heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2007年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
« 前の記事 | TOP | 次の記事 »

カステラのフレンチ・トースト @

2007.07.24 火 22:25

カステラといえば文明堂派の私。
茶色のつややかな表面の焼き色が均一で、中は真っ黄色のキメが細かくしっとりとしたスポンジ部分、そして底の茶色のじめっとした部分も、たまらない。
手掴みで一口ほおばると、卵とはちみつの香りが鼻をくすぐる
そして、大人になっても想像力をかき立て、食欲をそそるのは、絵本「ぐりとぐら」のカステラのイラスト

さて、今日のランチは、ここ東銀座に2年近く勤めながら、1度ぐらいしか行ったことの無い(しかも打ち合わせでドリンクのみ『銀座文明堂カフェ』にて
カステラ発祥の国スペインのパティオをイメージした店内…ということで、確かに、お隣の純和風の歌舞伎座からいきなりヨーロッパへ


ここには気になるメニューが2つあった。
ひとつは、"ハヤシライス文明堂風(半熟卵添え)"
昭和31年に開店した『文明堂グリル』のハヤシライスのレシピを受け継ぎ、代々の店長がデミグラスソースに更に工夫を重ねた…という、ザ・昭和なルー。
赤ワインでじっくり煮込んだとあって、確かにブドウの酸味がかなり残ったソースである。
だから、ルーの上に生クリームが掛かっていたり、温泉卵を付けたりするのかな
この2つのコクで、まろやかさが生まれるが、でも基本的には大人のハヤシライスといったところかな



さて、もう1つ気になったのが、"フレンチカステラ"なるもの。
ここ『文明堂カフェ』を取り上げたブログには、大体登場している名物メニュー。
要は、カステラのフレンチトーストである
HPを見ると、「手焼きのカステラに新鮮な卵・牛乳をしみこませ、たっぷりのバターを使いオーブンで焼き上げた「新感覚のカステラ」」…とある。蜂蜜だ水飴だと、既にたっぷりと糖分を含んでいるカステラは、焼くことによって表面がザラッとカリッとする。
まるで、『泉屋』のクッキーの中で最後まで残る"ラスク"のようなザラザラ感。
そして微かにとシナモンの香りが。
しかし、ナイフを入れると、フワッとした中身にビックリさせられるのだっ

へえええええええ

もともと甘いカステラに、甘いアパレイユを凍みこませるのかと懸念したが、意外なほど甘くない
いや、下手すると、カステラそのものよりも甘さが落ち着いている気がする。
添えてある抹茶アイスとクレーム・シャンティイを付けてみて、初めて味に奥行きが出るくらい、本体はあっさり


これは、話の種に、一度試してみる価値はあるかも

Posted at 22:25 / sweets / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/mi-amere/archive/411
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

« 前の記事 | TOP | 次の記事 »
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
   
 Powered by yaplog!