一年ぶりの「みちのく3人旅」こんどは山形編(3)   

October 22 [Tue], 2019, 4:31



福島県から山形に向かうのだから、山また山になるのは当然ですね。
誰か‥‥島崎藤村であったか、その著作で木曽は山の中云々という表現があったと思うが、向かう先も、まさに、そういうことである。

山形は故郷の隣の県であるが、私は殆ど知らないと言ってよい。
私のイメージは日本海に沿って伸びている小さな県という風なのであるが、友人らによってあっさり否定された。都道府県では北海道の次に岩手県が一番大きく、次いで福島県という順番だが、山形県も上位にあるのだという。
彼らの話だと・・・長野県、新潟県、秋田県、岐阜県、青森県についで山形県。要は全国第9位。
ふ〜ん、これは意外でした。そういう意味では・・・青森県や秋田県も意外でした。
ちなみに全国第10位は鹿児島県。
全国第47位は香川県。46位は大阪府。45位は東京都。44位は沖縄県。


そんなことを話しながら、県境のトンネルをいくつもいくつも潜った。
全国で一番長いというトンネルもあったようだ。
大変な山中なのですね。
昔は、こういうトンネルがなかったのですから、歩いて山を越えて移動していた。
これでは糖尿病などの成人病になることもないのは当然です。
この高い山また山があったから、東京電力福島第一原発事故の放射能から広範囲の人々を救ったのですね。
これが見渡す限りの平野だったら、人々は逃げることもできず日本海までの人々は放射能に汚染され尽くしていました。
この山また山は、人間の愚かさを見抜いた神様が日本人に与えた恵みなのかもしれないと思ったりもした。


もういくつトンネルを越えただろう。
私はトンネルを運転するのはとても苦手。
柄にもなく4000CCのジープを長く愛用していたが、いまは車も免許証も捨てたから、もはや運転することはない。



(第11065回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/11502
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新記事
最新コメント
2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf