よく声をかけられた日2/2

2007年08月30日(木) 17時40分
最近は選挙とかに出るものだから、私の周りの人なんか、
彼のことを「老害」とまで言ってたけれど、
やっぱ黒川紀章が設計した新国立美術館。
スケールでかいのに上品やわ。優雅でやさしい。

歩き進むとともに風景が変わっていくのは当然として、
通路から吹き抜け部分を見下ろせるようになってるんだけど、
その柵は、円柱の列柱から少し離してガラスなんですよね。
そこに木の手すりがついてる。
まあ、だから何?って感じだとは思いますけど。


外壁南のウェーブしたガラスの内側には、
キャットウォークみたいなのがずーっとついてるんだけど、
なんのためかな? メンテナンスのためだけじゃないと
思うけど、ところどころに照明がついていて、
この照明の使い方で表情が相当に変わりそうだなあ。
夜に来ると、また違った顔が見られそう。


コンクリートの打ちっぱなしと言えば、安藤忠雄ですが、
その安藤さんの作品、松山の坂雲ミュージアムは、
コンクリートがね、ちょっと汚いイメージなんですよね。
新国立美術館のコンクリートは、なんで美しく見えるんだろう?
大きくて少し離れて見えるからかもとも思ったけど、
近くで見た円柱もあらが目立たない気がします。
やっぱり部分的に使ってるからかなあ。


食事は地下のセルフ方式のところでとったんだけど、
席がないから相席。そしたら、その2人連れのおばあさん。
私に「二人分ひとりで持ってこれるかしらねえ」って。
私に相談されてもなあ。
ちゃんと「持ってこれると思います」ってお返事しましたけどね。
そのおばあさんたちは、別の席が空いたので、
そちらに移られたのですが、
そしたら、また別のおじいさんが相席に。
で、今度は「この(ドリンクのカップの)蓋どうやってあけるの?」
もちろん、あけてあげましたけどね。
さらに、ミュージアムショップを歩いてると、
「千代田線はどちらへ行ったらいいのかしら?」って。

ひとりでいると、声をかけやすいのかしらん?

あっそうそう、一人といえばですね、館内のライブラリーにいたときのこと。
一人でいたら他にしゃべる人がいないので、
人の話が耳に入ってきちゃいます。
というか、ライブラリーだから基本しゃべっちゃダメだけどね。

雑誌も閲覧できるので、向かいの中学生くらいの子たちが、
TOKYO WAKERのHEROの木村くんインタビューを
読んでて一言「松たか子って誰?」

「なんで、知らないんだよ〜」ってにらもうかと思った。嘘です。
(本格派の天性の女優です。音楽もやってます。)って、
教えてあげようかと思ったけれど、
そんな怪しいことはしませんでした。
仕方がないよなあ、去年はドラマで「役者魂!」に出たと言っても、
まったく話題にならなかったし、たまにしかテレビでないもんね。
夏休みの今、HEROの再放送もやってるけど、見てないんだろうな。

そういえば、この2日間、実は毎日HEROの再放送を見てます。
偶然ですがやってるのに見ないわけにはいかない。明日が最終回かな?

そろそろ、また劇場に行く準備しないといけないので、続きはまた今度。
  • URL:https://yaplog.jp/mattake666/archive/256
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mattake666
読者になる
https://yaplog.jp/mattake666/index1_0.rdf