Good bye NYC

November 06 [Sun], 2005, 5:49
連日の暴飲暴食で最終日はお昼近くまで寝てました。 夜11時のフライト
だったので、夕方まではのんびりしようと思っていたけど、プランは異なり
ハーレムでソウルフードを食べるという貴重な体験。 ハーレムは
もちろん始めてて怖いと聞いていたけど、想像してた程は危険を感じ
なかった。 レストランは午後3時だというのに満席に近いくらい混んで
いて、どうやらほとんどが観光客。 ガイドブックにも紹介されている
らしい。 ソウルフードと聞いてイメージするのは『ボリュームのある料理』
正確には「ソウルフード」というのは、黒人家庭で作られる伝統的な南部
料理のこと。料理の味は祖母から母親へ、母親からその娘へと受け継が
れて行くらしい。 久しぶりにマカロニチーズも食べちゃいました。 
やはりの大量料理は半分くらいお持ち帰りしてお家でDinnerの準備を
している友人へのお土産になるつもりが、帰りの地下鉄でホームレスの
夕飯へとなってしまった。 地下鉄のなかで必死に 『仕事がないので
食べ物や、小銭を下さい』と必死に訴えているので食べ物をあげると
たいして感謝もせずに去ってしまったホームレス。 小銭を集めてドラッグ
買うのがやっぱり目当てだったのだろうか?



ちょうど日曜日はNYマラソンで交通整備があちこちでされていた。
帰宅途中セントラルパークを通った時はまだ最終ランナーが走っていた。
マラソンが苦手な私には理解できませんが、セントラルパークの紅葉は
とても感動、また写真をパチパチ撮る私は笑われましたが。



アパートへ戻ると友達がDinnerの準備をして迎えてくれた。 最後の
最後まで至れりつくせりで、今回は充実したNY旅行になりました。
ローストビーフと韓国家庭料理でおもてなししてもらい、最後の晩餐。

帰りのフライトはAF、機内アナウンスは英仏で行われましたが、英語版は
ほとんど省かれていて、そんなに短くっていいの?と思うくらい短い。
私の周りは英語圏の人ばかりだったので、彼等は気の毒でした。
言葉が理解できなくでもフランス語のアナウンスは長く、英語がとても
短いと誰でも省略されてる事はわかると思いますがね。 
  • URL:https://yaplog.jp/mayugarita/archive/141
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。