一年ぶりの『みちのく3人旅』こんどは山形編(51)   

December 10 [Tue], 2019, 6:53



本間家の巨大さを物語る逸話には事欠かないようだが、それにしてもスゴイものです。
だが・・・・物事には、栄枯盛衰はつきもののようである。


解説によれば・・・・戊辰戦争の際には佐幕派の庄内藩のため巨費を献じたほか、明治維新後には政府から多額の賠償金の支払いを求められた。
その後も引き続き日本最大級の大地主ではあったものの、起業・興業にはあまり執心せず財閥化することなく、一地方企業家にとどまった。しかしながら、防風林および灌漑事業整備に大いに貢献し、酒田の近代化に尽力。また、6代光美、7代光輝によって旧亀ヶ崎城(現:酒田東高校)の東側の田んぼに整備された試験場である本間農場では、乾田馬耕など小作人に対する農業指導を行い、庄内米の価値向上に繋げたほか、農民や小作人には保護政策を執っていた。
加えて、根室の柳田藤吉も支えたという記述もある。。
本間ゴルフ創業者は、酒田本間氏庶流にあたる。


第二次世界大戦後のGHQによる農地改革の実施に伴い、1750ヘクタールあった農地はただ同然で売り渡され、本間家には4ヘクタールのみが残存した。
1990年(平成2年)、本間家の商事部門等であった本間物産は倒産。
その後、本間物産はカウボーイ傘下での再建を経て、秋田県仙北市に本社を置く伏見屋からの買収によって、子会社化された。
なお、不動産関連は本立信成として今日も現存するという。

栄枯盛衰を目にするのは、やはり・・・・どこか物悲しい。

さて・・・・次は・・・・今回の旅のハイライトでもある羽黒山に向かう。
車の窓に吹き付ける雨粒は大きくなっている。
これでは雨具ナシの羽黒山は決定的に難しそうである。
どこかで雨具を入手しなければ・・・・コンビニにはあるでしょう。
コンビニは便利なものである。傘がいいか、合羽が良いか‥‥選んだのはビニル合羽である。



(第11166回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/11610
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf