heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
«前のページ | TOP | 次のページ»

痩せ我慢! の屋上ティータイム @ Le Jardin de Tweed (BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO)

2007.11.22 木 20:15


シャネル銀座ビルの10F『ベージュ アラン・デュカス東京』の更に上…屋上にある『ル・ジャルダン・ドゥ・ツイード』でティータイム
ストープも用意されているルーフテラスであるが、着けなくても陽差しが眩しく、暖かい
…と思ったら、いきなり風がびゅうびゅう
やはり寒いですな
ここではドリンク(アルコール類ももちろん)が中心で、フードは"マカロン"か"ギモーブ"のみ。
私、最近"マカロン"づいているなあ…と思いつつ。
ピンクグレープフルーツのマカロン、マーマレード入りで、煎茶の葉っぱが入っている。
うわっ、アラン・デュカスのマカロンだけあって、当然ながら美味しい
熱いカプチーノを飲みながら雑誌でも読んで…と思ったが、強風に耐え切れず、20分でギブアップ。
膝掛けも借りたが(もちろんCHANEL製なので、肌触りがまるで違う)、このままでは身が持たないので、早々に退散することにした。
聞けば、ルーフテラスは11月いっぱいで閉鎖。
夜はもっと寒いので、せっかくの夜景を楽しむどころではないらしい

また来年の春まで



 
Posted at 20:15 / brand cafe / この記事のURL
コメント(0)

バッグに囲まれて @ furla cafe by ESPRESSO 0039

2007.11.15 木 19:51


『FURLA』銀座店B1、バッグ売り場の一角にある『furla cafe by ESPRESSO 0039』は、以前はパニーニなど軽食もあったのだが、今はドリンク類とデザート類のみ。
デザートには、『BABBI』のアイスクリームやウェハースなどを使っている。
ランチの前だったのだが、知人との待ち合わせまで "コーヒーゼリー(カフェモカ風)"とエスプレッソで時間潰し。

下には濃厚でねっとりした『BABBI』のチョコレートジェラート、その上に細かいキューブ状のコーヒーゼリー、そしてシャンティイ。横には『BABBI』のウェハースが添えてある。
メニュー名は確か"コーヒーゼリー"なのだが、ジェラートのほうが主役っぽい。
濃厚なジェラートを緩和すべく、ゼリーがあるという感じ。
ああ、すっごくniceなコンビネーション。
シャンティイもしつこくなく、ほろ苦さを和らげてくれ、更に美味しいハーモニーを紡ぎだす
バッグ臭さが気になるかと心配だったが、それほどでもなく。


 
Posted at 19:51 / brand cafe / この記事のURL
コメント(0)

超有名な伊ブランドのティラミス @ G. Cafe

2007.10.18 木 23:49


今回は訳あって、あまりお店の名前を露骨に出せないので、画像にてご推測下さいませ。

先週オープンした有楽町『ITOCiA』が激混みなのに比べ、以前ブームになったお店は、今こそ狙い目
開店30分でチョコレートのboxが完売という現象を生み出した、あのイタリアの超有名ブランドのカフェも、15時だというのにガラガラである。
もちろんチョコレートboxも、余裕で購入可。
今日のお昼は、あまりお腹が空いていなかったので、軽めの食事或いはデザートだけでもいいやと思い、ゆったりくつろげる4Fへ。
いやあ、素晴らしいですねえ〜
メニューブックからして、皮製しかもここのロゴマークがびっしりエンボス加工で

そうです、イタリアと言えば"ティラミス"。
ここの"ティラミス 森のフルーツ添え"は、2種類のココアパウダーを使い、ダークな方でロゴマークを模様を出している。
直径は7~8cm…底はスポンジ生地にコーヒーシロップを打ったもの、その上に増すカルポーネクリームを乗せ、ココアパウダー…という、シンプルな構成。
ティラミスは一般的に、この行程が2回繰り返され層になったものが多いが、ここのはシンプルな分、マスカルポーネクリームのクリーミーでリッチなテイストをじっくりと味わえる気がする。
これが、なかなかどうして美味しいのだ値段のことは考えたくないけれど…(デザート以外に、軽食も7~8種類あるが、値段の割りにスーパーモデル向け(或いはダイエッター向け)の量なのはご想像通り。)

そうそう、箱詰めのチョコレートであるが、かなり信頼のおける情報では、国内メーカーに発注しているとのこと。
イタリアから空輸されているわけではない。
でもあのロゴマークが施されたボンボンショコラ、それを収容する美しく立派な箱、それにエレガントに掛けられたリボンを見てしまうと、誰でも冷静な判断が出来なくなってしまうだろう。
私も例外ではない(…が、この日はさすがに買わなかった
これもまさにGマジック


 
Posted at 23:49 / brand cafe / この記事のURL
コメント(0)
| TOP |
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
 
 Powered by yaplog!