「暴走!原発をどうする」記録編その897 原発事故で避難地区になっている福島県川俣町山木地区。除染の検証委は、健康影響が懸念されるレベルにないと結論。6月の避難指示解除に道筋。だが・・・解除ありきの結論ではないのかという懸念は拭えない。 楢葉町に廃炉研究施設が完成。原発の稼動でも廃炉でも膨れ上がっていく機構・・・。 

March 31 [Thu], 2016, 6:33


あのゲートの向こう側には、5年前、浪江住民21000人が住んでいた

放射線防護の専門家でつくる川俣町山木屋地区除染等検証委員会(委員長・伊藤哲夫近畿大原子力研究所長)は29日、東京電力福島第一原発事故で避難区域となっている山木屋地区の住民帰還に向け、環境回復に継続して取り組むよう町に提言した。
提言は除染の成果などを検証した最終報告書に盛り込んだ。昨年7月の中間報告で挙げた放射線量マップの作成、里山の放射線対策などに加え、除染廃棄物の仮置き場整備、営農再開への農業基盤整備、放射線測定体制の充実を求めた。
一方で最終報告書は帰還後の住民の放射線被ばくについて、あらためて「健康影響が懸念されるレベルにない」と結論付けた。今年1月現在の同地区の空間線量率の最大値は毎時1.00マイクロシーベルト。1日の屋外滞在時間を6.5時間と推定した場合、平成28年の年間追加被ばく線量は3.1ミリシーベルトで、避難の基準となった20ミリシーベルトを下回った。
昨年7月24日から10月31日に同地区の農業者ら17人が個人線量計で測定した年間追加被ばく線量は最大5.6ミリシーベルトだった。
町役場で最終報告を受けた伊藤智樹副町長は「空間線量が毎時0.23マイクロシーベルトを超えている地域もある。住民の安心確保のため引き続き環境回復に努めたい」とした。山木屋地区は国が6月以降の避難指示解除を目指している。(福島民報)

●日本原子力研究開発機構(原子力機構)が東京電力福島第1原発の廃炉研究の拠点として福島県楢葉町に整備した「楢葉遠隔技術開発センター」の試験棟の完成式が30日、棟内で行われた。昨年10月に運用を始めた研究管理棟と合わせて全施設が完成した。4月に本格運用を始める。
式には約150人が出席。機構の児玉敏雄理事長は「廃炉の使命を全うするため、研究・開発の成果を出し発信する。各国の研究者が集まる世界的な拠点にしたい」と述べた。
高さ40メートルの試験棟は鉄骨平屋で床面積5300平方メートル。第1原発2号機原子炉格納容器下部の8分の1の範囲の実寸大模型、建屋内の模擬階段など四つの設備を配置した。
実寸大模型は幅20メートル、奥行きと高さ各18メートル。溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の取り出しに向け、圧力抑制室からの冷却水漏れを補修するため、止水剤を充填(じゅうてん)する工法などを試す。
模擬階段ではロボットの試験や開発に取り組む。水中ロボットの実証試験用として、炉内の水中環境を再現する水槽なども設けた。
運用を始めている研究管理棟には、原子炉建屋内の3次元映像で遠隔操作技術を訓練するバーチャルリアリティーシステムなどが導入されている。センターの総事業費は約100億円。(河北新報)

●「核なき世界」を目指す米オバマ政権の政策に協力して、茨城県東海村の研究施設から米国に搬送中の高濃縮ウランなどについて、受け入れ施設があるサウスカロライナ州知事が「最終処分場にされかねない」などと反発を強めている。日米両政府は31日にワシントンで開幕する核保安サミットで、日本からの核物質搬出を成果の一つとして発表する予定だ。
米メディアによると、州知事の了承が得られなくても連邦政府施設への核物質の搬入は可能とみられるが、地元では混乱が続きそうだ。
この核物質は、日本原子力研究開発機構の実験施設で使われていた計500キロ超の高濃縮ウランや分離プルトニウム。1960〜70年代に日本が研究用に米英仏から購入したもので、2014年にオランダで開かれた前回の核保安サミットで、日米首脳が引き渡しと米国での処理に合意。ホワイトハウスは「一国からの返還量としては過去最大」と評価していた。(朝日)

(第6853回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/7274
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新記事
最新コメント
2016年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf