heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2014年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
«前のページ | TOP | 次のページ»

パピヨン (Sébastien Bouillet)

2014.01.26 日 21:23


今年もこのシェフのセミナーは見逃せない。
いつも斬新なアイディアでワクワクさせてくれる、セバスチャン・ブイエ・シェフ。
コンテンツや他ブランドとのコラボにも積極的で、今年は『ANNA SUI』と組んだ。
色使いやスタイルに共通点があるということで、シェフ自身、このコラボには大乗り気だったそうだ。
今日は、中にキャラメル・フランボワーズを忍ばせた蝶々型のボンボンショコラをデモンストレート。
去年と同じく、試食も3種類。
一番手前の発音記号入りのは、パプアニューギニア産70%のガナッシュ。
次が、デモンストレーションしてくださったパピヨン。
そして、置くのが、ブイエ・シェフ拘りのプラリネノワゼットとサクサクしたフイヤンティーヌの組み合わせが誰をも虜にするボンボン。



続きを読む…  
Posted at 21:23 / event / この記事のURL
コメント(1)

マジック・バナナ(Bruno Ferber)

2014.01.24 金 23:25


大きな手術をしたために今回の来日は断念したというクリスティーヌ・フェルベールさんに代わり、今回、セミナーでデモンストレーションを披露してくださったのは、弟のブルーノさん。
家族経営のお店だけあって、役割分担があるようでなく、誰かが大変な作業をしていればそれを助けるのは当たり前という環境。だから、ブルーノさんも、お菓子やショコラにも普段、携わっているわけだ。

今回のSDCのテーマである≪マジ(魔法)≫をどう捉えたかと尋ねられ、「素材全てが木の恵み。木の魔法で全て生み出されるのです。」と答えたブルーノさん。

今年もまずデモンストレーションの前に、SDCで出している商品(新作)のデギュスタシオン。
イギリスではお馴染みのカード3種類。
とはいえ、普通のカードではなく、SDC用らしく、ショコラとマリアージュさせたのがフェルベール流。
 @レモンカード+ホワイトチョコレート
 Aフランボワーズ+ミルクチョコレート
 Bカシス+ブラックチョコレート
そして、デモンストレーションは、"マジック・バナナ"
バナナのラム酒風味ソテーに、オレンジ風味のシャンティイ、そしてガナッシュソースという組み合わせ。
バナナスプリットを再構築したようなデセールだという。
本当はフランベしたかったが、デパートの中なので、それができず。
実はフランベこそが、今回のテーマ≪マジ≫にピッタリだと閃いたのに…と残念そうだった。
なんか毎年、微妙にアレンジが変わるものの、内容的には一緒のようなフェルベールさんのデモンストレーション。
最後は、今年来れなかったクリスティーヌさんに、参加者全員でビデオメッセージを撮って締めくくった。



続きを読む…  
Posted at 23:25 / event / この記事のURL
コメント(0)

温かいチョコレートタルト(Lilian Bonnnefoi)

2014.01.23 木 23:42


1870年創業のラグジュアリー・ホテルとして、誰もが一度は泊まりたいと思う憧れの南仏の『オテル・デュ・キャップ・エデン・ロック』。
そこのシェフであるリリアン・ボンヌフォア氏がデモンストレートしてくださるのは、レストランで実際に出されているデセール。
"温かいチョコレートタルト〜ホワイトコーヒークリームを添えて〜"
このタルトは、粗熱が取れたぐらいの、ほんのりと温かい状態で食べるのがベストなのだとか。
トップには、コーヒー豆を24時間アンフュゼして作ったクリームを載せて。


続きを読む…  
Posted at 23:42 / event / この記事のURL
コメント(0)

バゲット・オウ・ショコラ @ Bonnat

2014.01.23 木 22:41


パンにスプレッドを塗るのは普通の行為だが、これが板チョコをそのまま挟むのはどうなのか
それをやってしまったのが、『VIRON(ヴィロン)』(バゲット)と『BONNAT(ボナ)』(タブレット・チョコレート)。
タブレットを挟んだ"バゲット・オウ・ショコラ"は、フランスでは大体どの家庭の子供も食べたことのある、ごくごく普通のおやつなのだそうだ。
そういえば昔、西海岸にホームステイした時、別のステイ先にいた友達から、スポンジケーキの間に板チョコを挟んだものがおやつに出てきた…という話を聞いて、ぶっ飛んだことがある。
その衝撃があるから、今、これがフランスのカジュアルなおやつと言われても、あっさり受け入れられる自分がいる。
残念ながら、その場では食べず、持って帰ったのだが、これ、まだ当日のバゲットだったら、そのまま食べてチョコレートのバリバリ感を楽しめたはず。
私はチョコレートを取り出してバゲットだけを温めなおし、チョコレートを再び挟む…という食べ方をした。
これはこれで、バゲットの熱がチョコレートにじわじわ伝わって溶け、スプレッドのように変化してくれる。
シンプルにして最高のおやつである。


続きを読む…  
Posted at 22:41 / event / この記事のURL
コメント(0)

ムニュ デクヴェルト

2014.01.23 木 21:35


さあ、今年も『サロン・デュ・ショコラ』の季節がやってきた。
今年のテーマはLa Magie マジ(魔法)』。


"ムニュ・デクヴェルト"
香ばしく焼いたゴーフルに、パプリカ、カキ、フォアグラ、フロマージュを乗せて、さらにショコラとマリアージュ。
この4つのゴーフルでコース料理の流れを表現。
まず最初のパプリカのムースには、プレーンワッフルを合わせて。

続いての牡蠣のオイル漬けの載ったものは、チョコレートワッフルが土台だ。
ワッフルとトッピングの間にはガナッシュが挟まっていて、牡蠣の臭みをチョコレートが中和してくれる。
パリのJPHのサロンで出されるショコラ・ショに、牡蠣のソースをかけたものがあると聞いて、この2つの組み合わせには興味津々だったのだが、意外と合うことが分かった。
続いては、フォアグラのムース。トップに載ったドットはバルサミコ酢だ。
フォアグラとショコラの組み合わせは、以前別のお料理で食べたことがあるので、全く違和感はない。
相当こってりした味が来るだろうを想像していたら、意外なほどライトなムースでビックリ。

最後は、サンタンドレ(チーズ)のムースにローズマリー。
少々クセのあるチーズ、これまたショコラとの相性はすこぶる良い。
4種類とも相当クセのある食材とのマリアージュだが、このぐらい個性があってもショコラと噛み合ってしまうところが不思議だ。
イートインメニューだから…と侮っていたが、これは絶対に食べる価値のあるもの。
日本のサロンでも定番メニューになってほしいほどだ。





続きを読む…  
Posted at 21:35 / event / この記事のURL
コメント(0)

今年も買いました〜SDC2013〜

2013.01.27 日 22:26

「今年こそはネット・ショッピングのみで、催事場での買い物はセーブしよう」と毎年、節約と我慢を誓うのだが、ひとたび6Fに行ってしまえば、ネットで買い逃した商品、パンフレットやネットには載っていなかった商品がたくさん
この時期のクレジットカードの請求は、それはそれは恐ろしい




続きを読む…  
Posted at 22:26 / event / この記事のURL
コメント(0)

パリブレスト〜サロン・デュ・ショコラ限定〜(Arnaud Larher)

2013.01.27 日 22:04


パリに行ったら必ず訪れる、大好きなパティスリー『Arnaud Larher』
今年は、自由が丘『パリセヴェイユ』とのコラボ・ブース。SDCでの師弟競演は2年目となった。
ラエール・シェフ3品、金子シェフ3品と、それぞれSDC限定新作ガトーを販売。
その中でも、あまりの見た目の可愛さと、濃厚さの中にもどこか軽やかさを持ち合わせた"パリブレスト"は、自分の子にしたい(=作ってみたい)と思わせた感動の一品。
ラエール・シェフのスペシャリテの1つだという。
それを惜しげもなく、セミナーで教えて下さるという、信じられない機会を得ることが出来た。

