バイナリーオプションが救う家族旅行の計画

November 03 [Sat], 2012, 11:00
東京電力が、9月3日に家庭向け電気料金の値上げを実施した。
その値上げ率は平均8.46%で、
単純に計算しても、一月の電気料金1万円に対して、846円の値上げになる。
一月846円、一年にして10,152円は大きな負担だ。

紅葉も見ごろになり、暑さが続いた夏の疲れを取りに温泉旅行を計画したが、

それなりの温泉旅館なら、
1年分の値上げは、一人分になるかもしれない金額で、
この金額が足りなかったばかりに、家族旅行を諦めたり、
最悪の場合は、誰か一人が居残りになることだって・・・・
それは往々にして、父親の役目になったりする。

そんな不幸に見舞われない方法はいくつかあるが、
投資のバイナリーオプションをすることも、
そのうちのひとつということはできる。


それにしても、脱原発依存を訴えるからには、
このような事態になることも想定しているはずだが、
中にはそれさえも許せないと言う、
どんなつもりで、脱原発依存を訴えているのかもわからない人もいる。


とは言え、脱原発依存は大切なことで、
核廃棄物の最終処分場はおろか、
最終処分方法さえも決まっていないのに、
核燃料だけは使うという考え方は、
トイレのない家に住むようなもので、
本来なら有り得ない話が、まかり通ってしまうこの世の中は、
一体どんな世の中なのかと、首をかしげたくなるのだが、
それが現実に起きているのだからどうにもならない。


しかしだからと言って、今すぐに脱原発を実行すれば、
電気料金の値上げは、この程度で済むはずはなく、
さらなる値上げが、各家庭を襲うことになり、
そうじゃなくても不景気の時代なのに、
これ以上の負担に耐えられなくなる家庭が出ることも、
視野に入れておかなければならない。

それだけではなく、一般家庭は何とかなるかもしれないが、
商店や飲食店などは、経営の悪化に繋がりかねず、
最悪の場合は、閉店に追い込まれる可能性さえ秘めている。

だからと言って商品に転嫁すれば客足は遠のき、
売り上げが落ちることは目に見えているので、
どちらにしても、結末は同じ道を辿ることになるのである。

脱原発依存は必要なことだが、
いろんな側面を考え、慎重に物事を運ぶ必要があり、
長いスパンでの考え方が要求されるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mhsr6azl6ps
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/mhsr6azl6ps/index1_0.rdf