは申し分ない。
昔のシブストは得てして甘すぎたのでその先入観があったが、口に入れてみたら意表をつかれたようなスッキリした甘さ。でもコクやまろやかさは失われてはいないのだ。
そして、フルーツのタルトも今の季節はこれ。
"ナガノパープルのタルト"
そして、"シャインマスカットのタルト"
どちらか1つに絞れ…というのは、私にとっては酷というもの。
季節ごとにフルーツを変えてのボリューム満点タルト・シリーズは、見たら買えと、待ったなしのチョイス。
そして、今年もこれ。
やがて、冬("イヴェール")へと季節は移り変わっていくのだ。


 
Posted at 23:14 / Yuji Ajiki / この記事のURL
コメント(0)

安食シェフのガレット・デ・ロワ

2013.01.06 日 22:03


毎年買い逃して、今年こそは…と購入を誓っていたのが、安食シェフの"ガレット・デ・ロワ"
なんてことだ…北山田にこんなにご無沙汰していたとは

さて、本命の"ガレット〜"だが、あまりにものプチサイズ(家で測ったら直径13cm)にビックリ
独り身としては、このぐらいのサイズの方がありがたいのだが、一方で、安食シェフのパート・フイユテもクレームダマンドも両方絶品なだけに、このサイズじゃ物足りないかも…という欲張った考えもよぎる。
ショウケースにディスプレイされていたガレットの手前に、今年使ったフェーヴのサンプルも置かれていた。
1つ1つフルーツの種類が異なり、どれが入っているかはお楽しみ。
確か前回訪れたのは、夏。
秋の味を逃し、今や冬である。
だが、想像していたラインナップ以上に大収穫があり、"ガレット〜"以外にも、あれこれ買ってしまった。


続きを読む…  
Posted at 22:03 / Yuji Ajiki / この記事のURL
コメント(0)

タルト・オ・マングー

2012.06.23 土 22:12


元気を貰える安食スウィーツ。
見るだけで、エネルギッシュで前向きなパワーがこれほど伝わってくるガトー。
もちろん、食べても元気を貰えるのは言うまでもない。

中でも眩しいほどのオレンジイエローで輝いていたのが、"タルト・オ・マングー"
良質なマンゴーが仕入れられた時に登場する、スペシャリテの1つ。
今年初めて、お目にかかった
そして、先日食べて虜になった、絶品"サオトボ・ルージュ"
催事限定ではなく、レギュラー化してくれた
そしてやっぱりこれ…シェフの作る最高のクレープ生地が重なる、"ミルクレープ"
シェフの探究心は尽きず、いまだにルセットを微調整しながら試行錯誤しているというから、恐れ入る。


続きを読む…  
Posted at 22:12 / Yuji Ajiki / この記事のURL
コメント(0)

サオトボ・ルージュ

2012.06.11 月 23:26


4月26日に渋谷にオープンした『ヒカリエ』には、もうちょっと経ってから行ってみようかと思っていたのだが、まさかこんなに早くとは(私にしては)
それにはもちろん、強力な理由がある。
大好きな『スイーツガーデン ユウジアジキ』と『アカシエ』が揃って催事出店。
しかも両店のシェフによるコラボ・アイテム(もちろん限定)が登場すると聞いたからだ。

まず、こちらが、安食シェフのスペシャリテである"サオトボ"を興野シェフがプロデュースした、"サオトボルージュ"
鮮烈な赤い外観に、思い出したのは、レッドヴェルヴェットケーキ。
けれども情熱的な赤なのは外観だけで、中はしっかりチョコレート色であった。
トップには、サクサクのチョコフレーク。
フォンダンショコラに忍ばせてあるのは、ピスタチオのガナッシュとフランボワーズ・ピューレ。
食べる前に20秒ほど電子レンジにかければ、割った時にあの感動のヴォルケーノ状態が味わえる。
ただでさえドラマティックな演出感の高いフォンダンショコラなのに、更に更にプラスの演出が加わって、味にも奥行きが出た。
う〜ん、深い…。



そして、なかなか北山田に行けないので、ここぞとばかりに他のアイテムもゲット。


続きを読む…  
Posted at 23:26 / Yuji Ajiki / この記事のURL
コメント(0)

四角いシュトーレン @ sweets garden YUJI AJIKI

2011.12.24 土 13:50


安食シェフのヴィエノワズリーは絶品だから、同じ発酵系である"シュトーレン"も絶対間違いないはず。

四角い形状は想定外で驚いたが、味は期待通り、いや、期待以上
ヴァンドゥーズちゃんから、「スライスしてちょっとだけレンジで温めて食べてください。」と食べ方を教わり、ちょっとだけ「なんて邪道な」と思ったのだが、指示通りやってみたら、これがなかなかどうして美味しくて
これは誰にもあげずに、1本食べきろう。


 
Posted at 13:50 / Yuji Ajiki / この記事のURL
コメント(0)

嵐の中、持ち帰ったガトー @ sweets garden YUJI AJIKI

2011.11.19 土 23:10


藤野先生のレッスンの前に、北山田に寄り道。
お店の中に入るなり釘づけになったのが、見事な見事な"へクセンハウス"。
もちろん、クリスマスのためで、完全予約販売。
安食シェフらしい夢とファンタジーが溢れる大作
反対側の屋根にも、トナカイやジンジャー・ボーイ&ガールのアイシングクッキー、そしてキャンディー・ケーンなどが貼り付けてある。

さて、テイクアウトは、ガトー・フレ3品&ヴィエノワズリー3品と、今日もたくさん。
まさかこんな大嵐になるとは思わず、レッスン後、どうにかこうにか抱きかかえながら持って帰ったが、家に帰って中を見てみるまでヒヤヒヤだった。

出足は遅かったけど、大人気"ミルクレープ"もゲット


続きを読む…  
Posted at 23:10 / Yuji Ajiki / この記事のURL
コメント(0)

絶品クレープのミルクレープ @ sweets garden Yuji Ajiki

2011.09.23 金 15:16


安食シェフが、滅多に作らないあの絶品クレープで"ミルクレープ"を作ると知ったのは、シェフのブログにて。
う〜ん、やっぱり同世代
我々のジェネレーションでミルクレープと言えば、西麻布の『ルエル・ドゥ・ドゥリエール』か、もしくは南麻布の『ペーパームーン』。
元は同じ系列なので、どちらが元祖かという物議が醸しだされても、あまり意味をなさないのだが。
当時、トレンディー(…という言葉を使っていた)な夜カフェ。
もちろん、今でも健在であるが…久々に先日、『ペーパームーン』に行ったが、相変わらずギョーカイ人が多かった。
さて、シェフの"ミルクレープ"は、18層。
生地がしっかりしているので、弾力もあり重厚。
細身なカットなのに、すごく大ぶりに見えるのは、スッと長いフォルムだから。
半径で15cmとしたら、直径は30cm…いや、もっとあるかもしれない
測っておくべきだった…
カットする時、1枚1枚の層を割いていく手応えが、ナイフを伝ってずっしりと感じる。
だんだん、バームクーヘンのようにも見えてきた
ミルクレープもいいけれど、焼き立ての1枚クレープが恋しい。
もちろん、ブール&シュクルで。



"ミルクレープ"以外にも、もちろん購入…

続きを読む…  
Posted at 15:16 / Yuji Ajiki / この記事のURL
コメント(6)

トロピカル・ショートケーキと大人の休日シリーズ @ sweets garden YUJI AJIKI

2011.08.14 日 16:16


安食シェフのブログを読んでいたら、どうやら長めの夏休みに入る模様。
その前に、行っておかなくては…と、保冷袋を持って、北山田へ向かった。

これだ〜
"トロピカルショートケーキ"
完熟マンゴー、バナナ、ゴールデンキウイをサンドした夏限定ショートケーキ。
今年もこれを食べておかねば
相変わらずしっとり繊細で美味しいジェノワーズ
本当に素晴らしい、安食シェフのジェノワーズ



そして、新作の≪大人の休日シリーズ≫から2種類。
お酒ガンガン系は大歓迎です

続きを読む…  
Posted at 16:16 / Yuji Ajiki / この記事のURL
コメント(0)

ガトーも夏まっただ中! @ sweets garden YUJI AJIKI

2010.08.15 日 22:55


この光景が見たかったのだ、『ユウジアジキ』
オープン初日の600人大行列の大騒動から3ヶ月が過ぎ、今日がやっと2回目の訪店。
ショウケースにずらりと並ぶプチガトーの数々
日曜の午後3時なのだが、大体どの種類も揃っていて。
お馴染みの"アルモニー"なども。
さすがに"安食ロール"は売り切れてしまっていた。
でも今日のお目当ては、"トロピカル・ショートケーキ"、そして"エテ"など、夏限定商品。




続きを読む…  
Posted at 22:55 / Yuji Ajiki / この記事のURL
コメント(0)

祝開店! @ SWEETS garden YUJI AJIKI

2010.05.08 土 14:59


私は大抵、オープン初日や直後は敢えて避けて、しばらく経ってから訪れる主義なのだが、安食シェフのお店だけは別。
〜というか、スウィーツ友達とやり取りをしているうちに、「やっぱり行っちゃうか」と、気分が盛りあがったのだ。
朝7時半に北山田駅集合。
出遅れたかと思ってたのだが、意外とそうでもなく、楽勝で前の方。
しかしこの後、開店前までには近所の緑地まで、みるみる長蛇の列が出来上がっていて、その数は300人とも400人とも(オープン時間の頃の状況)
こうなるともう社会現象である
恐るべし、安食シェフ人気
確かに最近、ここまでの大物パティシエの独立はなかったし…

待つこと自体は平気なので、開店まではスウィーツ仲間と楽しくおしゃべりして過ごし、やがて10時。開店の時を迎えた。
安食シェフが現れ、ご挨拶。
シェフ、本当に待ちました、この2年
今日・明日で販売するのはAセット、Bセット、そして焼き菓子5個入り詰め合わせ。
Aセットはスタンダードなアイテム、Bセットはシェフお勧めのアイテムだとか。
これも時間によって、中身が変わるらしい。
作り置きはせず、作りたてを提供したいというシェフの熱い想い。
店頭での挨拶を終えるとすぐ厨房へ、自らプチガトーの仕上げに。
早く自由に選んで買えるようになりたい。
そしてサロン・ド・テでゆっくりお茶したい。
でもその前に、やっとお店を開いてくれてありがとう、シェフ
外はまだまだ大行列。
後で聞いた話だと、600人以上並び、6〜7時間待ちだったという



私が買ったのはAセット、そして焼き菓子詰め合わせ。
"フレーズ"が以前よりもパワーアップしたと感じたのは私だけ


続きを読む…  
Posted at 14:59 / Yuji Ajiki / この記事のURL
コメント(0)
| TOP |
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
 
 Powered by yaplog!