heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2014年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
« 前の記事 | TOP | 次の記事 »

シュセット&トリュフ

2014.01.25 土 22:16


バレンタイン・レッスンの定番と言えば、ボンボンにトリュフにタブレット。
(チョコレート)ケーキというのも、よく紹介される。
しかし今回、どこの教室でもこれまでやらなかったアイテムをレッスン。
それがシュセット・オ・ショコラ(棒付きボンボン・ショコラ)である。
抹茶のガナッシュをホワイトチョコレートでコーティングしたもの、ビターチョコレートのクーゲルの中にパート・ド・フリュイを詰め込んだものの2種類。
チョコレートはテンパリングが面倒で…と家では最もやりたくないものの1つだったのだが、これなら出来そうかな。
暑い季節でなければ、バザーにも出せそうなのだが。


抹茶のガナッシュは、平たく薄く作って早く固まらせ、均等に切り分けてから丸めていく。
このままでも十分美味しいけれど、ゴマなどを忍ばせれば、より日本的なガナッシュになる。
そして、棒に刺していく。
この時点でも既に可愛く、仕上がりが楽しみになっていく。
クーゲルには、スミレの香りのするヴェリオット・ピュレ(スミレ、ブルーベリー、フランボワーズ)で作ったパート・ド・フリュイを注入。
このパート・ド・フリュイがあまりに冷めてないと、クーゲルが溶けてしまう。
実習の時、私はそこを失敗した
こちらも棒を刺して、しばらく置く。棒が傾かないように、予めテンパリングしたクーベルチュールで固定するのがコツだ。
抹茶のガナッシュは、ホワイトチョコレートをコーティング。
2度くぐらせて、大きさを出す。
まだチョコレートが乾ききらないうちにパフやナッツなどをくっつけて、ポップに。
ずらりと並ぶととても可愛い。
こんなの殿方には似合わないな
ビターチョコレートの方もコーティングして、カカオニブやフランボワーズのドライフレークなどを散りばめて。
これらを1つ1つ包装し、リボンを掛ければ、シュセットが大量に出来るのだ。
久々に乙女心をくすぐられるレッスンだった。
Posted at 22:16 / Bon Coeur / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/mi-amere/archive/2331
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

« 前の記事 | TOP | 次の記事 »
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
   
 Powered by yaplog!