大津いじめ事件パート1059 茨城県取手市でも市立中3年の女子生徒が自殺。遺族の要望を受け市教育委はアンケート実施も自殺の事実を伝えずに行った結果、いじめの事実はないとの結論を出し公表。ここにも変な教育委員会がいたということ。同じ常磐線沿線の松戸市でも生徒の自殺事件があり第三者委員会で調査しているはずだが、その結果はどうなったか・・・。  

July 30 [Sun], 2017, 9:45


茨城県取手市で2015年11月、市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)が自殺した問題で、同市教委が自殺の直後、生徒や保護者らに自殺と伝えない方針を決めていたことが分かった。
両親は死亡の5日後にいじめが原因と疑い調査を求めたが、市教委は自殺と伝えないまま生徒へのアンケートなどを実施。「いじめは無かった」と結論づけていた
毎日新聞の情報公開請求に市教委が開示した学校の緊急報告書などから判明した。菜保子さんは11月10日に自宅で自殺を図り、翌11日に死亡。学校が同日、市教委に提出した緊急報告書には「自殺を図り救急車で運ばれた」と書かれていた。ところが市教委は同日夜の臨時会合で、生徒らには自殺の事実を伝えない方針を決定。校長も12日の全校集会で「思いがけない突然の死」と説明し、その後の学校の報告書などでも「死亡事故」と表記した。生徒の自殺があった場合に開催する臨時保護者会も開かれず、自殺は対外的に伏せられた。
両親の要望を受けた学校は15年12月、菜保子さんには触れずに全校アンケートを実施。市教委は3年生にヒアリングをした際、菜保子さんに触れたが、自殺とは明かしていなかった。
市教委は16年3月、アンケート結果を基に自殺は「いじめによる重大事態に該当しない」と議決。直後に記者会見を開き、自殺があったと明らかにした。市教委は事実関係を認めた上で「遺族の意向と受験を控えた生徒らへの影響を考えた当時の判断は適切だった」と回答した。(毎日)

◎今回は私たちメディアの問題です。自分のよりどころとしてきた価値判断、記事の切り口、文章表現が、社会とずれてきたのではないかと悩み始めた記者たちが提案しました。朝日新聞デジタルのアンケートに寄せられた声を紹介し、朝日新聞がつまずきながら取り組んでいることについて、取り組みに携わった校閲記者が報告します。
■ステレオタイプ再生産
メディアのジェンダー表現のここがおかしい、という指摘です
●「番組で、しばしば流行のグルメやアイテムを紹介するものがある。そこでよく『女性はこういうの好きですよね』『女子にはたまらない』といった、嗜好(しこう)を性別で限定する発言を平気で出演者たちがしているのがとても気になる
味覚や趣味に性差がないとまでは言わないが、メディアで過剰にこのような表現をするのは、それに当てはまらない『女性』や、あてはまる『男性』を『異端』と見なすように感じてならない。特に、多感な思春期の子供たちにとって、メディアのこのような表現が、偏ったジェンダー意識、排除の意識を作るきっかけにもなりかねないと危惧している」(東京都・20代女性)

●「4月から広告会社で働いています。自社でも、安易に露出の激しいもえキャラや、若く美しい女性の容姿を強調した広告があります。会議の中でも悪気なく『男脳、女脳的には〜が正しい』『女の子向けだからピンク』というような発言を聞く機会が多いです。新人ですし、きっといちいち意見していると『ヒステリックな男嫌いのフェミニスト』と思われてしまうので、内心引っかかっても言えないでいます」(東京都・20代女性)

●「『男子あるある』や『女子あるある』のつもりで描いているシーンは、そのことを再生産して社会に刷り込むことにつながっていると思う。例えば『忙しくて時間がない、働くママを応援!』なども、家事は女性の分担という暗黙の共通理解を発信し、再生産している」(神奈川県・30代女性)

●「私は自治体のPRで女性の性的特徴を強調した表現が多く使われているのがとても不愉快です。関わらないことのできる個人や民間企業ならまだしも、私たちの生活と密着していて権力もある行政組織からそのような視線を感じるのは、気持ちが悪いし生きづらいです。公の立場なら、自分たちの表現が社会的に強いメッセージを持つことを自覚して、嫌な思いをする人が少ないよう配慮してほしいです。SNSの普及で公と私、団体と個人の表現が同等に並ぶようになり、自治体PRに限らず、公の立場であることをわきまえられていない表現は増えている気がします」(大阪府・20代女性)

●「電車の中づり広告で、下着まがいの姿で若い女性の写真が大きく出ているのは先進国の中で日本だけである。その異様な光景に、私たち日本人は慣れすぎていて、非常に怖い。また、テレビでも若い女性タレントが『へぇ〜知りませんでした!』というようなコメントをするために、司会やコメンテーターに抜擢(ばってき)されているのも違和感を感じる。若い女性=未熟=無能→男性が教えてあげる立場、というイメージを無意識のうちに刷り込んでいるように思う」(東京都・30代女性)

●「女性の容姿に関するランク付けや、容姿端麗でない人に対する暴言を容認しているメディアが目に付く。『ブス』などの表現がバラエティーや笑いのネタになること自体が女性蔑視であるにもかかわらず、それを良しとしている風潮が理解できない。トランプ大統領が女性の容姿について発言しセクハラだと騒動になっているニュースを取り上げているにもかかわらず、バラエティーでのセクハラは別物という認識なのか?甚だ不思議で理解できない」(神奈川県・30代女性)

●「女性ならではの観点、見方といった表現に違和感があります。ある考え方に至ったのには人それぞれの経緯があり、それが個性だと思います。それを女性だから、という理由で回収してしまうのは安易ではないか」(埼玉県・20代女性)
     ◇
〈ジェンダー〉 身体の特徴など生来の性別の違いではなく、社会的、文化的につくられた性差のこと。「男は仕事、女は家事育児」といった「男はこうあるべきだ」「女はこうあるべきだ」とする性別による役割分担も含まれます。

■想像力、なさすぎでは
特に女性の描き方を巡り、CMなどの「炎上」が目立つようになってきたことについて。

●「ものによっては『それは言いがかりでは』と思うこともあります。何でもかんでも文句を言いたい人がいると思うので、そのせいで、正しい批判すらも『言いがかり、ヒステリー』みたいに思われている感じがして、そこが一番の懸念事項です。作り手も、『ただの言いがかり』と認識しているから炎上商法のように続々とそういう表現が出てくるのかな……と。それぞれの問題を個別に精査する目を、報道も、受け手も持った方が良いのではないでしょうか」(東京都・20代女性)

●「ステレオタイプを見直すきっかけになればよいが、実際には、批判を受ける側が居直って終わることが多いように思う。ある表現がなぜ他人には脅威や不快なものに感じられるのか、という反省にはつながらないためだろう。だとすると、メディアがどう取り上げるか次第で受け止め方も変わってくるのではないか」(東京都・40代男性)

●「炎上が続くのは、一般視聴者、とりわけ日常生活で性別にまつわる処遇に違和感をもっている女性たちがこれまで以上にメディアでの表現に敏感になったこと、その異議申し立てを可視化する手段がSNSによって身近になったことが影響していると思うが、そのような現状にあってなお、目を疑う無神経さを露呈したCMが作られ続けるのがなぜなのか、不思議でならない。単純に時代遅れの『おじさん』たちの論理が今も横行しているからなのか、現場に少数はいるはずの女性たちが過剰適応しているからか。いずれにしても、作り手の側に、様々な立場や経験を持つ人たちへの想像力がなさすぎる」(岡山県・50代女性)

●「『私作る人、僕食べる人』の何が悪い。日本人はかくあるべき、と言う意見を表明することは悪だというのなら、日本は思想統制のある国だったということなのか。賛否両論、いずれも尊重され、自由な発言や論議がなされるべきで、差別だ、偏見だ、良くないことだ、と決めつけて異なる意見を圧殺するようであれば、とても民主主義国家とは言えない。昨今の日本は、声高に叫ぶ一部の活動家により徐々に『思想統制』されつつあるのではないかと思う。一部の声高な活動家から何を言われようと、それに一喜一憂せず、自らの主張を堂々と貫けばよい。朝日新聞の読者では少数派かもしれないが、世間の物言わぬ多数派は支持していることを忘れるな」(京都府・30代男性)

●「ゲイの男性です。まずこのアンケートの選択項目自体、若干女性に偏っているのではないかと思いました。メディアに触れてよく感じることは、女尊男卑が加速しているということ。寝ている旦那さんの耳元に、奥さんがひどいことを言う殺虫剤のCMや、男は臭いと普通に言い放つ消臭スプレーのCM。これらはなかなか表立った問題にならないように感じますが、もし、女性がこう表現される立場であれば、炎上は免れませんよね。女尊男卑な昨今の風潮に不安を覚えます」(東京都・30代男性)

●「女性の立場からすると議論が起こること自体が前進だと思います」(埼玉県・30代女性)

■「押しつけ」避ける表現模索
ジェンダーにとらわれない、男女平等を促す表現はどのように作り出せるのか。多様な性について理解を深めるには。朝日新聞も、このことに悩んできました。
     ◇
 ▼国会議員を表すイラストが男性を連想させるネクタイ姿ばかり
 ▼画家に対して「女性ならではの細やかな観察眼」。女性だからではなく「その人ならでは」の作風なのでは

これらは、朝日新聞の社内向け「ジェンダーガイドブック」で考える対象となった事例です。過去の紙面のほか、議論の末に修正された記事・見出しを例示しながら、偏見や新たな差別を生むかもしれない表現について考える手引です。様々な部署から担当者が集まり今年、15年ぶりに改訂しました。私も担当した1人です。
きっかけは昨年、朝日新聞の記事が「人権侵害であるセクハラを『悪ふざけ』と捉え容認している」と批判を受けたことです。読者代表であるパブリックエディターからも、女性の人権をどう捉えているのか、記事の問題点について声をあげる人が編集現場にいなかったのかと厳しく問われました。人権を守る立場からも記事を点検する私たち校閲記者はもちろん、社員全員がいま一度、自分の意識を見直すことを迫られています。
ガイドブックで取り上げた事例の一つに、税制改正の課題として「ベビーシッター代の控除を認めるか」について書かれた記事があります。記者の原稿には控除の狙いについて「働く女性を後押しするため」とありました。女性を応援するという趣旨ですが、社内から疑問の声が上がりました。これでは「ベビーシッターを必要としているのは女性」だという前提に立っていることになり、読者に一方的な価値観を押しつけることにもつながる。子育てを担う男性が大勢いることを考慮しないのも不自然だ――というものです。検討の結果、「働きながらの子育てを後押しするため」と、男女を問わない書き方になりました。
改訂後のガイドブックには「これぐらいは問題ないんじゃないか」という人もいた表現もあります。ただ、自分が「これぐらい」と思っていても他の人には大きな痛みをもたらす表現かもしれない。その表現が、自分の性について悩みを抱える人を生きづらくさせることにつながるかもしれない。こういったことを常に念頭に置くのが大事だと考えています。模索しながらですが。
価値観は人によって異なります。固定観念に基づく記事や想像力を欠いた表現などによって、「この役割はこの性別のもの」などと押しつけるようになることは避けなければいけない。細心の注意を払いながら、これからも紙面の点検を続けていきます。(校閲センター 梶田育代)
     ◇
アンケート「ジェンダーとメディア」を8月2日まで、http://t.asahi.com/forum別ウインドウで開きますで実施中です。ご意見はasahi_forum@asahi.comメールするでも募集しています。(朝日)

(第8855回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/9295
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
すぐる さん、こんにちは。
ありがとうございます。

やはり・・・社会の大きなところで変わっていくのが重要なのでしょうね。
見えるところで・・・。

本来、民主主義の象徴のような国会でも、
その実態は性差別がもっとも顕著な場所のようですね。
そういう実態を放置しておいて
社会の細かいところで何かと論議しても大きく変わっていくのは難しい。

例えば・・・ですから
国会議員でも、男女が必ず半々で構成されるとか・・・ね。
各政党の候補者も男女が半々とか・・・。
憲法論議も、そういう点を議論してほしい。
政治が男目線であることが、
政治の発展を遅らせている要因である点も少ないないと思います。

そういう論議が深まっていけば
社会の隅々に、良い影響が広がっていきそうな気がします。
July 31 [Mon], 2017, 5:30
toru-mizusawa さん、こんにちは。
ありがとうございます。

要は・・・・男女の能力には差がないのですね。
差があるように見えたのは
一定の役割を押し付けてきたから
違いがあるように見えていただけです。

必要に応じて、状況に応じて
できる人が
その役割を果たせばいいのだろうと思います。

我が家も夫婦ともに高齢化してきて
お互いにより深くコミットして
役割を積極的に果たす必要が増しています。
様子をみて、これは私がした方がいいという細かい事が何かと増えてきています。

共助ということでしょう。
深い思いやりをもって生きていきたいと思いますね。
それは・・・地域社会でも互いに同じでしょう。
また・・・その方が楽しく生きていけそうです。
July 31 [Mon], 2017, 5:12
ありますね。「オトコ臭」とか言うCM。生理現象としての男性特有の体臭っていうのはあるかもしれないけど、言われてみれば差別的かなと思いました。じゃあ「女臭」っていう表現を使ったCMが作れるのか?って問いたい、女性に置き換えてみてどうかということも考えてCMを作ってほしいと思いました。
July 31 [Mon], 2017, 0:03
おじさんでも、私のように家事や育児をしてきた男性は、ちょっと
ひねくれた視点でジェンダー差別に敏感です。たとえば・・・・
スーパーの店内放送で「OKで買えば損をすることはないわ!と
お客様に言っていただけるために・・」という言葉があると、なんで
お客様の声は女性の言葉なんだよ。毎日の買い物をするのは女だと
決めつけてるんじゃないのか?男が晩のおかずの買い物するのは
おかしいのか?とひがんでしまったり。親子が出てくる幼児番組が
「おかあさんといっしょ」という名前だったりすると、おとうさんが
一緒じゃだめなのか?と思ったり。家事育児を主体になってする男は
つい最近まで、逆差別されて、女性からは奇異の視線を向けられたり
同性からは軽蔑のまなざしで見られたりして、不快な思いをしていた
のです。ジェンダーに特定の役割を押し付けられることの不快さは、
男の側からも感じています。
July 30 [Sun], 2017, 16:49
最新記事
最新コメント
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf