世相探訪その376 「いじめ」は尽きない、それによって自殺してしまうという悲劇も尽きない。子どもの悲劇の陰で、ある種、いじめの後の『第二の加害者』が学校、教師であり、教育委員会であることが往々にして目立つ。残念ながら決して例外ではない。学校現場にも問題が多いが、その上部機関である教育委員会は学校、教師を擁護することに終始し、そこには子供や親への思いは余りに少ないことを事件の度に痛感する。  

September 10 [Tue], 2019, 3:41





川口の高1男子自殺 いじめで3度自殺未遂「教委はウソつき」
中学時代、いじめを苦に三度自殺未遂し、障害を負った埼玉県川口市の高校一年男子生徒が、七日深夜から八日未明の間に自殺を図り死亡したことが、遺族らへの取材で分かった。
遺族らによると、男子生徒は市立中学時代のいじめが解決しないことを悩んでいたといい、自室から「教育委員会は大ウソつき」「今度こそさようなら」などと書いたノートが見つかった。
亡くなった男子生徒は、小松田辰乃輔(しんのすけ)さん(15)。

遺族らの話によると、小松田さんは七日深夜から八日午前一時ごろの間に、泊まっていた市内の祖父母宅からいなくなった。八日午前一時二十分ごろ、近隣マンションの敷地内に倒れているのが見つかり、間もなく死亡した。最上階から飛び降りたとみられる。
ノートは小松田さんが祖父母宅からいなくなった後、母親が小松田さんの自室から見つけた。
遺族らによると、小松田さんは市立中学校へ入学間もない二〇一六年五月ごろから、サッカー部内で悪口や仲間外れ、かばんをスパイクで踏み付けるなどのいじめを受けた。
同年九月初めに担任へ手紙でいじめを訴え、一部の生徒は謝罪したが、学校はいじめとして扱わなかった
。小松田さんは同月十九日に自宅で首をつり、救急搬送された。その後も学校や市教委が解決へ動かないことに失望し、飛び降りなど二度の自殺を図り、脚に重い障害を負ったという。
市教委は、最初の自殺未遂があった一年二カ月後の一七年十一月にいじめの有無などを調べる第三者委員会を設置したとするが、小松田さん側は知らされていなかった。審議状況の説明や事情聴取も、現在まで一切ないという
進学した高校には欠席せず通っていたが、親族の一人は「中学時代のいじめや市教委にうそをつかれたことが常に頭から離れず、苦しんでいた。悔しい」と話した。(東京新聞)

れいわ新撰組(山本太郎氏)の演説動画・・・・沖縄・那覇県民広場
https://www.youtube.com/watch?v=nsez4QqscWs&list=PL8dH8Gb0lKp1YvGb1K4l0AwxBuIn_5YwA&i

独善・腐敗・隠蔽にまみれた現政権を退場させようー前川喜平氏の演説動画。れいわ新選組@新宿駅西口2019 07
https://youtu.be/sySrzkVOygY

山本太郎 涙する 20190505 福岡・小倉駅 小倉城口
https://www.youtube.com/watch?v=V6jbn9Ye670
山本太郎「そろそろみんな怒ろうやって話なんですよ‼︎🔥」れいわ新選組
https://www.youtube.com/watch?v=z66J2znSDQw
2019年8月1日、山本太郎れいわ新選組の新宿街宣を覗いてみた
https://www.youtube.com/watch?v=i12-NSniXek


素敵な学び舎も汚染し、いまや・・・廃校の墓標

積まれた汚染物質
 
それが・・・いまや誰もいない街になった。


(第10984回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/11414
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
えり   さん、こんにちは。
ありがとうございます。

日本人の自殺というのは
ある時期
年間で3万人という時期がありましたね。
それが・・・いまや、多分一万人を割るまでに減ってきたと思います。
何故、減ってきたのかは諸説あって
理由は定かではありません。
日本人の悩み、ご苦労が減ってきたからなのかどうか・・・
簡単に解説はできません。

とにかく自殺が減ってきたことは明らかです。
そうした中で
子どもの自殺は
一貫して増えている。
これは大問題ですね。
少子化という中で
少なくなっている大事な子供たちが
その現状を悲しみ、自らの大事な命を絶ってしまう。
安倍首相は少子化社会を、選挙の時に『国難』とまで言った。
国難という時に、さらに失っているのです。

子どもたちは
多くはいろいろな危機のシグナルを送っているのでしょう。
それを親等周囲の大人は
是非とも受け止めたい・・・。
痛切に思います。

ですが・・・
学校や教育委員会などは
そのシグナルを受け止めるどころか
はねのけてしまう、こともあるのではないか。
何故・・・そうした適当な話になってしまうのか。

昨日、たまたま知人に誘われて
子ども食堂の皿洗いのお手伝いをしてきたが
100人以上の
子どもたちの嬉しそうな声が
素晴らしい声が
飛び交っていました。
この子たちを守れるのは
大人しかいない、痛切にそう思いました。
September 11 [Wed], 2019, 6:17
おはようございます(*^^*)
「いじめ」は今もあっているとお友達に聞きました。
本人の性格次第で、親に訴えてくれればいいですが、
内に留める性格の子供もいるみたいですね。
学校なんて心配してくれる先生は僅かです。
学校なんてお任せできません。
親が立ち向かわないといけないことだってある。
親は我が子を守らないといけないです。
September 10 [Tue], 2019, 10:08
最新記事
最新コメント
2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf