末期がんから生還する食事療法

のもとを訪れる患者さんには、病院の医師から手の施しようがないと言われ、

残念ながら現代医療から見放された方々もおられます。



そもそも身体の異変に気づいたり具合が悪くなったりすると、
当たり前のように病院へ駆け込み、そこでガンを告知された場合、
やはり当たり前のように病院で治療を始めるという選択をなさる方がほとんどです。


確かに西洋医学は日進月歩で進化しています。ただし万能ではありませんし

様々な問題も指摘されています。


たとえば抗ガン剤1つとっても、問題は副作用のリスクだけではありません。


その1つは、抗ガン剤をきちんと使いこなせる医師が果たして日本に何人いるか?

ということです。


意外にお思いですか?


抗ガン剤を使用する知識・技術はそれほど簡単ではありません。


抗ガン剤を使用するには必要な知識があり、そのための講習会もおこなわれますが、


一度も参加したことのない医師は大勢おります。


これは驚愕の事実です。


100人の医師がいたら100人全員が抗ガン剤治療に精通しているとは
思わないことが賢明です。


必ず治るという希望が持てないまま、
苦しい闘病生活を耐えに耐えて完治される方もいらっしゃいます。



しかし、その一方で、治療のかいなく担当医からさじを投げられてしまう方

どれだけ多いことか・・・


そうした絶望感に苛まれた患者さんが、まさに藁をもつかむ心境で訪れるのが

私のところです。



どなたも最初は半信半疑で始められます。

しかし、いやいやながらでも続けていくうちに、

ご本人でも信じられないくらい良くなるケースが多々あるのです。


そうなるとご本人の目の色も違ってきます。


生きる勇気が宿り始めたとでも言ったらよいでしょうか、
お顔にも生気が感じとれるようになり、とにかくここまで来たらもう成功したも同然、
後は完治へ向かって私の食事法をただただ続けるだけです。



私の診てきた患者さんにはステージ4の方、余命1年と告知された方など、

重度の患者さんがたくさんいらっしゃいます。


決して望みを捨てることなくまじめに取り組んだ方々は、

見事に死の淵から生還なさいました。



現代医療の限界によって見捨てられた末期ガンの方でもまだ間に合う可能性がある、それがメディカル・イーティングなのです。



→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:https://yaplog.jp/medicaleating/archive/29
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:井上俊彦
読者になる
初めまして、私は井上俊彦と申します。
名前くらいはご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は現在、さまざまな難病で苦しむ患者さんからの依頼を受け、
メディカル・イーティングという食事療法によって元の健康な身体に戻っていただくためのお手伝いをしております。

メディカル・イーティングは長年の研究によって構築した食事療法であり、胃ガン、肺ガン、肝臓ガンをはじめとするガン全種、
糖尿病、C型・B型肝炎、エイズなどの感染症、さらに白内障、膠原病、脳梗塞・動脈硬化といった循環器系疾患まで、
私が指導する病状別の食事法を続けるだけで
ほとんどの方を改善へと導いております。