ハイハットは右?左?

August 30 [Sun], 2015, 14:24
レコーディングエンジニアのO氏と、ドラムのパンニングの話になった。
パンニングとはレコーディングした各楽器の音を
ステレオの左右に配置することで、
例えばボーカル、ギターが2本、ベース、ドラムという編成の場合、
一般的には大雑把に言うとギターをそれぞれ左右に置いて、
ボーカル・ベース・ドラムは真ん中、といった感じである。
ただこのケースでもドラムは各パーツ
(ハイハット、スネア、バスドラム、タム、フロアタム、シンバル類)
の配置を細かく決めていくことになる。

参考画像。ドラムセットをこのように
客側から見た感じに音をステレオで配置していくと、
左→フロアタム・ライド→タム→バスドラ・スネア→ハイハット→右
となる。
逆にドラムを演奏する側からの配置にすると左右逆に、
つまりハイハットが左から、ライドが右から聞こえることになる。

僕の感覚では右にハイハットの、
客から見た・聞いた感じのパンニングが一般的だと思っていた。
しかし前述のO氏はミュージシャン側からの要望が特になければ
ハイハットが左のパンニングでミックス作業を行うそう
(ただしライブ盤は逆、ハイハットが右とのこと)。
彼自身がドラム経験者というのも一因かもしれない。

それから僕の持参していたiPodで
色々な音源を聴いてみたが、まあ様々である。
ハイハットが左のものもあれば右のものもあるし、
スネアやバスドラと同じくど真ん中という男らしいパンニングもあった。
あくまで聴いてみた印象だが、
音数の多いポップスは客側から見た配置(右にハイハット)、
バンドとしての生演奏がウリのロックバンドは演奏者側の配置
(左にハイハット)、という感じがした。

結局正解というか標準は右左のこっち、というのはないようで、
でも非常に面白いなあと思った。
今後しばらくは音楽を聞きながらドラムのパンニングに意識が行きそう。
  • URL:https://yaplog.jp/mayonakabodo/archive/2089
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ん〜、悩むゴリね〜。
右がいいゴリね!
August 30 [Sun], 2015, 15:43
2015年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ニシムラダイスケ
読者になる
宮崎県都城市出身。
BLUE SUGAR SPIRITSのギター。
最新コメント
アイコン画像てるり
» 挽きたての黒いヤツ (2019年03月20日)
アイコン画像粗品なタカシ
» 帰省 (2018年08月06日)
アイコン画像masumi matsuzaki
» シャロン入院す (2016年10月13日)
アイコン画像名無し
» BLUE SUGAR SPIRITS at SHUFFLE (2016年09月15日)
アイコン画像英貴
» 奥井亜紀 at O-SITE (2016年06月06日)
アイコン画像のらさん
» 使い処を逸した写真たち 2016皐月 (2016年05月17日)
アイコン画像びっくちゃん
» ハイハットは右?左? (2015年08月30日)
アイコン画像ねるおふ
» ガンダム、Z、ZZ、逆襲のシャア (2015年06月17日)
アイコン画像だいすke@MiVK
» 夕暮れのジュリエット at BOOGIE STOCK (2014年07月28日)
アイコン画像ミウ
» 夢うらら at BURROW (2014年07月08日)
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/mayonakabodo/index1_0.rdf