世相探訪その327 安倍首相の演説でヤジった市民を、北海道警が強制排除。道警は選挙の妨害にあたるから声掛けしたと説明も、実際は単に強制実力排除。増税反対と叫んだ女性も警官が取り囲み腕を掴んで後方へ。選挙での演説妨害とは判例では『聴衆が聞き取ることが不可能』というほどのもの。警察官の行為は判例にも反し、安倍政権がいよいよ共産主義国家並みの強権政権であることを露呈。怖い国になった。 

July 17 [Wed], 2019, 5:38





ヤジの市民を道警が排除 安倍首相の街頭演説中
15日に札幌市中央区であった安倍晋三首相の参院選の街頭演説の際、演説中にヤジを飛ばした市民を北海道警の警官が取り押さえ、演説現場から排除した。
道警警備部は取材に対して「トラブル防止と、公職選挙法の『選挙の自由妨害』違反になるおそれがある事案について、警察官が声かけした」と説明。
だが現場では、警察官は声かけすることなく市民を取り押さえていた

安倍首相はJR札幌駅前で同日午後4時40分ごろ、選挙カーに登壇。自民党公認候補の応援演説を始めた直後、道路を隔てて約20メートル離れた位置にいた聴衆の男性1人が「安倍やめろ、帰れ」などと連呼し始めた。これに対し、警備していた制服、私服の警官5、6人が男性を取り囲み、服や体をつかんで数十メートル後方へ移動させた。また年金問題にふれた首相に対して「増税反対」と叫んだ女性1人も、警官5、6人に取り囲まれ、腕をつかまれて後方へ移動させられた。いずれのヤジでも、演説が中断することはなかった。現場では、多くの報道陣が取材していた。
公選法は「選挙の自由妨害」の一つとして「演説妨害」を挙げる。選挙の「演説妨害」について、1948年の最高裁判決は「聴衆がこれを聞き取ることを不可能または困難ならしめるような所為」としている。
松宮孝明・立命館大法科大学院教授(刑法)は「判例上、演説妨害といえるのは、その場で暴れて注目を集めたり、街宣車で大音響を立てたりする行為で、雑踏のなかの誰かが肉声でヤジを飛ばす行為は含まれない」と話す。むしろ連れ去った警察官の行為について「刑法の特別公務員職権乱用罪にあたる可能性もある」と指摘。「警察の政治的中立を疑われても仕方がない」と話した。(朝日)


素敵な学び舎も汚染し、いまや・・・廃校の墓標

積まれた汚染物質
 
それが・・・いまや誰もいない街になった。


(第10869回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/11291
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新記事
最新コメント
アイコン画像ブタママ
» 妻と二人三脚で近江・京都を巡る旅(49)    (2019年08月17日)
2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf