無理なく続けられる食事療法

Q4 食べ物の好き嫌いがあっても続けられますか?


まず好き嫌いのうちの、好物についてですが、どなたにも好んで食べる食物はあるかとおもいます。しかし、本書の中で説いている「食べてはいけない食べ物」の中に、あなたの好物がリストアップされている可能性はあるでしょう。



これについては、治癒するまでしばらく辛抱していただくしかありません。
ガンという大敵に勝利するためです。きっとできるはずです。

また嫌いな食べ物については、あまり極端に多い人でなければ
実践できますし、嫌いなものは食べなくても、他の食べ物で補う
こともできますので問題ありません。




Q5 ガンが2か所以上ある場合は、どんな食事法になりますか?


転移する前に発症した部位のガンに合せた食事法を実践していただくことになります。たとえば胃ガンを発症した後、他の部位に転移された場合であれば、本書における胃ガンの項目に記された食事法を実行していただきます。



基本的に、胃ガンであっても肺ガン・肝臓ガン等であっても、メディカル・
イーティングにおける食事法の基本は同一の部分が多く占めているため、
治る時は両方とも一緒に治ります。

ちなみに、ガン以外の病の場合もほとんど一緒に治癒する
ケースが多いのがメディカル・イーティングの特長です。




Q6 この食事療法で治癒した後も、一生続けないといけませんか?


そんなことはありません。治癒された後なら他の食事も適度になさってかまいません。ちなみに私の患者さんは、この食事法を続けていると食生活の好みも一変することが多く、健康な身体に戻った後も続けられている方が大勢いらっしゃいます。



特殊な食べ物や食べづらいものをたくさん食べないといけないという食事法
ではないため、それだけ無理なく続けられる食事法と言えるでしょう。
ただし、治癒されてもガンになられる前の食生活にすっかり戻って
しまうと再発の可能性が出てきますので、そこは注意したいところ
です。




→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:https://yaplog.jp/medicaleating/archive/26
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:井上俊彦
読者になる
初めまして、私は井上俊彦と申します。
名前くらいはご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は現在、さまざまな難病で苦しむ患者さんからの依頼を受け、
メディカル・イーティングという食事療法によって元の健康な身体に戻っていただくためのお手伝いをしております。

メディカル・イーティングは長年の研究によって構築した食事療法であり、胃ガン、肺ガン、肝臓ガンをはじめとするガン全種、
糖尿病、C型・B型肝炎、エイズなどの感染症、さらに白内障、膠原病、脳梗塞・動脈硬化といった循環器系疾患まで、
私が指導する病状別の食事法を続けるだけで
ほとんどの方を改善へと導いております。