heavenly delicious!!

美味しいものとの出会いを中心に、毎日の出来事を綴っていきます!

2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミ・アメール
読者になる
甘いもの大好きで、自分でも学校や教室にせっせと通って習っています。 フランス菓子もアメリカ菓子も両方好き海外旅行に行っても食べ歩きか道具買いか。狂ったようにジムに通ってますが、今のところ体重に全く変化なし なぜなぜってそれは…
このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。
月別アーカイブ
Blog-DESIGN
« 前の記事 | TOP | 次の記事 »

甘さも大きさもハンパなく… @ Sweet Adeline Bakeshop (Berkeley)

2009.04.30 木 22:08


くの日本人がアメリカン・スウィーツに対して、「極甘」「デカい」という偏見を持っていると思うが、それは昔の話であって、今どきのは、大きさは変わらずとも、だいぶ甘さは控えめになったと思う。

しかし当然、昔からの配合を守って作っているお店のは、いまだに歯が痛くなるような甘さ。
個人的には、全然抵抗がないのだが、それでも『スウィート・アダリーン・ベイクショップ』"Lemon Meringue Pie"には、かなり手痛い先制パンチを食らってしまった。
カウンターやショウケースに並べられたペイストリーやデザートの表情を見て、味もオールドファッションなんだろうなと容易に想像できたが、この私でさえ一口で音を上げるほど、このパイは甘かったのだ。
この店のレシピ本というのがあって、それを見てみると、レモンカードに使う卵黄の量は12個分。トップのメレンゲには1カップ(240ml)。1ホールの大きさが直径9inchというデカさだから、そのぐらい使っても当然なのだが、じゃあ砂糖の量は…怖いですねえ
1スライスもデカかったので、最初から残りはお持ち帰りにすべく箱に入れてもらっていたのだが、これで店の人には残したとは思われまい。
まあ、そこまで気にすることもないだろうが、そのぐらい、ここのお店の人たちはナイスな対応で、店内の写真もバンバン撮らせてくれたので、多少後ろめたかったのだ。

「どう美味しい」と笑顔で聞かれたら、誰しも笑顔で嘘を付かざるを得なかっただろう。
ごめんなさい
〜と、パイはお手上げだったが、ちょっと前にスタッフの青年が、ここのシグネチャーだと勧めてくれた"Cinnamon Buns"が気になり、まだ残ってるか聞いたところ、「ラス1だったから、ボクが貰っちゃったよ」と、食べかけの皿を見せてくれた。
すでに手遅れだったか…と思ったが、一口勧めてくれた
ウマい
超フカフカの生地に、あまいグレーズがたっぷり掛かっていて、シナモンの香りが鼻をくすぐる。
こっちにするんだった


Posted at 22:08 / SF & LA 2009 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/mi-amere/archive/1134
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

« 前の記事 | TOP | 次の記事 »
渋谷区
新宿区
世田谷区
中央区
千代田区
港区
目黒区
東京都
品川区
台東区
練馬区
杉並区
墨田区
文京区
豊島区
東京23区外
神奈川県
鎌倉市
逗子市
藤沢市
横浜市
埼玉県
千葉県
茨城県
大阪府
海外
HAWAII
   
 Powered by yaplog!