heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2012年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
«前のページ | TOP | 次のページ»

女子4人でベトナム料理 @ My Le

2012.08.21 火 23:44


このメンツでご飯を食べに行けることなど滅多にない…というほど、貴重な女子会を敢行。
なにせ、みんな休みがバラバラなのだ。
今日はたまたま一斉に休みということで、だいぶ前から企画していた蒲田『ミ・レイ』にてベトナム料理を。

いつもの"エビ生春巻"も4人分
もちろん、つけダレも4人分
彼女たちは、私と待ち合わせる前まで、ずっと食べ歩きをしてきたのだが、胃袋はかなり大きいらしい…
もりもりと食べてくれた


続きを読む…  
Posted at 23:44 / dinner / この記事のURL
コメント(0)

久々に、予約の取れないベトナミーズ @ My Le

2012.03.14 水 23:50


X'mas、バレンタインと大きなイベント続きでバタバタだったが、ようやく落ち着いたでしょう…ということで、M実ちゃんと久々に食事。
「久しぶりに、パクチー大量に食べたいっ」とのことで、予約したのはもちろん、蒲田の『ミ・レイ』。

今日も"海老の生春巻き"は絶対。
彼女とじっくり話をするのも久しぶり。
スウィーツ話に花が咲く。


続きを読む…  
Posted at 23:50 / dinner / この記事のURL
コメント(0)

リベンジ、ベトナミーズ!@ My Le

2011.05.26 木 23:48


今月2回目の蒲田『ミ・レイ』。
ベトナム料理は、野菜を大量に採れるせいか、膨満感に悩まされることもなく、翌朝も身体が軽く感じるのは私だけ
オーダーするものにも因るのかもしれないが…。
今日は同僚Fちゃんも「"牛肉のフォー"は絶対食べる。」と鼻息が荒い。
彼女は、明日から渡米
いつもは結構飲むのだが、そっちは我慢し、今晩は食べることに重きを置くと決め込んだようだ。
前回海外出張で泣く泣く欠席したE女史も、満を持しての参戦。
≪予約がなかなか取れないベトナミーズ≫にテンションmax
後輩Kは、今度も仕事にその身を奪われてしまった
いつもワンパターンになりがちなオーダーも、E女史参加で、ちょっとラインナップに変化が
嬉しいことだ
それが、「うわっ、美味しい頼んで正解だったね」という新たな発見に繋がるのだから。
このお店、本当にハズレ料理がない。



続きを読む…  
Posted at 23:48 / dinner / この記事のURL
コメント(0)

今日こそ、牛肉のフォー @ My Le

2011.05.10 火 22:55


きっかけはガレット・デ・ロア。
「色んなパティスリーのを食べたいけれど、1台に掛かりっきりになるとなかなか次に行けなくて…」という話をしたら、1ピース食べた後のでもいいので引き取る…と協力してくれたのが、M実ちゃんだった。

年齢がかなり違うのに、すっかり意気投合し、「今度ご飯でも」となって、彼女がリクエストしてきたのが、蒲田のベトナム料理『ミ・レイ』。
聞けばM実ちゃん、お仕事がお休みの時には、ベトナム料理を習っているそうで。

今日選ぶメニューは、彼女のチョイスに任せようか…



続きを読む…  
Posted at 22:55 / dinner / この記事のURL
コメント(0)

予約の取れないベトナム料理 @ My Le

2011.04.06 水 23:50


1ヵ月先まで予約が取れない…と聞いていた、蒲田の有名ヴェトナム料理店『ミ・レイ』。
一度、会社の同僚Fちゃんに、「ここ、行きたいんですよ。」と言われたことがあったのだが、その時は
全くピンと来ず。
その後、エピキュリアンな某女史のブログを見て行きたくなり、Fちゃんに
「先になってもいいから、予約取って、行かない」と提案。
Fちゃん、予約ありがとう

蒲田自体が既に、≪ザ・京浜東北線≫的な町なのだが、『ミ・レイ』は、そこに更に輪をかけたような場所にあった。
確かに、らしからぬところにあるとは聞いていたけれど…本当にここ
…ええ、ここでした

店内に入って、また予想を裏切られる。
東南アジアな雰囲気は全くなく、ちょっとここ、カフェなんじゃない…と言いたくなる、ポップな内装なのだ。

個人的に、特に楽しみにしていたのが、生春巻きとバインセオ。
箸で持ったぐらいでは全く崩れない、ピッチリ巻かれた春巻き。
飲むのは当然、ベトナムビール"333(バーバーバー)"。
そして、他店で見たよりもふっくらと焼かれたバインセオ。
付け合わせの野菜…特に香菜がどっさりと盛られてくるのも嬉しいところ。
生春巻きは、別の具材の物を後から頼んだ。
具材によって、付けダレも変わる…ということだったので。
しかし、閉めに"牛肉のフォー"を頼まなかったのが、後から悔やまれる。
上述のエピキュリアン女史に報告したところ、「あそこはあれを食べなくちゃ…」とご指摘を受けたのだ。
ここにはリベンジしなければ…と、Fちゃんと誓う。
私たちの心残りは、"牛肉のフォー"。
そして、実は当初メンバーは4人だったのだが、1人は海外出張で欠席、もう1人はバインセオまでは食べたものの、途中で呼び出されて会社に泣く泣く帰って行ったから…。



続きを読む…  
Posted at 23:50 / dinner / この記事のURL
コメント(0)

ワインと料理の愉しみ @ HUIT

2010.03.19 金 23:56


金曜日の晩がフリーになることは滅多になく、今日はその滅多にない貴重な夜。
「ならば、どこかに飲みに行きましょう」と、ジム友女性3人で向かったのは、目黒川沿いと言えば私にとってはここ、『HUIT』

「すごーく久しぶりですよね」と馴染みのお兄さん(相変わらず、サム似)に声を掛けられたが、自分でも自覚するほど久しぶり。
実は前回来たのは、昨年の夏ごろ、日曜ランチだったと思うが、ローストビーフのあまりのお粗末さ(中まで茶色の固い肉)。しかも一口サイズの大きさのものが6枚だけ)にブログ記事としてもボツにして、しばらく間を置いていたのだ。

あれ以来…ということで、本当は友達を連れていくのも躊躇したのだが、雰囲気はいいし、パンは豊富だし…
と思ったら、パン部門は昨年秋にご近所の『BALS』内にショップを設け、そちらに移動したそうで、店内からはパンが消えていてショック

しばらく来ない間に、色々変化していたのね
お料理の味は変わっていないといいけれど…

私以外の2人は酒豪なので、どこまで付いていけるか不安
ならば私は食べ物で…


続きを読む…  
Posted at 23:56 / dinner / この記事のURL
コメント(0)

お花見ユイット2009 A @ HUIT

2009.04.17 金 23:59


今週日曜に引き続き、2回目の『HUIT』お花見ディナー。
今日は会社の同僚、元同僚と3人で訪れた。
元々この日は食事をしようと約束していたのだが、最初に行こうとしていたお店をキャンセルしてもらい、無理矢理『HUIT』に変えた手前、何としても美しい八重桜をみんなに見せねばとハラハラドキドキ。なにせ、火曜の夜の大雨もあり、誰もが諦めていたのだ。しかし、駒沢通りから目黒川に曲がったところで、満開の八重桜が出迎えてくれた
これは奇跡か
心躍り、店の中に入る前に3人でしばし撮影大会

お店のスタッフの配慮で、今日は最初から窓側の席
食事をオーダーする前に、これまた撮影大会
さて、フードの方は、以下のものを次々オーダー。
"サラダ・リヨネーズ"
ソテーした鶏レバー、砂肝、ベーコン、じゃがいも、卵などの具だくさんサラダ。
"鴨胸肉の燻製と筍のロースト"
筍のローストって美味しい
"ノルウェーサーモンの香草マリネ"

"仔羊ひき肉と米なすのグラタン"
これは私的には、大ヒット
仔羊のひき肉はミートソースにして。粗挽きで歯応えがあり、肉々しいがクセがなく、ジューシー。
トップにかかっているのはベシャメルソース。
私は別の飲み物だったが、後の2人がワインをオーダー。
同僚ちゃんの撮った写真のアングルが素晴らしく、パクらせて頂きましたっ
ほら、窓の外は、こんなに桜が迫って
たわわに実って・・・とでも言いたいほどの見事な咲きっぷり。
やはり『HUIT』の花見はこうでなくっちゃ
今日のディナーは、話にも食事にも夢中になれず、とにかく窓の外に釘付け。
デセールには、"タルト・オ・フレーズ"、"ガトー・フロマージュ"、"モンブラン"をシェアして。
お会計も済ませ、他の2人がパンを買おうとしたのだが、目の前で外人さんが"グアテマラ"を3個全部買占めていき…
ああああ~~~~

Blog Ranking

 
Posted at 23:59 / dinner / この記事のURL
コメント(0)

お花見ユイット2009 @ @ Huit

2009.04.12 日 22:53


今年もお花見の季節に『HUIT』で食事
そう、先日予約しておいたやつです。
3日ぐらい前にチェックしに来た時は、まだ1分咲きだった。なんとか日曜に間に合えばいいなと思ったが、う〜ん、残念ながら5~6分咲きというところか
久々に会うカズミちゃんとミミちゃん、元気そうで何より

まずは、カズミちゃんがオーダーしておいてくれた、"レンズ豆と鳥胸肉のサラダ"
温泉卵を潰して、予め掛けてあるドレッシングと絡めれば、よりコクのあるソースに。
そして、"はまぐりとブロッコリーのガーリックオイル煮"
続いて、"砂肝のコンフィとじゃがいもと筍のソテー"
メニュー上ではキノコなのだが、春の筍に代えての香ばしいソテー。
メインは、"ノルウェーサーモンとベーコンのポワレ〜温泉卵添え〜"
酸味の効いたラビゴットソースを添えて。
確か予約を入れたときには窓側の席が取れたはずなのに、何故に奥の席…と思ったら、途中で窓側へ移れるよう、スタッフが配慮してくれていたいつもすみません
窓側の席から見る、美しいピンクの八重桜やはりここからの眺めが一番
この八重桜を眺めつつ、美味しい料理を仲間と分かち合う幸せ
これから何かいいことが起きそうなワクワクした気持ちになる
『HUIT』でのお花見は、絶対に毎年欠かせない。


 
Posted at 22:53 / dinner / この記事のURL
コメント(0)

雨はお約束!? 今夜はガレットあれこれ @ POPHOT

2008.10.05 日 22:42


カズミちゃん、ミミちゃんとご飯の約束をした日は、必ず雨が降るようで、今日は『ポポット』でガレットを食べようと前々から決めていたのだが、待ち合わせ時間が迫り、蛇崩の交差点を過ぎる頃に本降り
店の外で、2人が傘をさして待ってくれていた
雨のせいか、お店の方も先客は1組のみであった。

まずはガレットから…ということで、どの具を入れようか10分近く迷った挙句、
"ラタトゥイユ+タマゴ+生ハム"(冒頭の写真)と"チーズ+メルゲーゼソーセージ+トマト"をオーダーし、3人でつつく
あんまり差は分からないのだけれど…水っぽい具が入っても、黄身をぐしゃっと割りほぐしても、ガレット生地が結構しっかりしているので、べチョっとならず、パリッモチッと歯ごたえよく
ああ、やっぱり美味しいわあ〜
あっという間に平らげたので、更に追加オーダーで、ガレットで"ブリーチーズ+ハチミツ+クルミ"を。
これが大ヒット
生地の中のブリーチーズはトロッとメルティーだし、折りたたんだ生地の上からたっぷり掛かったハチミツがチーズと一緒になり甘じょっぱく、そこへクルミの香ばしさと歯ごたえが加わる。
この3つのコンビネーションのハードパンはよく見かけるので、コンビネーション的には間違いないと踏んでいたものの、ガレット…しかも焼きたてなので、ハードパンとは比べ物にならないライブ感があるのだ
ああ、次回から独りで来てもこれはマスト・オーダーだな
そして、デザートのクレープは、"バナナ・キャラメル"
ここにくれば、バター&シュガー一辺倒なので、久々に具入り。
しかし、何が加わっても、生地の美味しい主張は保たれたまま
閉めにシューケットをいただき、今日も大満足(生地が薄いからと侮ってはいけない)の『ポポット』でのクレープ三昧であった。


 
Posted at 22:42 / dinner / この記事のURL
コメント(2)

かぶりつくと肉汁が滴るバーガーが食べたくなったら @ Golden Brown

2008.06.12 木 23:51


中目黒エリアに、またまたグルメが注目しそうな店が出現した。
といっても、オープンしてから既に2ヶ月になるのだが、内装が入っていた時から気になっていた。
アメリカ、特にニューオリンズのような南部の街中にありそうなハンバーガーカフェ『ゴールデン・ブラウン』として4月20日オープン。
すぐに話題になったようで、店内はいつも賑わっている。

ビーフパテ100%のアメリカン・ハンバーガーというと、小腹が空いたので…ぐらいの気軽な気持ちで臨むわけには行かず、なかなか中に入れないでいた。
しかし、今日は朝もあまり食べず、昼もデセールのみ…とまともな食事を取っていなかったのと、これからコンバットなので、ちゃんと力の出るものを食べようと、ジムに行く前に「そうだ」ということで、今日、念願かなってついにトライ。

私は大体ワンパターンで、大体"アボカドバーガー"に落ち着いてしまうのだが、チージー(cheesie)なのにも惹かれる。
お店の人に、アボカドバーガーにエクストラでチーズを入れられないかと相談したところ、アボカドバーガーとしてさっぱり目の味付けで既に完成した一品なので、チーズを足すことはお勧めできない、まずはそのままで食べてみてくださいと言われ、素直に従った。
既に味がついているのでこのままで…と言われたので、ケチャップやマスタードには手を出さず。
うん、意外にも、本当にアボカドなのにさっぱりした味付け。
お肉はジューシーだけれど、もうちょっと厚く噛み応えのあるのが好みかな
というわけで、ウェルダン状態である。
アボカドは薄切りで、規則正しく並べられて。
バンズも美味しいし、丁寧な造りで、なかなか納得できるバーガーかな
割りと細身のフレンチフライは薄味。
残そうと思っても手が止まらないんだよな、ポテトって
ハンバーガーの名店『ビッグ・マモウ』が無くなって、悲しんでいた人たちが、ここの存在を知って、「もしや」と立ち寄るケースが多い様子。
残念ながら、全く関係ないらしいけれど、この界隈のハンバーガーカフェの復活として嬉しい限りである。



 
Posted at 23:51 / dinner / この記事のURL
コメント(0)
«前の記事 | TOP |
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
 
 Powered by yaplog!