一年ぶりの「みちのく3人旅」こんどは山形編(29)   

November 17 [Sun], 2019, 4:59



かつての鶴ケ岡城は・・・・その痕跡らしきものは、ごくわずか。
昔のお城は、三重のお濠などをめぐらした平城であったという。
明治8年(1875年)にお城は取り壊され、本丸と二の丸跡が公園となって残っているのだという。
園内には730本の桜があり、県内随一の桜の名所として賑わっている。
また界隈は、慶應義塾大学 先端生命科学研究所を中心に、東北公益文科大学鶴岡サイト、致道ライブラリーがあり、周辺の藩校 致道館、致道博物館などとともに「鶴岡タウンキャンパス」として一大文教ゾーンとなっているという。

山形は、幕末まで続いた殿様が来る前は、最上義光の領地であったが、その頃のお城は「大宝寺城」(だいほうじじょう)」と呼ばれていた。その当時のあるとき、酒田の海岸に大きな亀が打ち上げられ、これを見た最上義光が目出度いとして、酒田のお城を・・・「鶴は千年、亀は万年」にちなみ鶴ケ岡城に改めた。
鶴岡の由来である。

鶴ケ岡城は、明治6年(1873年)の『廃城令』で廃却された。
おしいことでしたね。
この『廃城令』で廃却されたのは、鶴ケ岡城だけではありませんね。
廃藩置県を機に、一旦城はすべて陸軍省の財産となりましたが、管理も大変で手に余る。そこで、要塞として必要な城は「存城」、不要な城は「廃城」が通達され、廃城となった城は大蔵省の管轄とした。
この時40城余りが存城となったが、文化財として保存されるわけではなく、軍用地確保のために建物を壊したり、逆に主要な建物は残して石垣や堀を壊したりといった扱いでした。
結局、廃城処分となったのは約150城。
今残っていれば・・・・ヨーロッパの古城のような楽しみが何かとあったでしょうに・・・。
その城跡には学校用地となったものも多かったという。確かに、城跡にはよく学校が建っていますね。
地元の名門校が建っている例は、〇〇一高とか・・・・よくあります。


それにしても乱暴なことをしていたものです。
この時40城余りが存城となったとはいえ、文化財として保存されるわけではなく、無用の長物扱いだったそうです。2015年に国宝となった松江城天守の場合は、売却されかけたところを旧藩士らによって買い戻されたという有様だった。
こうして、昭和に入るまで20基の天守が残った。しかし第二次世界大戦の爆撃や戦後の失火で、広島城(広島県)をはじめ、水戸城(茨城県)、名古屋城、大垣城(岐阜県)、和歌山城(和歌山県)、岡山城(岡山県)、福山城(広島県)、松前城(北海道)の計8基を失ってしまいました。
残ったのは、ついに12基に。
これが現存12天守なのだという。




(第11118回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/11558
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新記事
最新コメント
2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf