抗がん剤に対する医師の本音

20世紀は西洋医学が大いなる進化を遂げてきた世紀と言われています。

ところが日本はガンで死亡される方が1910年には32,998人だったのに、


2006年には329,314人にものぼり、この100年ほどでなんと10倍にふくらんでしまいました。


これは単に人口が増加したからという理由ではありません。

なぜなら、死亡率(人口10万人当たりの死亡者数)も、
1910年の67.1人から2006年の260.0人に急増!

現代医学がこれほど飛躍的な進歩を遂げているにもかかわらず・・・です。



私は、ここで西洋医学がガンに無力であると言いたいのではありません。

手術も適切なタイミングでおこなえば確かに1つの方法にはなるでしょう。


しかし、悪い部分を切り取れば解決するという狭い視点からだけの医療には

限界があると申し上げたいのです。



抗ガン剤にしても、有名病院の医師などが自ら

“抗ガン剤は効かない”

“自分がガンになったら抗ガン剤は拒否する”


などと告白した書籍がこの10年ほどの間に何冊も出版されて話題になりました。


医学界に身を置く人たち自らが多くの疑問を投げかけているのが、まさにガン医療の現場なのです。



そうした現実を目の前にして、自分の大切な命を安心して預けられるでしょうか?

世の中には科学で解決できないことは山ほどあります。

最新の医学とて例外ではありません。


最近になってようやく西洋医学に中国医学などを組み合せたり、
使い分けたりしながら対処する病院が少しずつではありますが出てきました。


そうしたジャンルを超えた「統合医学」「ホリスティック医学」と呼ばれる総合的な見地によって、

最良の方法で患者さんをケアするという取り組みが欧米に比べてはるかに遅れています。



食事療法に対する認識の薄さもその1つでしょう。



だから医療現場にもっと高度な食事療法を役立てていく。

そうした取り組みも日本が本当の意味で医学先進国の道を歩むために必要なのです。



→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:https://yaplog.jp/medicaleating/archive/34
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:井上俊彦
読者になる
初めまして、私は井上俊彦と申します。
名前くらいはご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は現在、さまざまな難病で苦しむ患者さんからの依頼を受け、
メディカル・イーティングという食事療法によって元の健康な身体に戻っていただくためのお手伝いをしております。

メディカル・イーティングは長年の研究によって構築した食事療法であり、胃ガン、肺ガン、肝臓ガンをはじめとするガン全種、
糖尿病、C型・B型肝炎、エイズなどの感染症、さらに白内障、膠原病、脳梗塞・動脈硬化といった循環器系疾患まで、
私が指導する病状別の食事法を続けるだけで
ほとんどの方を改善へと導いております。