大津いじめ事件パート1221  千人の乗客を乗せた新幹線「のぞみ34号」(N700系、16両編成)の台車に亀裂があり脱線必至だった問題。11人いた乗務員や保守担当ら関係者全員が音やにおいなどの異常を認識。保安担当が司令員に運転停止、点検を提案したが、司令員は別の司令員への報告のため受話器を外していて聞いていなかった。何もかもお粗末、無責任。『別の司令員』(上司?)はどう考えたのか?  

December 28 [Thu], 2017, 8:46


博多発東京行きの新幹線「のぞみ34号」(N700系、16両編成)の台車に亀裂が見つかった問題で、JR西日本は27日、来島(きじま)達夫社長らが会見を開き、車内に11人いた乗務員や保守担当ら関係者全員が音やにおいなどの異常を認識していたことを明らかにした。運行停止を決めることができる東京の指令員との間で認識のずれが生じ、電話での報告の聞き漏らしもあり、運行を停止させる判断ができなかったという。
JR西はこの日、多くの異常を感じながら運行したことについて、関係者への聞き取り調査の結果や電話の録音をもとに経緯を説明。運行時に気づいたトラブルは計30件に上ったが、これまでJR西では音やにおいなど複合的なトラブルに対処するルールはなく、点検実施や運行停止に関し、指令員と保守担当が互いに判断を譲り合い、運行を継続していた
最初に異常が分かったのは、11日午後1時33分に博多駅を出発した直後。亀裂が見つかった13号車付近で車掌が感じた甲高い異音だった。その後も異音や異臭は断続的に続き、岡山駅で乗り込んだ保守担当が13号車の洗面所付近で床下から伝わる振動を確認。車内販売員も天井と床下から「うるさく感じるくらい大きな音」を聞いた。
しかし、運行に携わった関係者は自ら運行停止の判断をせず、指令員は「点検の必要があるなら保守担当が明確に伝えてくると認識していた」、保守担当は「指令員がどこで点検するか、調整してくれる」と受け止めていた。
保守担当が指令員に電話で新大阪駅で床下の点検をするよう提案した際、指令員は別の指令員から状況報告を求められ、その間に受話器を耳から外していたため、内容を聞いていなかったという一幕も明らかになった。(朝日)

●大きな危険が「認識のずれ」によって放置されていた−。JR西日本の発表に、2005年の尼崎JR脱線事故の遺族からは憤りの声が相次いだ。
「JR西は『安全だ』と言い続けてきたが、それがゼロに戻った。遺族が苦しんできた12年は何だったのか」。脱線事故で夫の浩志さん=当時(45)=を亡くした兵庫県宝塚市の原口佳代さん(57)は声を落とした。
事故後に入社した社員の割合が増え「教訓が引き継がれていないのでは」という不安はあった。それが今回、形になって表れた。認識のずれについても「現場で意見を言いにくい風土がまだ残っているのではないか」とさえ思えてくる。
きちんと連絡が取り合えないなんて、あきれるしかない」というのは、長女早織さん=当時(23)=を失った神戸市北区の大森重美さん(69)。企業の刑事責任を問う法律の制定が重大事故の抑止につながると考え「組織罰を実現する会」代表として活動する。
12年前に取り返しのつかない事故を起こしておきながら、人の命を運んでいる意識がここまで薄れるなんて信じられない」と話した。(金 慶順、小川 晶)(神戸新聞)

戦争は・・・原爆は・・・・。


(第9277回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/9731
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新記事
最新コメント
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf