大津いじめ事件パート548ひとり暮らし高齢男性の「孤食」は・・・。  

October 28 [Wed], 2015, 16:14

一人暮らしの高齢男性で食事をひとりでとる「孤食」が多い人は、誰かと一緒に食事をすることが多い人に比べて約2・7倍うつ症状が出やすい、という研究結果を千葉大や東京大などのグループが27日発表した。
約3万7千人を対象に3年間追跡した全国調査の成果。家族や友人と一緒に食事をすることがうつ予防につながる可能性がある。
対象は、要介護認定を受けていない65歳以上で、2010年にうつ症状がなかった全国24市町の住民3万7193人。うつ症状の有無は、うつ病発見のための簡易テストで調べた。(朝日)

●横浜市都筑区の大型マンションが傾いた問題をめぐり、北海道は28日、道が発注した工事で旭化成建材が杭の工事データを流用したと発表した。横浜市以外の物件でデータ偽装が明らかになるのは初めて。旭化成建材は、安全性には問題ないとしているという。
旭化成広報室は「横浜のマンションとは別の担当者が偽装したことになる」と語った。旭化成側は、横浜のマンションの現場責任者が関与した41件を中心に偽装の有無を調べているが、道内にこの41件はなく、過去10年間に施工した計3040件の杭工事の信頼性が揺らぐことになった。
国土交通省幹部は「個人の問題ではなく、会社として施工管理のいい加減さが明らかになった。今後、更なるデータ流用が明らかになる可能性がある」と話した。
道によると、杭工事のデータ流用があったのは、釧路市の道営住宅改善工事。住宅は鉄筋コンクリート製5階建てで、エレベーターを設置する工事だった。道の独自調査の中で、杭を打つ際に記録する書類に、明らかにデータを切り貼りしている部分が見つかった。28日に関係業者と確認した結果、杭31本のうち1本でデータ流用を確認したという。(朝日)

●「明らかに切り貼りしているような状況が認められた」。
北海道営住宅に拡大した旭化成建材によるくい打ちデータ不正問題
。28日午後11時から道庁で記者会見した道の長浜光弘建築局長は、くい打ち時の電流計の記録からデータ転用を見つけた時の様子をそう語った。道営住宅の住民らは「まさか自分の所が」と不安に包まれた。
新たに不正が発覚したのは、釧路市にある道営愛国団地D10号棟。道が問題を公表した28日夜、テレビ局の取材クルーのライトやカメラのフラッシュに建物が浮かび上がった。
D10号棟2階に住む年金生活の1人暮らしの女性(70)は「横浜の旭化成建材の問題は知っていたが、まさか自分が住んでいる所がそうだと分かり、びっくりした」という。今のところ不具合は感じていないとしながらも、不安そうな表情を浮かべた。入居者には28日、道から問題を知らせる文書が届いたという。
北海道まで問題が拡大したことに、長浜局長は会見で「正直、驚きを隠し得ない」と話した。旭化成建材は「客観的に見てデータの転用があったと認めざるを得ない」と話しているという。
同団地はJR釧路駅から北東へ約4キロ。近くには釧路公立大や小中学校、公園やスーパーがある住宅街に立地している(毎日)

陸上長距離の元日本代表が2度目の42・195キロに臨む。故障で第一線を退き、今度は伴走者として−。11月8日開催の「福岡マラソン2015」(福岡市、福岡県糸島市、福岡陸上競技協会主催、西日本新聞社共催)。世界選手権に2度出場したトヨタ自動車九州の三津谷祐さん(30)=同県宗像市=は、来年のリオデジャネイロ・パラリンピック視覚障害女子マラソン代表への推薦が内定している道下美里さん(38)=同県太宰府市=とゴールを目指す。「リオに向け頑張る道下さんの力になりたい
香川県出身。高校時代から頭角を現し、03年に同社陸上競技部へ。バルセロナ五輪男子マラソン銀の森下広一監督(48)の指導で日本を代表するスピードランナーに成長し、05年に1万メートル、07年には5000メートルで世界選手権に出場した。
だが、初マラソンとなった10年の別府大分毎日マラソンは優勝を期待されながらも9位に沈んだ。「甘くはなかった」。疲労性のアキレスけん痛も年々悪化し、五輪出場の夢を諦め、今年2月に引退した。
伴走は3月末、道下さんと交流がある陸上競技部の後援会メンバーから頼まれた。現役時代、視覚障害の子どもたちに「走る楽しさ」を伝えてきたこともあり迷いはなかった。1カ月後、道下さんと初対面。「リオに行きたい」。真っすぐな彼女の思いと昔の自分が重なった。
10月に入り、福岡市・大濠公園で練習を始めた。2人をつなぐのは、長さ45センチの赤いロープの輪。「腕の振りが邪魔にならないか」「きちんと情報が伝わっているか」。ゲストランナーとして招かれた福岡マラソンをリオへの階段と位置づける道下さんが存分に力を発揮できるよう心掛ける。「1人で走っている感覚になります。存在を感じさせず、理想的な伴走者」と道下さん。「力んでフォームが崩れたとき、的確に助言してくれる」と信頼を置く
42・195キロを完走するため独自の走り込みも欠かさない。「伴走者として“デビュー戦”。精いっぱい役目を果たしたい」。号砲を心待ちにしている。(西日本新聞)

●横浜市のマンションが傾いている問題で28日、北海道でも杭(くい)打ちのデータに改ざんが見つかりました。そして、JNNの取材で「旭化成建材」が杭打ち工事を行った全国3040件のうち、数十件規模で、新たにデータの改ざんの疑いがあることを会社側が把握していることが分かりました。国土交通省前からの報告です。
「杭打ちのデータの改ざん問題が、さらに広がるのは必至の状況です。旭化成側はこのあと、国土交通省に北海道の問題について報告に訪れる予定ですが、JNNの取材で、さらに数十件規模でデータ改ざんの疑いがあることが分かりました」(記者)
「(北海道でもデータ流用が明らかになったが?)非常に申し訳なく思っています。(他にもデータ流用あるのでは?)調査中です」(旭化成建材 前田富弘 社長)
29日朝、旭化成建材の前田社長は「調査中」と述べましたが、旭化成関係者などによりますと、「旭化成建材」が過去10年間に杭打ち工事を行った全国3040件のうち、少なくとも数十件規模でデータの改ざんがあった疑いがあると、会社側が把握していることが分かりました。
ただ、どこまでをデータの改ざんと認めるか、基準がはっきりしておらず、関係者は「調査は混乱している」と話しています。
また、横浜市のマンションでデータを改ざんしていた施工管理者が関与した41件の中でも、数件のデータ改ざんの疑いがあるということです。
「住民の方の安心、安全を速やかに確保するために、北海道とも協力しながら旭化成建材をしっかり指導したい」(石井啓一 国交相)
国交省では、まずは旭化成建材の社内の問題として原因究明を行う方針ですが、関係者からは「1社の問題で片付けるのは難しい問題だ」との指摘もあり、今後は業界全体に広がっている可能性についても調べたい考えです。(TBS)

(第6208回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/6617
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新記事
最新コメント
2015年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf