世相探訪その440 神奈川県庁で大量の個人情報が流出。廃棄を委託した業者の社員が持ち出しネットショップに出品。データ消去の処理をしたはずだったが、一部を購入した男性はソフトで復元。そこには法人名を記載した税務調査の通知や個人名等を記載した自動車税の記録などが。男性は県庁に連絡。未回収のものも残っている。この事件は廃棄し復元できないという話やマイナンバーカードの信頼性を根底から揺らがせる。 

December 07 [Sat], 2019, 6:38





納税記録など大量の個人情報を含む神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HD)計十八個がインターネットオークションで売られていたことが、県への取材で分かった。
廃棄を請け負った業者の社員が持ち出して出品していた。落札した男性から連絡があり、県は九個を回収したが、残り九個を回収できていない
県は「事情を知らずに持っている人は、外部に公表しないでほしい」と求めている。
県などによると、東京都内に所在する廃棄業者は持ち出した社員の刑事告訴を検討し、警視庁に相談している。
回収した九個のデータは二十七テラバイトの大容量に上る。庁内の共有サーバーに使い、今春に交換していた。
個人の名前や住所を記した自動車税の納税記録のほか、法人名を記した税務調査の通知、県庁内部の業務記録などが含まれていた
県はデータ消去の処理をしていたが、落札した男性がソフトを使ったところ復元できた。未回収の九個も七〜八月に落札されており、県は落札者の特定を急いでいる。
交換したハードディスクは「富士通リース」(東京都千代田区)が情報機器会社「ブロードリンク」(同中央区)に廃棄を委託していた。ブロードリンク社の男性社員が出品を認め、「神奈川県庁で使われていたとの認識はなかった」と話しているという。(東京新聞)

   『桜を見る会』だけではない。
   国中が大災害の真っ最中に、こういうのも・・・あった。
   『自民亭』なるものである。
   国民はまだ、この政権に何を期待しているのかしら?



素敵な学び舎も汚染し、いまや・・・廃校の墓標

積まれた汚染物質
 
それが・・・いまや誰もいない街になった。


(第11158回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/11601
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf