「日本の政治」を問う(447) 

December 10 [Wed], 2014, 21:02

麻生太郎財務相は9日の閣議後の記者会見で、社会保障費増大をめぐり7日の演説で「子どもを産まない方が問題だ」と述べたことについて、「人口減はものすごく国力に影響する大きな問題。経済的事情で産めないのは、放置できる話ではない」と改めて釈明した。「産みたくても産めない」と言うべきだったとし、「誤解を招いた点は、(説明に)時間をかけるべきだった」と述べた。
また、麻生氏は株高円安で利益を出さない企業について6日に「よほど運が悪いか、経営者に能力がないかだ」と述べたことに関して、9日の会見で「デフレからインフレ、円高から円安など、環境の変化に合わせないと経営はできない。経営者はそういう努力をするものだ」と述べた。(朝日)

特定秘密保護法が施行された10日の夜、首相官邸前では午前に続き抗議の声を上げるため、千人以上の大学生らが集まり「僕たちは諦めない。恣意的な運用に歯止めをかけ、全面的な見直しにつなげよう」と訴えた
集会を呼び掛けたのはこれまでもデモを企画してきた「特定秘密保護法に反対する学生有志の会(SASPL)」。参加者はラップのリズムに合わせ「憲法守れ、未来守れ」と声を張り上げた。
東京都豊島区の男子大学生(21)は「外部の目がない中で何でも秘密にされてしまうのではないか。権力は暴走するものと習ったが、日本もかなりまずいところに来ている」と心配した。(西日本新聞)

国家公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された
管理職を除く一般行政職(平均36・7歳)の平均支給額は約69万1600円で、前年同期に比べて約11万9800円の大幅増となった。
東日本大震災の復興財源に充てるための減額措置が終了したほか、人事院勧告に基づく給与法改正でボーナスの支給月数が7年ぶりに引き上げられたためだ。
特別職では、首相と最高裁長官が約581万円、閣僚は約423万円、事務次官は約329万円だった。首相と閣僚は一部を自主返納する。(読売)
●公務員殿は先楽後楽です

天声人語から・・・
1972年の沖縄返還をめぐる日米密約にかかわったのに、その存在を否定し、「国会で何度もウソを言っていた」。元外務省アメリカ局長の吉野文六(ぶんろく)さんは2006年、本紙にそう語った。
吉野さんの告白当時に検事総長だった松尾邦弘さん。「国家権力は、場合によっては、国民はもちろん、司法に対しても積極的に噓(うそ)を言う。そういうことが端無(はしな)くも歴史上、証明されたのが密約事件です。歴史の中で、あそこまで露骨に事実を虚偽で塗り固めて押し通したものはありません」▼自身も権力の中枢にいただけに、迫力と説得力がある。権力は時に真実を隠し、歴史を歪曲(わいきょく)しようとする。その本性(ほんせい)を改めて銘記しておく必要を感じる。吉野さんが密約を認めても、政府はなお文書は存在しないと言い続けている▼特定秘密保護法がきのう、施行された。

●共同通信社は10、11両日、衆院選に向けた有権者の支持動向などを探る全国電話世論調査(トレンド調査)の3回目を実施した。比例代表の投票先は自民党が前回調査(11月28、29両日)と同じ28・0%で引き続き首位となった。民主党は1・5ポイント増の11・8%。3回の調査全てで自民党は民主党の2倍を超える大差をつけ、優勢が続いている。
安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」について「評価しない」との回答は51・8%で過半数を占めた。「評価する」は37・1%だった。 (共同通信)

●14日投開票の衆院選は終盤戦に入った。報道各社の中盤情勢調査では自民党が単独で300議席を超す勢いを示したが、結果については予断を許さない。選挙後の政治情勢を決める、自民、公明両党の議席数について、それぞれの数字がもつ意味を整理した。
朝日新聞社が6〜9日に全295小選挙区の有権者約13万人を対象に行った情勢調査によると、自民は300議席を上回る勢いで、最大318議席まで伸ばす可能性を示している
自民党総裁の安倍晋三首相は11日、長崎市の街頭演説で「ここはまだ接戦なんです。いつも厳しい。どうか皆さんの力でこの選挙区から勝たして欲しい」とアピール。自民優勢とされる情勢結果で、自民の各陣営に「緩み」が出ることに警戒感を示した。
衆院定数は戦後、460台から512の間で変動。今回は前回より5減の475で争われる。首相はこれまで、今回の勝敗ラインについて、一貫して「過半数」(238)の獲得をめざすと言い続けている。一方、与党幹部は、国会運営で主導権を握ることができる「絶対安定多数」(266)の確保を目安に挙げる。(朝日)
※今からでも遅くはない。非自民、なかでも不満はあるが民主党に集中しよう。このまま自民に勝たせてよいものか。これまでも勝手放題の政権運営だったではないか。巷間言われているような圧勝をさせたら、どうなるか・・・末恐ろしい暴政になることは疑いない。アベノミクスも崩壊寸前だ。「この道しかない」どころか、この道は必ず危険な道です。経済崩壊の危険性すらある。狂乱物価の懸念も大いにある。いまそれが回避できているのは思わぬ原油暴落のお陰であるにすぎない。原油価格が戻ったら・・・恐ろしい物価になっていくだろう


(第4907回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/5297
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新記事
最新コメント
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf