(松戸探訪72) 小金宿の祭礼と旅籠・玉屋さん 

July 15 [Mon], 2013, 18:40
旧水戸街道を下ってくると・・・千住、新宿、松戸、小金、我孫子、取手、藤代・・・そして終点の水戸は20番目の宿場町になる。ちなみに・・・ 「水戸街道」と言い習わしているが、水戸から考えると「江戸街道」ということになるらしい。最近になって初めて知った。要は行き先を冠して、 いうらしい。水戸に向かうから水戸街道、江戸に向かえば江戸街道なのですね。もっとも、となると東海道なども行きと帰りでは・・・異なるのかし ら?よく分かりません。

それはともかく、水戸街道の4番目の宿場が小金の宿になるのですが、小金宿は江戸を出て一日の行程の位置にあったため、松戸宿が近くにあったが水 戸家の本陣は小金に置かれることになった。そのことによって、独特の位置づけを得ることになったのでしょう。
また・・・気分的に、小金宿の人々にもある種の格式を意識させることにもなったのでしょうね。
しかし・・・明治になって以降の地域経済は必ずしも順調とはいかなかった。

この13日、14日の土曜、日曜は・・・小金の鎮守である八坂神社の祭礼であったが、お神輿の休憩所となった一つが江戸後期の旅籠の面影をいまに 残して いる玉家さんであった。
いまはご商売はされていない。普段は戸が全く閉まっており、中の様子を見ることは一切できない。
戸が開いているのですね。しかし、お祭りの関係者ではない。それでも・・・中を見せていただくことができるのでは・・・と、期待して、恐る恐る 寄ってみた。
入口には、町内の長老と思しきご老人数人が椅子に腰掛けている。
中を見せていただいてもいいのかしら・・・・?いいんじゃないの。

しかし、玉屋さんの許可ではないし・・・しかし、この時期を逃してはいけない、目をつぶって入口で内部の様子をカメラで盛んにパチパチ・・・どう も玉家さんのお宅の方らしいが、入口脇の竈の説明を始められた。
私も商家ではあったが田舎の出でもあり、昔の農家についての知見は多少持っていたが・・・しかし、お釜を乗せる竈の両脇にはお酒の燗ができるよ うな仕組みになっている。ふ〜ん、こういうものであったか・・・と首を傾げていると、玉家さんがお客さんにお酒を出していたから・・・と説明され た。
そうか・・・一般的な家の竈とは違うのかもしれない。
座敷にも上がらせていただいた。
外から見ると平屋建てのようにも見えるが、実は2階建てなのですね。大名行列を見下ろすことになってもいけないから、一般的にこういう構造に なったと読んだことがあるが、内部はきちんとした座敷になっていた。しかも、徳川慶喜が将軍になるずっと前、幼少の頃、10歳位であったらしい が、その頃に2階の座敷に泊まったと記述した書
類・・・宿帳のようなものだろうが、それが残っているという。
とにかく、そういう高貴な人を泊めるので、警備上の配慮も必要となる。武者控えの間もあり、二階に上がる階段は隠し階段になっているそうだ。この日は下ろされていた が、確かに天井に収納できる仕組みなっているようだ。

ためつすがめつ・・・あちこち散々眺めさせていただいたが、お宅の方のお話では、やはり相当に手をいれているようだ。いわれてみれば、確かに手を いれているのが分かる。
やや傾いていたこともあって、ジャッキで持ち上げての修繕もあったというから、尋常ではない。
家の前には、ロータリークラブが家の来歴などを紹介しているが、しかし・・・家の補修などの費用はどこからも出ていないそうだ。
ところが、困ったことに誤解される方もあって「公費が出ているのだろうに一般に公開しないとは何事だ」という言い方をされる人もいる。

私は日頃の念願を果たし・・・表に出ると、いささかお神酒の入った長老の皆さんとの思わぬ雑談となった。皆さん、親切なものです。
表には、お祭り の幕が張り巡らしてある。最初に作られたのは「安政二卯年六月 小金駅下町」。安政2年というと1855年である。それが昭和58年(記憶違いでなければ)に作り直された。
そして・・・この幕の前には大きな獅子頭三体が鎮 座している。
左側の獅子頭が一番大きい。右側がその次に大きい。真ん中の獅子頭はかなり小粒である。
一番大きいのは並の大きさではない・・・被ったものであろうか・・・長老のお一人は被り物を引っ掛けるところがあるから、実際に着用したものでな いかと指摘される。
それにしても・・・この大中小は一体なんであろうか。
長老は制作した時期の違いであり、それは小金町の時々の財力を反映したものではないかと仰るのですね。
そうか・・・獅子頭にね・・・・時代を反映しているのですね。

(第3066回)(写真はクリックしてご覧ください)













  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/3313
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新記事
最新コメント
2013年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf