heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2008年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
« 前の記事 | TOP | 次の記事 »

ジェノワーズ大特訓! (前編) @ Oven Mitten

2008.04.30 水 16:53


受講できるのは奇跡に等しい…とまで言われている、『オーブン・ミトン』小嶋ルミ先生のレッスン
実は、昨年12月に奇跡的に取れたのだが、スタッフの方の連絡ミスにより、受講できなかったという、悔しい想い出が
しかし、先方から謝罪があり、その時に、次回のレッスンでは優先的に入れてもらえる確約をいただいた。
そして本日、ついに受講
しかも、小嶋先生直々の指導は今回がラストチャンス

私が参加したのは、《ジェノワーズ入門クラス》。
以前、ナッペの講習を受けた時に、ここのジェノワーズを初めて食べ、心を射抜かれたのだ。
小嶋先生の著書を見ながらやってはみたものの、やはり本には書いていないポイントが必ずあるため、いつかは直々に教わってみたいと願っていた。

まずは先生によるデモンストレーションをじっくり見た後、スパチュラの動かし方を練習、それから実習を行った。
卵とグラニュー糖をもったりリュバン状にするまで立てて、粉を入れてからの混ぜ方が勝負
木目細やかな生地、オーブンから出してもしぼむことのない安定した生地を生み出すには、規則正しくリズミカルに、そして生地がサラサラと一定のリズムで流れ落ちるまで混ぜるのだ。
今までのジェノワーズの作り方で完全にクセのついてしまっている私にとっては、ここからが試練である
「力抜いてっ」と先生からダメ出しされるほど緊張しきってしまい
先ほどのデモンストレーションで学び、頭に叩き込んだコツはどこへやら
う〜ん、難しい

試食は、先生の焼いた、お手本ジェノワーズ。
持つとシフォンのようにフワフワ
卵の風味がホワッと口の中に広がり、シュワッと口の中で溶けていく
次に、前半に焼いた5人(総勢は9人)のうち、3人のジェノワーズを食べ比べ。
同じ配合で作っているにも拘らず、卵の風味が強かったり弱かったり、口溶けが良かったり悪かったり…
う〜ん、本当に混ぜ方で見事に差が出るのだ
次回はショートケーキに仕上げる。
ジェノワーズをそれまでに何回も練習せねばならない。
そして自分で焼いたものを持ってきて、デコレーションするのである。
ああ、忘れちゃった、どうしよう、ナッペと絞りっ


Posted at 16:53 / Oven Mitten / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/mi-amere/archive/828
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

« 前の記事 | TOP | 次の記事 »
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
   
 Powered by yaplog!