プチシューが4連。クラシックな"パリブレスト"とはフォルムを変えた。
ご自分の特徴をエレガントに自身のガトーに反映されたい…という信条があるそうだ。
「僕はブレスト出身だからね。好きなように作るよ。」と茶目っ気たっぷりに語り出し、セミナーはスタートした。



続きを読む…  
Posted at 22:04 / event / この記事のURL
コメント(0)

サロン・デュ・ショコラ2013

2013.01.26 土 12:53


サロン・デュ・ショコラ(SDC)の行われている新宿伊勢丹6F催事場では、ショコラの販売の他にも各ショコラティエが作ったオブジェや展示物などが置かれていて、それを見ているだけでも楽しいのだが、今年最も人目を引いたであろうオブジェは、『Les Marquis de Ladurée』の巨大なマカロンタワーであろう。
『ラデュレ』が昨年末にスタートさせた、チョコレート・コレクション・ライン。
このマカロンタワーは、パリのブティックのショウウィンドウにも飾られている。
それをパリに行かずとも、こうしてここ東京で観賞することが出来るとは、さすが伊勢丹
ここでは買い物はしなかった。次回、パリに行く時の楽しみに取っておきたかったからである。
…というのは都合のいいいいわけで、あまりの長蛇の列に気が遠くなったのが本音であるが



こちらも長蛇の列だったが、実演販売のため、割と回転が早かったため、並んで購入…


続きを読む…  
Posted at 12:53 / event / この記事のURL
コメント(0)

〜優しさと色彩の雲〜子供たちの夢 (Christine Ferber)

2013.01.25 金 23:50


毎年一番人気の、クリスティーヌ・フェルベールさんのセミナー。
3年振りに姪のサロメちゃんも、アシスタントとして登場。
彼女もお菓子作りが大好きで、呑み込みが早いのだそうだ。

フェルベールさんのデセールは凝ったものではなく、前もって下準備をしておけば、食後でもささっと用意できる、出来たてを食べることを考えたもの。
今日のメニューは、フルーツ&シャンティイ&キャラメルのグラス仕立てのデセールと、横に添えるサブレ・オ・ショコラ。
このサブレは、アルザスの伝統的なものだそうだ。



続きを読む…  
Posted at 23:50 / event / この記事のURL
コメント(0)

フランス伝統菓子『オテロ』 (Sébastien Gaudard)

2013.01.25 金 23:38


―ルネサンスの追求―という副題が付いた、本デモンストレーション。
ゴダール・シェフは、独立する前は、『Fauchon』でエルメ氏の後任としてシェフ・パティシエを務め、そのあと老舗デパート『ボン・マルシェ』の中にあった『Delicabar』で、モダンで斬新な最先端のガトーに取り組んだ。そして、現在の自身の店舗『Sébastien Gaudard』では、クラシック菓子に回帰したのである。
「モダンなお菓子を作るパティシエは僕じゃなくてもたくさんいるし、忘れ去られているクラシック菓子を若い世代に伝えていきたくてね。」というのが、ラインナップが全てクラシックな理由。

今回、教えていただいた"オテロ"というお菓子も、同じくパティシエだったお父様が作られていたもの。
何十年振りかに食べた時、子供時代の思い出が一気に蘇った…という、シェフにとっては懐かしい味だそうだ。



家庭菓子のロングセラー本の著者として有名なマダム・ベルナールとの共著。
同じお菓子を、家庭菓子のルセット(マダム)とプロのルセット(シェフ)見開きで並べて載せて、数多く紹介している。


続きを読む…  
Posted at 23:38 / event / この記事のURL
コメント(0)
«前の記事 | TOP |
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
 
 Powered by yaplog!