heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
« 前の記事 | TOP | 次の記事 »

洋菓子ノスタルジー @ 柏水堂

2007.04.11 水 22:45

『まつや』でお蕎麦を食べた後(本当なら、「蕎麦を食った後」という表現の方がぴったり)、神保町で仕事を終え、『柏水堂』

この辺りは、予備校時代(何年前のこっちゃ)に毎日のように来ていた。
当時は、新しいお店にしか興味がなく、こうした老舗系洋菓子店には見向きもしなかった若輩者だった
しかし、ここ最近、何故かこうしたノスタルジックな洋菓子店に無性に惹かれる。
それは、歳をとったせい()もあるけれど、自分の幼少期の味覚を再確認したいからでもある
しかし、調べていくうちに、中には閉じてしまったお店もあることが判明し、だからこそ今食べておかなくちゃ…という焦燥感に駆られたのかもしれない。

さて、『柏水堂』。
一歩、店に入ると、制服の女性店員さんたちがずらりとそろって、「いらっしゃいませ」とお出迎え。
ここは昭和40年代人の私どころではない、多分、祖母の世代あたりが若い頃にお茶したでしょう…というぐらいの、昭和一桁の時代考証そのまま

そして、ケーキにもその雰囲気が
ショウケースに並んだケーキは、どれも小さい頃に食べた定番ばかり。


"アップルパイ"はもちろん、アンズジャムのテカテカ光るタイプ、こうした老舗には絶対にお決まりの"レモンパイ"。

そして洋酒のたっぷり凍みこんだ"サバラン"(ここでは"セ・アルジャン"という名前)






お誕生日ケーキは、バタークリーム
ああ、懐かしい


私は、"ショートケーキ"と"レモンパイ"をオーダー。
いや、これが小ぶりサイズで、「どうぞ1個といわず、たくさん召し上がれ」と言っているようなものっ

"ショートケーキ"の生クリーム…
こうしたノスタルジックなお店に求めているのは、今の生クリームじゃなくて、昔使われていたような、ちょっとアイボリー掛かってコクのある、乳脂肪率50%ぐらいの濃厚クリーム。
けど、ここにしても、春日に移った『エス・ワイル』にしても、当時のメーカーの当時の生クリームをずっと使い続けているわけではないらしい
〜っていうか、それは無理な話か…
けど、ブランデーの利いた生クリームであるところは昔ながら

そして、"レモンパイ"。
ここのは、レモンクリームがこんもりとなっていて、上に乗っているメレンゲはうっすらと。
このレモンクリームが、ゼラチンで固めてあるのか、ブリンブリン
コーンスターチや小麦粉だけでは、ここまでの固さにはなるまい。
メレンゲの量が少ないおかげか、思ったほどの強烈な甘さではない。
レモンの香りと味がしっかり利いた、これぞ懐かしの味である






食べ終えて、オーナーとちょっと話をしたけれど、この方が、いかにも生粋の江戸っ子という感じの気さくなおじさん
「どう、ウチのケーキは、全然変わってないでしょ」と笑顔で言うところに、時代の荒波を乗り越えて暖簾を守り抜いた自信と威厳が感じられた

Posted at 22:45 / sweets / この記事のURL
コメント(2)
この記事のURL
https://yaplog.jp/mi-amere/archive/272
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

それが以前、春日の『エス・ワイル』にも行ったんだけど、これがムカつくぐらい、店員のオバサンの態度が悪くてね〜
あまりにも愛想がないし、いい方がキツいのよ〜
なので、写真は撮ったけど、未だにここにアップしようかどうか悩んでいるんだ。

最悪の再訪だった
Posted by:mi-amere at 2007年04月14日(土) 22:53

おっ、懐かしの『柏水堂』
実は19〜21歳まで、靖国通りから1本入ったすずらん通り中程にある、
「東京堂書店」でバイトしていました
労働組合の会合(単なる飲み会)のデザートで出たり、
たまに誰かが買ってきてくれて休憩室に置いてあったり・・・
懐かしい味を思い出しました(当時のことも
で、柏水堂が出てるんだったら、小川町の『エス・ワイル』も載ってるのでは・・・
と、読んでいくうちにやっぱり さすがだわ
あ、でも春日に移転してしまったのね・・・
ここのシュークリームをこよなく愛していた、経理のおばちゃんが懐かしい・・・
有名なパティシエやオシャレなお店を多く紹介してるけど、こういう昔ながらの
懐かしさを感じるお店に惹かれるのは、スウィーツを愛している証拠なんだなって
思いました
楽しい思い出・悲しい思い出が一気に甦ってきて、久々に神保町へ
足を運びたくなりました
どうもありがとう
駿河台の方も、安くてお腹いっぱい食べられる学生さん向けの定食屋さんとか、
まだあるんかな・・・
Posted by:ree at 2007年04月14日(土) 18:09

« 前の記事 | TOP | 次の記事 »
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
   
 Powered by yaplog!