妻と二人三脚で近江・京都を巡る旅(85)    

September 22 [Sun], 2019, 6:25



私は・・・・・正直のところ、信仰心は皆無に近い。信仰心というのは、どういう意味かの理解にもよるが、例えば・・・先祖を偲ぶ、亡くなった親や祖父母などを偲ぶ気持ちは十分にある。毎日、我が家の仏壇にお供え物をし、お線香をあげ、チ〜ンとするのは私の務めですし、それは心を込めて行っているが、これがお寺や坊さんとは結びつかない。
彼らに、ある種、嫌悪感、怒りさえある。
誰も理解していない、何の意味もないお経をよみあげる。詐欺師の部類と言っても言い過ぎではないかもしれない。
京都の祇園などは、坊さんなどで持っているとの評もある。
私の住んでいる地域の古刹の坊さんにも、そういう風評を聞かないでもない。彼ら坊さんは地域の『上流社会』のメンバーである。
彼らの実態は、単なる葬儀屋さんでしかない。
そういう坊さんたちに、檀家と称される者たちが何故貢がなくてはいけないのか・・・・私が信仰心が皆無というのは、そういう意味である。



そのように信仰心は皆無であるが、困ったことに、お寺のというか、寺社の建築物は大好きという性向がある。
かなり好きなのである。
三十三間堂も、好物の部類である。
この丸みは少しもないような建築物は、相当に珍しいし、面白い。
単純な外観だが、見てて飽きないのですね。

何故・・・三十三間堂と称されたか。
解説によれば・・・・「ここで言う「間」(けん)は長さの単位ではなく、社寺建築の柱間の数を表す建築用語である」。
柱と柱の間の、「間」の数だというのです。
しかも・・・・「間」は、内側から見た「間」の数で、外側から見ると「間」は35になるのだという。
また、「間」の長さは必ずしも一定ではないともいう。これは分かる。意識してみてはいなかったが、思い出してみると必ずしも等間隔ではなかったようである。


三十三間堂の回りを歩いてみた。
表の入り口辺りの賑わいに反し、こうして歩いている人は多くはない。誠に少ない。
我が妻も歩きたくないという。入り口付近のベンチに座っているから、行ってらっしゃいと送り出されて歩いてきたが、この重量感は歩いてみないと分からない良さがある。



(第11009回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/11441
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
coconya  さん、こんにちは。
ありがとうございます。

異なる方が
いずれも坊さんの外車所有をコメントにされているのは
偶然ではないのでしょう。
一般的な光景なのですね。
私が見た寺の場合はベンツではありませんでしたが
やはり外車でしたね。
坊さんは外車に乗りたいようです。

最近
近くの古刹に墓地を造った知人がいます。
畳半分余りの広さの墓地ですが
石碑も含め
費用は500万円余りだったと聞きました。
護寺会費はお彼岸などの際に
年3回分として合計24000円。
あるとき
8千円分の会費納入の際に
つい一万円札を出したところ
ついにお釣りはなかったと苦笑していました。
知人はそれ以来、お釣りの心配がないように
ピッタリと準備することにしたと言っています。 
September 23 [Mon], 2019, 6:52
poppins  さん、こんにちは。
ありがとうございます。

坊守り(坊さんを守る・・・奥さんのこと)という言葉があるのですね。
初めて知りました。
まあ・・・やっていることは
世俗の人間と同じですね。

都内では
神社の場合ですが
姉弟で
命の奪い合いのような事件もありました。
これも財産問題でした。

際限もなく世俗社会に近づいてきていますね。
それで
思い出したように
言葉だけの有難くもない言葉を聞かされても
バカバカしいだけの話です。

いずれにしても
少子化の波はお寺にも押し寄せ
いずれ寺は消滅し
残るのは墓地だけということになるのではないでしょうか。

September 23 [Mon], 2019, 6:40
じょぜ☆   さん、こんにちは。
ありがとうございます。

ベンツのお話で
思い出しましたが
近くのお寺の駐車場には
国産高級車や外車などが3台駐車しておりますね。
とても公用で必要というわけでもないでしょう。

この駐車場は私邸宅内にあるので
檀家の皆さんの目に留まることもないのでしょうが・・・・・。

坊さんが
何かの折には
かつらを着用し
普通人のような装いで
これらの高級車で
お出掛けになるのかもしれません。

まあ・・・・そういうお寺ばかりではないのでしょうが
都会の大きなお寺は
概ね、このような場合が多いのではないでしょうか。
税法上も見直した方が良い時期にきているのかもしれません。


September 23 [Mon], 2019, 6:30
お寺でも子ども食堂とか、社会から隔絶されてる人たちを繋ぐ役割を担えるのに、お布施がベンツ代金に消えるの残念ですね。もちろん、慈善活動をしているお寺もあると思いますが・・・
September 22 [Sun], 2019, 10:38
あ、コメント順で私の方が上になりました、ごめんなさい。
「上」というのは先のコメントされている「じょぜ様」のことです。
September 22 [Sun], 2019, 9:16
お早うございます
お寺に対しての気持ちは福島太郎様と同じ思いです。
上の方のコメントと同じように在所のお寺さんもご夫婦で別々にベンツに乗っていらっしゃいます。
精神修養が足りないのか坊守り(坊さんを守る・・・奥さんのこと)を何度も取り替えているお寺さんで益々信頼できなくしています。
今ではネットの「お坊さん便」もあるのでそれを利用したいくらいですが、お寺建立400年の大昔からの付き合いですから・・・。
September 22 [Sun], 2019, 9:14

福島太郎サン♪
おはようございます。

知人にお寺の改築費として、檀家1軒に付き30万円の寄付と言われた人がいます。

その改築部分というのが、本堂&厨なそうです。 厨って和尚サン達の住居部分なそうで、檀家で集まって寄付金の値引き交渉をしたとのこと。

所得税やら固定資産税やら非課税ではないでしょうか、お寺って。

私もよくベンツ乗ってるお寺の方々を見ます。

産まれてくる時も死ぬ時も、、、、結構費用がかかるのは、出来れば辞めにして欲しいです。

September 22 [Sun], 2019, 7:24
最新記事
最新コメント
2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf