heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
« 前の記事 | TOP | 次の記事 »

土日限定のデセール @ Paris Seveille

2007.08.11 土 20:35


す、すごいっ
自由が丘『パリセヴェイユ』では、土日だけアシェット・デセールが食べられるのだが、その中の一品"バシュラン"である

私の中で5本の指に入るほど大好きなお店、『パリセヴェイユ』。
先々月に、渋谷・東急FOODSHOWで食べた金子シェフのアシェット・デセールは、それはそれは素晴らしく、うっとりした。

アシェット・デセールだけ…と思ったけど、ショウケースのガトーもやはり見過ごせなかったっ
「("バシュラン"は)作るまでに10分掛かります」と言われていたので、先にテイクアウト不可の"マリー・ギャランドゥ"をこれは、サブレ生地の間にシナモンのババロアを挟んだガトー。
更にシナモンのババロアの中には、苺のソースが入っており、ザクッと切ると、中からソースがトロ〜リ
サブレとババロアを一緒に食べると、何故か懐かしい気持ちに…
そう、泉屋のクッキーの缶の真ん中にドンとある、あのリング状のクッキーの味である
またまた例えがこれで申し訳ないのだが、上のフルーツを取った後のサブレが、たまたまリング状ということもあって、余計そう思ってしまった。
サブレ単体、ババロア単体で食べると、全然泉屋的ではないのだが(ババロアも思ったよりもシナモン味が控えめで上品)、一緒に食べたときの印象がとても強くなり、新たな魅力が生まれる。
サブレはババロアの水分でどんどん湿気ていくので、やはりこれは店内のみのガトーなのだ

そして、改めまして、アシェット・デセール"バシュラン"バシュラン(ヴァシュラン)といえば、クラシックなメレンゲ菓子。
しかし、金子シェフによってアレンジされた進化系がこれである。
底には黒胡椒風味のバニラアイスクリーム、そして丸ごと苺のコンフィチュール、クレーム・シャンティイ、そして黒胡椒のメレンゲが、まるでカラーの花束のように、グラス中を飾っている
付け合わせには、ライム風味のチュロスと、バルサミコ風味の苺のソース。
隣のお客が思わずこっちを見るほど、ゴージャスなプレゼンテーション

黒胡椒のメレンゲが、まず衝撃的
胡椒の香りを楽しみつつ、食べてみるといつもの甘いメレンゲ。しかし、喉の奥では胡椒の刺激でピリピリがずっとリフレインするのだ
そのままスプーンで下へ下へと突き進むが、アイスクリームに辿り着く時にはシャンティイも苺ももれなく付いてくるので、あまり胡椒っぽさを体感することが出来なかったのが残念
チュロスは、絞り出しも美しく、ライムの香りが鼻をくすぐり、金子シェフの手にかかると、ここまでブラッシュアップされるのというぐらい、シンデレラ化
バルサミコ風味の苺のソースも、全然お酢のツンとしたところはなく、甘い香りだけが綺麗に残っている
ああ、幸せ〜

さて、以下は、催事で購入して食べたのだが、今の今までご紹介出来なかった数々。

"バカラ・ルージュ"
ライチ・ムースをバラ風味のチョコレート・ムースが覆い、その上を更に真紅のライチとフランボワーズのジュレが覆った、美しいバカラのクリスタルを思わせるプチ・アントルメ。
倒れそうなぐらい美味しさ
バラの味も、さりげなくふわっと感じ、控えめながら存在感は残る…という絶妙な加減が、金子シェフの腕なのだ
"マングー・マングー"
マンゴー・ムースの中に角切りマンゴー、そしてオレンジとマンゴーのジュレで覆った、鮮やかなオレンジのプチ・アントルメ。
すごいっ
超マンゴーマンゴー
夏でも、こんなアントルメなら、いくらでも食べられる〜
"タルト・ポンム・カシス"
パイ生地の中にクレーム・ダマンド、その上にりんごのキャラメリゼ〜青りんごムース〜カシスムースと積み重なっていく。その上から、カシスの実入りのムラング・カシスでコーティング。
これは、東急FOODSHOWで買ったときのものだが、今日は、店内のみとなっていた。
さすがにこれは、猛暑の中、持ち帰るのには耐えられそうにないくらい、儚(はかな)げだ。

これは、ジム友・カズミちゃんから以前もらった、(左上から時計回りに)ガレット・ブルトンヌ、クロッカン、ケーク・オ・ショコラ(グランマニエ、オレンジ、白フィグ入り)。
金子シェフの焼き菓子は、これまた定評がある。
カズミちゃんもお気に入りだそうで、これまたツボを得た3品をプレゼントしてくれた
今更ですが、ご馳走様






テーブルで食べつつも、ヴィエノワズリーを2種、お取り置きしておくことも忘れず
それは明日の朝食にね

Posted at 20:35 / Paris S'eveille / この記事のURL
コメント(6)
この記事のURL
https://yaplog.jp/mi-amere/archive/440
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

ミ・アメールさんが関知していらっしゃらないということは
私の思い込み、勘違いのようですね。
驚かせたうえに お店までさせてしまい深くお詫びいたします
でもでも それほどプロレベルの写真の腕前ということなのです
Posted by:Sumi at 2008年06月28日(土) 18:07

ええええ
私の写真が
まさかっ

ちょっと今日行って見てきます〜
Posted by:ミ・アメール at 2008年06月28日(土) 12:45

東横線を利用する用事があったので、帰りにこちらに立ち寄りました。
もちろん記事を参考にさせていただいてのことですよ〜
ムッシュアルノーをいただきましたが、とてもでした
店内の壁に素敵なケーキの写真が飾られていましたが
友人が「きっと ミ・アメールさんのブログからの写真よ」と言うのです。
帰宅して早速ブログの写真を検証してみたのですが・・・・・・
やっぱり そうなんですね〜 ワンダフルです
Posted by:Sumi at 2008年06月27日(金) 22:04

二人とも〜
これは食べてみてくださいよ〜
実物は、写真以上のインパクトかも
私のものなんだから見ないでよっって言いたくなるぐらい、周囲から見られます
Posted by:ミ・アメール at 2007年08月19日(日) 11:00

いえいえ、とんでもないです
たしか、このときは故障中で、ちょっと凹み気味のときでしたよね
そんなときは、おいしいもの食べるに限る(私だけですか?)

ここのは、たまに無性に食べたくなりますね。
そんなときに近くまで行くと、立ち寄らずにはいられないのです。
ですが、いつも平日にしか行かないので、土日限定があるなんて知りませんでした
メレンゲがこんなスタイルで出てくるとは
今度私も行ってみようっと

Posted by:カズミ at 2007年08月18日(土) 22:29

おーー、このメレンゲすごいねー。パリセヴェのショウケースに並ぶガトー、割とカスタード系とチョコレート系に偏っていて、私にはどれもストライクゾーン金子シェフとは気が合うわーーそのアシェットデセールかあ。今度、ぜひ。
パンもいつの間にか進化しているのね。ハード系はちょっと軽すぎた印象があったけれど、ヴィエノワズリをトライしてみよっと。そうそう焼き菓子も全部美味しいよーー
Posted by:Youたん at 2007年08月18日(土) 01:27

« 前の記事 | TOP | 次の記事 »
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
   
 Powered by yaplog!