まほろ駅前狂騒曲、宇宙の匂い

July 28 [Sun], 2019, 10:01
最近読んだ本について。

三浦しをん著「まほろ駅前狂騒曲」。
便利屋を営む多田と、居候の行天の二人が
色んな騒動に巻き込まれていく様を、
まほろ市の個性的な人々を絡めて描く「まほろシリーズ」完結編。
既に映画化されたものを観ていたので
あらすじは知っていたが、
活字だとまた違った味わいがある。
特に多田のモノローグや仰天の何気ない一言が
胸に迫るのは活字ならではだと思う。
映画化が失敗とは言わないが、
僕はこちらの原作の方に軍配を上げたい。

混迷の現代、先行きの見えない状態で、
投げやりになりたくなる時だってあるけれど、
我々はどうにかこうにか生きていくし、
たとえ命が尽きてしまっても
誰かがその人のことを覚えていて、
かけらみたいなものが受け継がれていくのではないか。
シリーズの最後に相応しい大団円で、
希望を見出せる一冊だと思う。
あと個人的にはやっぱり僕はバディ物が好きだなあと思った。浅井健一著「宇宙の匂い」。
1991年のデビューから様々なバンドやソロで音楽活動を続ける
ベンジーこと浅井健一の、これまで発表してきた歌詞や
書き下ろしの物語、イラスト、そして日記がまとめられた一冊。

BLANKEY JET CITYからSHERBETS、
AJICOにJUDE、PONTIACS、そしてソロと、
形を変えながら一時も活動を止めないベンジー。
これまでリリースされた楽曲は膨大な数になるので
さすがに全曲歌詞やタイトルを覚えているわけではないが、
それでも歌詞を読んでいると
どこかで必ずフックとなる一節が出てきて、
「あ、この曲はあれか」と脳内で再生が始まる。
歌詞に添えられたイラストも味わいがあって楽しい。

ベンジーの日記、というのもレアだが、「あ、そうだったんだ」
とここで初めて知ったプライベートもあった。
ライブで緊張した、だとか声が裏返ってしまった、だとか
「ベンジーもそういうこと気にするんだ」
という新たな発見があって楽しい。

これまで彼が生み出してきた数々の作品は
暴力的なものからコミカルなもの、
静謐なものまで非常にふり幅があって多彩だが、
でも最終的には前向きというか、
希望を信じたい、という思いに帰結するんだと思う。
ベンジーの世界観を思う存分活字で味わえる良著。

アベフトシ、役所、久々モザイク

July 26 [Fri], 2019, 18:30
先日7月22日はギタリスト・アベフトシの命日。
亡くなってちょうど10年が経った。
もう10年経ったのか、と何だか不思議な気持ち。
もし生きていたら何をしていたのかな、と少し考えてみるけれど、
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT解散後は
そこまで精力的に活動していたわけではないので、
2019年のアベフトシがあまり上手くイメージできない。

で、その7月22日にアベフトシのムック本が復刻された。
既に初版(2010年発売)で持っていはいるのだが、
モノクロだったページがカラーになっていたり、
200円安くなっていたり、ということで(?)買ってしまった。
写真左が初版、右が復刻版。
久々に読んだが、アベ本人のインタビュー、
バンドのメンバーやゆかりのあるギタリストたちからのコメント、
色んな写真や機材紹介、ディスコグラフィー、
そして代表曲の楽譜と読み応えがある。
改めて、僕はこの人のせいで
こんなバンドマンになってしまったんだなあと実感した。

最近は何だか役所に出掛ける機会が多い。
バンドマンという無頼の輩を気取りながらも、
役所には行くし税金も納める。
もう十分にいい歳なのだが、
政治とか社会の仕組みとか、分かっていないことが多い。
もっとちゃんとした大人になりたい。

昨夜は久々に下北沢モザイクへ。
ちょうどVELONICAL MODEが始まる頃に到着。
新曲が凄く良かった。
Vo.ミミさんが歌うのではなく「語る」スタイルの楽曲は
今まで彼らにありそうでなかった曲なのでとても良いと思う。
続いてのもりきこ、さすがのハーモニー。
安心して観ていられる。
でも安定感だけでなく、ちゃんと毎回その時にしかできない
「ライブ」をやっているから素晴らしい。

そしてトリ、イベント主催のタキザワユキヒト。
彼のライブを観るのは昨年のO-WESTワンマン以来で、
あの時はステージにタキザワ君一人きりだったが、
今回はキーボーディストと二人。
これまでより一層同期と生演奏の親和性が高くなっていて、
聴き応えがあったし面白かった。
色々と刺激をもらえた良い夜だった。

使い処を逸した写真たち 2019年6月7月

July 23 [Tue], 2019, 12:01
溜まった写真で1ブログ。

6月末は何かとバタバタしていてブログに書けていなかったが、実は行ってました、OKAMOTO'Sの武道館。
彼らのライブを生で観るのはこれが初めて。
曲によっては同期を鳴らしつつ、
基本メンバー4人だけのステージというのが潔くて良い。
Gt.オカモトコウキが複数の曲で
ピアノを弾いたりリードボーカルを務めたりと
やたらフューチャーされていたのが少し気になったくらいで、
全体的には凄く良いライブだった
ハマ・オカモトの話術もさすが。
最新アルバム「BOY」の良さが改めて分かるライブだった。

意外だったのがファンの感じで、
僕は勝手に玄人好みのバンドだと思っていたのだが、
周りの客席からは「かっこいい…」「カワイイ!」みたいな、
割と黄色い歓声も上がっていたのが印象的だった。メンバー直筆サイン入りチケット(先行予約特典)と、
終演後に会場で配られたOKAMOTO'Sオリジナル「QTTA」。
そういえばまだ食べてないな。

OKAMOTO'Sの翌日はPARADE PARADEのライブを観に代官山へ。
活動休止を決めた彼らの都内ラストライブ。
たくさんの人が詰めかけて、彼らの節目を見届けた。
キラキラして楽しくてちょっと切ない、良いライブだった。その後立ち寄った居酒屋のポテトサラダ。
ポテサラ王子なんでね。

7月頭にブルシュガで名古屋遠征。
往路、浜松SAと僕とコーヒー。こちらはライブ前、鑪ら場の近くのカフェで飲んだコーヒー。
サービスでクッキーがついてきたのが嬉しかった。

復路、海老名SAと僕とコーヒー。

本コーナー恒例、猫の寝姿。最近は専らこの緑の箱の上が常宿。方向も自由自在。
でも飼い主が床に就いて目を覚ますと近くにいる、こともある。

内田まぁくんソロワンマン at Sunny Spot

July 21 [Sun], 2019, 16:06
昨日は内田まぁくんのワンマンライブだった。
今年3月以来2回目となるソロワンマン、
会場は前回と同じく池袋のライブバー・サニースポット。

ステージリハ後、二人でモスバーガーへ。
この日7月20日は「ハンバーガーの日」だと小耳にはさんでいたので、ちょうどいいやとスパイシーカレーモスバーガーを食べた。
(後から調べたところ1971年の7月20日、
東京・銀座の三越デパート1階に
マクドナルドの日本1号店が開店したことに由来するそう)

そうこうするうちに19時、ゆるゆるとライブスタート。

セットリスト
1.泪がこぼれたら
2.ノスタ
3.渡り鳥
4.悲しい旅人
5.家族ゲーム
6.もしもし
7.シープ
8.何回
9.secret base 〜君がくれたもの〜(カバー:ZONE)
10.ぽろり(セルフカバー:東京ハテナバナナ)
11.追憶のマーメイド(カバー:THE YELLOW MONKEY)
12.キリギリス
13.かくれんぼ
14.痛いの痛いの飛んでいけ
15.コーヒーと五線譜
En.神や幸せの所在地

今回新たに投入した機材、One ControlというメーカーのGranith Grey Booster。
BOSS以外のエフェクターを買ったのは随分久しぶり。
クリーンブースターという代物で、
オーバードライブやディストーションと違って
音を歪ませることなく、クリーンなまま音量だけ上げる機能を持つ。
バッキングをループさせてギターソロを弾く時に、
ソロが埋もれてしまわないようにするために使った。
初めて使ったので最初のうちは操作に手間取ったが
(ギターを弾きつつルーパー起動、すぐにブースターを踏んでソロ、
ソロが終わったらブースターとルーパーを解除、という手順)、
本番中に大分慣れることができたので良かった。

今回も既存曲にカバーに提供曲のセルフカバー、
夢うららの楽曲と、幅広い選曲でお楽しみ頂けたと思う。
そしてまぁくんと僕による、着地の見えないおしゃべり。
本編の真ん中に休憩を挟んだのだが、
後半開始後30分経ったのにまだ3曲しかやっていない、
ということにおしゃべりしながら気付く。
まあこれもソロワンマンならでは、ということで。
この日リリースとなった
3曲入りアコースティックCDもたくさん売れて何より。
ご来場の皆さん、ありがとうございました。

ちなみにこの日の衣装のコンセプトは「好きなバンドT」。まぁくんはTHE YELLOW MONKEY、
僕はTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTでした。

お客さんには楽しんでもらえたようだし、
何より僕とまぁくんがこのイベントを楽しんでいるので、
またやると思います。乞うご期待。

内田まぁくんソロCD「あっちこっち」2019.7.20リリース
収録曲「痛いの痛いの飛んでいけ」「キリギリス」「かくれんぼ」
¥1500

内田まぁくん 夢うらら Website
https://yumeurara.themedia.jp/

内田まぁくん at RHAPSODY

July 20 [Sat], 2019, 11:30
18日木曜日、内田まぁくんのライブでギターを弾いた。
下北沢ラプソディーにて開催された栄二郎さんのイベント
「栄二郎の秘密基地」に前座として出演。

5月に出演した時と同じく、栄二郎さんTシャツを身にまとい
「栄二郎s」としてステージに上がる。

セットリスト
1.泪がこぼれたら
2.ノスタ
3.痛いの痛いの飛んでいけ
4.家族ゲーム
5.悲しい旅人

個人的に栄二郎さんのイベントに出るのはこれで2回目だが、
なぜか前回よりも緊張した。
栄二郎さんの登場を今か今かと待ち構えるお客さんの前で演奏する、
というのがどういうことか、前回身をもって知ったからかもしれない。
でも緊張と同時に楽しくもある。
割と急に決まったライブだったので不安がないわけではなかったが、
まぁくんともそこそこ長くやっているので、
これまで積み重ねてきたものが出せたと思う。
相棒のGibson J-45も良い音で鳴ってくれた。
会場の皆さん、ありがとうございました。

栄二郎さんは相変わらずのボーカル力、
初めて一緒に演奏するという
まさたかさんのアコギも軽々と乗りこなす。
加えて今回は少しお酒も入ってハッピーな時間だった。

終演後、中打ち。
栄二郎さんから色々とためになる話を聞けて有意義な時間だった。

その後うっかり終電を逃した僕にまぁくんが付き合ってくれて、
朝まで飲んだのであった。

さあ日付変わって本日、いよいよ内田まぁくんソロワンマン。

■2019.7.20(土)池袋Sunny Spot
内田まぁくんソロワンマン
「口約束でも信じてる〜令和初めての夏〜」OPEN 18:30 / START 19:00
¥3500(1D込み)

内田まぁくん&大輔によるアコースティック編成。

内田まぁくん 夢うらら Website
https://yumeurara.themedia.jp/
2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ニシムラダイスケ
読者になる
宮崎県都城市出身。
BLUE SUGAR SPIRITSのギター。
最新コメント
アイコン画像てるり
» 挽きたての黒いヤツ (2019年03月20日)
アイコン画像粗品なタカシ
» 帰省 (2018年08月06日)
アイコン画像masumi matsuzaki
» シャロン入院す (2016年10月13日)
アイコン画像名無し
» BLUE SUGAR SPIRITS at SHUFFLE (2016年09月15日)
アイコン画像英貴
» 奥井亜紀 at O-SITE (2016年06月06日)
アイコン画像のらさん
» 使い処を逸した写真たち 2016皐月 (2016年05月17日)
アイコン画像びっくちゃん
» ハイハットは右?左? (2015年08月30日)
アイコン画像ねるおふ
» ガンダム、Z、ZZ、逆襲のシャア (2015年06月17日)
アイコン画像だいすke@MiVK
» 夕暮れのジュリエット at BOOGIE STOCK (2014年07月28日)
アイコン画像ミウ
» 夢うらら at BURROW (2014年07月08日)
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/mayonakabodo/index1_0.rdf