シワ・シミ通信 パート3

2007年10月01日(月) 13時21分
皆さんこんにちは

美容皮フ科クリニックケミカルピーリングしわたるみボトックスにきびにきび跡美白の専門)メディエス皮フ科クリニック 渋谷院 院長の高橋です。

前回に引き続き、お話をしていきます。


さて、

夜空を美しく見せてくれる望遠鏡ですが、

相性の悪い星があります。

太陽は通常の望遠鏡で見ると失明します。


これと似たようなことがシミしみケミカルピーリング)にもあります。

全てのシミしみケミカルピーリング)がレーザーと相性が良いわけではありません。

もし、両方の頬骨のあたりに割と広めにシミしみケミカルピーリング)がある場合、

肝班というシミしみケミカルピーリング)を考慮する必要があります。

肝班はたいてい普通のシミしみケミカルピーリング)も併発していることが多いです。

ではその場合はどうしましょう?


ファーストラインは内服治療です。

可能ならケミカルピーリングとビタミンCのイオン導入を平行して行います。


これを先行しておいてレーザーフェイシャルで追撃していきます。

冒頭で書いた太陽ですが、

何の危険もなく直接見ることが出来る望遠鏡が、既に一般に売られています。

いずれ肝班も詳細が解明されて「一撃滅殺」できる治療機器が出来るでしょう。


太陽が見てみたい?望遠鏡屋さんへGO。


それでは次回をお楽しみに。
  • URL:https://yaplog.jp/medieth/archive/135