人情に感動の

2004年09月30日(木) 21時25分

月の明かりで星を描こう!と、デジカメ片手に月夜にダラダラベランダで粘る。星は無理だーハートにするかーと、妥協して、なんとか出来たの。次の朝から、頭痛がするんだけど風邪なのかなあ。

 
夏休み前に貸した気がする、本がならちゃん(あら、同じ名前だわ)から返ってきた。なんとなーく家に帰ってから袋を開けると、茄子の手ぬぐいとそれから長いお手紙が入ってた。
丁度ぐだぐだしていた気分が、バーっと消えてった。前に手ぬぐいスキって言った事を覚えてくれていたらしく、手紙には本の感想がいっぱい書いてあって、大切な本を貸し出しするのもいいもんだなあ。人情に感動の日でした。

和する

2004年09月28日(火) 19時33分


今日は代休で、休みだったので一日ながかったながかった。って、今になって思う。

夕方スーパーに、お団子変わりに白玉ぜんざいと、プチムーンの青いやつ!を買おうと行ったら一番安いやつがなかったので、ちょっとリッチに「和する月」だよ今日は。何十円の差だけれども。うれしー。
http://www

白玉を、プラスチックのケースからわざわざ茶碗に移してたらお母さんに洗い物増やしてーって怒られた。でもこうゆうの凝るのすき。何しろ今日は和の日だし。

夕食もお風呂も済ませてベランダに出て、さぁ喰うぞ!と思ったらまだ月はひくーいところにいて空もうっすら明るい。時計を見ると七時前だ。仕方ないので、あまぁいりんごのお香焚いて、良い音楽かけて、何するかっていうと英語の単語覚えてんの。とりあえず綺麗な月見るために9時まではがまんがまん。

昼下がりとポニーと

2004年09月28日(火) 13時17分

だってさ、お昼過ぎ犬の散歩しに歩いて、少し経ったらなんとなくカメラを持ってた方がいい気がするって取りに一旦家に帰って。そしたら散歩先でまつげながーいポニーに会ったんだよ。かわいかった〜。運命感じたもんね。
実は隣に乗馬施設があるから馬ならいつでもいるんだけどねん。

うさぎ

2004年09月28日(火) 10時22分
 

鱗雲と月がとっても綺麗だったので、誰かにおしえよーとベランダで考え込む。そう言えば、元気の無い友達がいたなあとメールした途端に曇り始めて月が隠れてしまった。タイミング悪。今日は十五夜。スーパーにお団子買いに行く。

淡い

2004年09月27日(月) 15時04分
夜遅く、メールのやりとり中不意な言葉から深刻な話に変わる。もう、12時過ぎてるっていうのに一回のメールを四通に分けて送信しないといけないくらい長く、大事な話なので、言葉選んで書くのに30分かかる。大切な時間だ、なにか悟った気分になって眠った。
今日、眠気も覚めたお昼読み返すと、夜に受けたような高揚した気持ちはなく淡々とした内容にみえた。また分かんなくなった。

午前中で学校が終わって、カラオケいこって話になったけどとってもいい天気なのでやっぱり一人で帰ることにした。帰りに紀伊国屋で雑誌を買って庭のハンモックで読んでる。風がとっても気持ちいい。オカメインコの表紙がカッワイ〜今度絶対飼うの。川内さんの写真がさいきんとってもスキだ。昔はどうでもよかったのに不思議。

マロンマカロン

2004年09月26日(日) 16時30分
晩ご飯にポットパイのビーフシチューが食べたい。って思って作る気まんまんだったけど、お昼にモスバーガーに行ったのでやーめた。もっとアッサリしたものにしよう。
いつもと違うモスに行ったら、無くなったと思ってたナンチョリソがあって菜摘もお持ち帰り出来てた。だったら菜摘にすればよかったなあなんて。だって味が濃すぎだもん。
そのあと珈琲屋に行って紅茶をぐるーっとみる。ボンヌママンの茶色の瓶欲しくて探してたら、“本日200円”で売ってたので気分が良い。こっちの瓶もかわいい、と見つけたのはどこのだったか覚えてないけど、大きい瓶の蓋にフルーツがいっぱい書いてあってすごく欲しかった。瓶だけ。ボンヌママンだって中味はマロンジャムだけど、食べきれるかどうか何ヶ月かかるか分かったもんじゃあない。冷蔵庫ではアオハタの杏ジャムが待っていますし、しばらくがんばってパン生活でもしよっかな。じゃあ明後日はパンでも焼こうかな。


ブーツを探しにぐるぐる回ったけど、ぜんぜん欲しいのがなかった。一昨年くらいだったかの、hottyのキャンパスブーツが今だに忘れられなーい。それから本屋さんで、写真の本を買おうと思ったけど、文化祭のため徹夜写真漬けになったことを思い出して、しばらくモノ作りはや〜めよ。と、別の本を買った。

昨日は恋のからさわぎのドラマを真面目に見た。友達が結婚したい人が居るって言ってたけど、私だってほりけんとだったら今すぐ結婚出来るなあ。このドラマ、撮影場所が近所の学校で、通ってる生徒はエキストラになったって聞いたので、さすがにこの時ばかりはこっちの高校はいっときゃよかった!って思った。それから、私がお金持ちになったら買い取りたい建物ベスト2のうちのひとつも出ていた。
商店街にあるふるーい時計屋さんで、時計塔があってその上に鶏の風向き調べるやつが立ってるお気に入りの建物。もう一つっていうのは、少し前から売りに出されてる煉瓦作りのビルの一階。以前はたぶんお酒飲むお洒落なところ!だったと思うんだなあ。ガラス越しに見た店内は、映画のセットのような感じ。お金持ちになったら、二軒とも買い取ってお店を出すのだ!って友達と家族に言いふらしてる。

当日

2004年09月26日(日) 9時05分
前の日もその前の日も、ロクに寝てないし疲れもたまって今にもつりそうな足で学校に。委員会と部活も重なって忙しい文化祭の日、はじまってみると材料がとっても足りないって事に気が付いて買いだし行ったり走り回ったりで、お昼まで一度も休憩をとれなかった。まだまだ忙しそうだけど、がんばったもんねーと途中で抜け出しまいと他のところを見にブラブラ。地学部で望遠鏡で遊んで、手に火を付ける実験をしてシャボン玉やって、化学部でアイス作りをした。体育館のライブを見に行ったけど、スグ飽きて前庭に座り込んではなしをはじめた。

深刻な悩み持ちらしく、聞くもののさっぱり心が掴めない。わかんない。夏休みの自分と少しかぶる。結局、どう答える事もしないまま話は続いた。聞いてるうちになんだか嫌になってきた。後夜祭にも出ようと思ったけど、これ以上学校にいたら気持ちが下がる一方だと思い立ち、始まる直前に帰った。丁度校門を出たときに、背中のほうから開始の花火が聞こえた。

アメリカひじき

2004年09月21日(火) 21時30分

紅茶を見るたびひじきを思い出して、ひじきを見るたび紅茶葉を思い出すです。読書の秋、読んでないけど本棚の題名見てチラチラ内容思い浮かべる。暇が出来たら、次読むのはあれだっもう決めた。

学校で、にこにこ笑いっぱなしの子に「えみちゃん日曜日暇ー?暇ならあそぼー」と言われた。あんまり話したことない子だ!しかも名前間違えられてるけど、まぁいいやーと遊びに行った。にこにこ笑いっぱなしっていうのは、いいもんだ。私の小さな変化なんか気にしてくれないのでとっても助かる。
別の日、なんとなーく黒ワンピースを買った。別の色と悩んでたらお母さんに「お葬式でも着れるから黒にしたら」とそっけなく言われたのでくろ。お葬式かぁ。家に帰って着てみると、髪の毛もまっくろですごい、肩までの長さで毛先まで地毛の黒なんだよ。頭髪検査もラクラクだもんね 二年間の我慢のたまもの。前髪は、長いのスキじゃないけど伸びるもんはしかたなーいとほっておいたら、大分のびでしまった。不思議と、伸びるたび気分も暗くなってく気がするのは気のせい?


CM見たらほしくなっちゃってかっちゃったった

フオ

2004年09月19日(日) 17時27分
「進路どうするの?」って、聞かれるほど嫌なことはない時期だよね。でも聞いちゃうんだよね、同い年の子見ると。わたしは、ちゃんと決まるまで口にするまいとしているから、まだ決めてないとしか答えないけど、日が経つに連れてこの答えも厳しい。三年前は、思い返すと恥ずかしくなるくらいの鬱状態だった。もう、自分しかしらない秘密がいっぱい。うわー忘れたい

地理の時間、部落差別が九州じゃまだあるんだぞと先生に言われる。そう言えば中学校の時も言われた。社会系は、小学校から同じ事ばっかりやってる。高校にはいると、地理と現代社会でまた範囲がかぶる。効率わるーいけど、社会系の先生って豆知識豊富で結構スキ。えたひにんって、未知の世界。修学旅行の前勉強した、アイヌの人を思いだした。

茶碗

2004年09月18日(土) 18時49分
今日の収穫、手袋と茶碗二つ。

お昼前に、おばあちゃんの家まで手袋の続きをやってもらいに行く。茶色と生成のしましまにしてもらう。お昼、近くのホテルまでランチを食べに行った帰りにいくつか展覧会を見た。そのうち陶芸のやつが面白かった。誰の作品だったか、覚えてないんだけど盛岡の人。茶香炉がほしかったけど、大きすぎたのでやめといてー。ごはん茶碗に、素敵なのが二つあってしゃがみ込んで悩む。即売してる展示会、とくに陶芸はデパートで売ってるものよりかわいいし、作った人がすぐそばに居て話聞けるし、その割りにはなんだかお手頃価格だしで入り浸ってしまうんだなあ。キケン。明日お金もって二つ買いにこようか?と思ったけど、今使ってるのもあるし。おばあちゃんに頼んで水玉の小ぶりなやつをひとつ買って貰った。かわいい!ごはんもきっと美味しくなる。写真の右の茶碗は、おばあちゃんに頂いた普通に食べて鉄分が摂取出来る茶碗だそうです。土に鉄分が多いから上薬かけてないんだって。

あー久しぶりに焼き物やりたくなった。実は、小学生からの陶芸好きなのです。