手術や抗がん剤の投与をしない治療法




さて、当サイトではメディカル・イーティングとはどのような食事療法なのかをご説明してきました。


また、教材の他にどんなサービスがあるのか、費用はどのくらいなのか、返金保証とはどういうものかなど、出来る限り分かりやすくお伝えしたつもりです。


しかし、西洋医学に慣れ親しんだ現代社会、特に日本においては、こういった話をすると、

きっと首をかしげる人が多いでしょう。こればかりは仕方のないことです。


ただ、そういった方にも分かりやすくお伝えできるとすれば、生物には自然治癒の能力があり、

それは「誰でも必ず経験していること」だということです。


たとえば、道で転んで擦り傷を作ったとします。放っておけば、やがてかさぶたになり、


その後ケガは治ります。ただし、体力が著しく低下している場合、つまり自然治癒能力が低下している場合は、この定かではありません。これは全ての病に言えることです。


もし、すべての病が自然治癒能力で治せるわけではないというのなら、
どの病気は自然治癒能力で治せて、どの病気は治せないのでしょうか?


科学で解明できたものと、そうでないものの違いなのですか?


そうではありませんよね。


あなたもご存知でしょうが、医師から見放された難病患者が病気を克服したという事例は世界中にたくさんあります。私の妻もその中の一人です。


つまり、科学で解明できていないだけで、どんな病気も自然治癒能力で治せる可能性があるということです。ここまではお分かりですか?



それともう一つ。私は、体に悪い食べ物は一切摂らず、逆に体に良い食べ物をだけ摂って、

健全な体を取り戻し、自然治癒能力を高めましょうとご提案しているに過ぎません。


そこで、あなたにお聞きします。これは悪いことですか?それとも良いことですか?


病気の進行を進めることですか?治る可能性が低下することですか?


人間は水や食べ物をエネルギーに変え、生命体を維持しています。「悪いものをたくさん食べれば、病気になる」これは誰でも知っていることです。ではその逆はどうでしょう?


私が言っていることは、「常識的」な人たちには理解しがたいことかもしれません。


当然、こういったサービスをしていれば大勢からのバッシングもあるでしょう。

そんなことは百も承知です。すべての方に理解してもらえるなんて最初から思っていません。


しかし、科学的に解明されたことが全てだというのなら、難病を患って余命を宣告された方は、

黙って死を待つしかないのでしょうか?ただただ副作用の強い薬に耐えるしかないのでしょうか?


もし、「そうだ」とおっしゃるならば、私には理解しかねます。私ならとてもそうは思えません。


たとえ、癌だとしても治る可能性はあるのです。


可能性があるのなら、それにチャレンジすることは間違っていないのです。

私はどんなにバッシングを受けたとしても、この考え方だけは変えるつもりはありません。



→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:https://yaplog.jp/medicaleating/archive/14
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:井上俊彦
読者になる
初めまして、私は井上俊彦と申します。
名前くらいはご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は現在、さまざまな難病で苦しむ患者さんからの依頼を受け、
メディカル・イーティングという食事療法によって元の健康な身体に戻っていただくためのお手伝いをしております。

メディカル・イーティングは長年の研究によって構築した食事療法であり、胃ガン、肺ガン、肝臓ガンをはじめとするガン全種、
糖尿病、C型・B型肝炎、エイズなどの感染症、さらに白内障、膠原病、脳梗塞・動脈硬化といった循環器系疾患まで、
私が指導する病状別の食事法を続けるだけで
ほとんどの方を改善へと導いております。