世相探訪その347  皆さんのブログやアクセスの状況を見ても、『帰省』は本格化しているのを実感します。ご近所でも帰省らしい様子を散見します。私も親が生きていた頃は田舎に必ず帰省していました。他の子どもたちや叔父さんなどの親戚も集まり大賑わいで、母たちが作ってくれたお料理で大宴会をし、夜半には当時の田舎の風習で一族揃ってお墓参りをしたものでした。それも・・・いまや茫々とした遠い昔の事です。

August 12 [Mon], 2019, 3:44





東京新聞の一面コラム・・・『筆洗』
「帰省」という言葉にはどうして「省みる」とか「反省」の「省」が入っているのか。
▼故郷へ帰った際には己の生活を少し「反省」すべきなのだろうか−なんて考える必要はないらしい。そういう意味の「省」ではない。お盆休みの帰省ラッシュが本格化した。駅や空港、高速道路は大混雑である。昨日は往生したという人もいるだろう。▼十八日の日曜日まで九連休という人もいると聞く。お盆は仕事の当方としては少々やっかみもまじるが、その「省」は「心配する」という意味であり、帰省とはしたがって「故郷に帰って、父母の安否を問うこと」(「広辞苑」)だそうだ
なるほど、単に故郷に帰るだけでは帰郷であり、里帰りであり、父母のことを思わなければ、本来の「帰省」ということにはならぬのか▼そう考えると、やや息苦しい「帰省ラッシュ」という言葉に感慨さえ湧いてくるようである。あの混雑は親を心配している人々のラッシュ。人を思う心でぎゅうぎゅうになった「列車」なのかもしれぬ。時代やものの考え方が変わろうとも帰省ラッシュが年に二度きちんと起こることに安心する。暑い暑いと言いながら手土産をかかえ、両親に見せたいと幼い子どもの手を引く姿を見るのがうれしい。
▼<夕闇に母をとらへし帰省かな>佐藤林太呂。
そして夕暮れても子の帰りを今か今かと待つ母がいる
よい「帰省」を。

れいわ新撰組(山本太郎氏)の演説動画・・・・沖縄・那覇県民広場
https://www.youtube.com/watch?v=nsez4QqscWs&list=PL8dH8Gb0lKp1YvGb1K4l0AwxBuIn_5YwA&index

独善・腐敗・隠蔽にまみれた現政権を退場させようー前川喜平氏の演説動画。れいわ新選組@新宿駅西口2019 07
https://youtu.be/sySrzkVOygY

山本太郎 涙する 20190505 福岡・小倉駅 小倉城口
https://www.youtube.com/watch?v=V6jbn9Ye670
山本太郎「そろそろみんな怒ろうやって話なんですよ‼︎🔥」れいわ新選組
https://www.youtube.com/watch?v=z66J2znSDQw
2019年8月1日、山本太郎れいわ新選組の新宿街宣を覗いてみた
https://www.youtube.com/watch?v=i12-NSniXek


素敵な学び舎も汚染し、いまや・・・廃校の墓標

積まれた汚染物質
 
それが・・・いまや誰もいない街になった。


(第10926回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/11352
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
すぐる  さん、こんにちは。
ありがとうございます。

ご指摘のように
なるほど・・・
そういうことかもしれませね。

土地に戻る。
土地とは
何か・・・・大元のような場所。
ふるさと…も大元なのでしょう。

故郷も
親がいてこその故郷です。
残念ですが・・・。
ただ、その代わりを
親しい叔父や叔母が
してくれているのかと思ったりもします。
August 12 [Mon], 2019, 11:05
かず さん、こんにちは。
ありがとうございます。

おほめに預かり恐縮です。
やはり・・・お盆という風習も悪くはありませんね。
親たちがいてこその話ですが
我が家は昭和の終わりに父親が亡くなり
平成の半ばに母親が亡くなりましたが
父親が居た頃は
父親の兄弟、つまり叔父や叔母たちが
揃ってきていましたから・・・
これに私たち子どもや孫が加わるわけですから
大変な人数です。

また・・・その頃は
まだ田舎の街も経済的に力があり
花火大会なども盛んでしたした。
一族が揃って真夜中にお墓参りをしたというのも
その頃でしたね。
家紋の入った提灯を父親がもって先頭にたち
みんなを引き連れてお墓参りをしました。
ご先祖様を直に連れてくるわけです。

家に戻ってくれば、
もう誰も起きていられる余力はなく
バタバタと布団にもぐりこんだものでした。

その頃は・・・また
浜から美味しいカツオが殆ど直送のように届き
肉厚のカツオが楽しみでしたね。
これでまた宴会が盛り上がったものです。
あの頃が
我が家のお盆の全盛期?だったでしょう・・・・。

もっとも帰省したのは
お盆だけではありません。
母親だけになってからは
二週間に一度位は帰っていました。
車なら2時間ほどでしたから・・・・ね。
August 12 [Mon], 2019, 10:54
福島さん、おはようございます。

「省」は中国の行政区画ですね。それと「土地」「ふるさと」という意味と、政府の行政機関の「○○省」はつながっていると思います。
August 12 [Mon], 2019, 9:32
今日の文章、とても感動しました。

ありがとうございます。

(といって、いつもの文章も考えさせられていますよ!)
August 12 [Mon], 2019, 5:55
最新記事
最新コメント
2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf