世相探訪その234 北朝鮮に拘束されていた米国人学生解放に関し、米国政府代表は『解放のためにできることは何でもするよう指示されていた』と。米紙は2億円支払ったと報道。要は政府が本気になれば解放は実現できる証左。拉致問題を言葉だけで長く無策に終始してきた日本政府。何らの必死感もない。むしろ・・・日本政府は拉致問題を軍事力強化を策するのに好都合と利用していただけの可能性もある。 

April 27 [Sat], 2019, 5:55





米 学生解放で北朝鮮に2億円余支払いで同意か 有力紙
拘束したアメリカ人の学生を解放する代わりに北朝鮮が日本円にして2億円を超える金額を支払うよう求め、トランプ政権が同意していたとアメリカの有力紙が伝え、波紋を広げています。
アメリカ人の大学生、オットー・ワームビアさんは北朝鮮で1年以上拘束されたあと、おととし、脳に障害を負って帰国し、まもなく死亡しましたが、両親は「北朝鮮で拷問を受けた」などと訴えていました。
アメリカの有力紙ワシントン・ポストは25日、北朝鮮がワームビアさんを解放する前にアメリカ側に治療費として200万ドル(日本円にして2億2000万円余り)を求めたと報じました。
当時、国務省で北朝鮮を担当していたジョセフ・ユン元特別代表が解放交渉にあたり、トランプ大統領の指示を受けて支払いに同意する文書に署名したとも伝えています。
記事についてユン元特別代表は25日、CNNテレビに対し、「解放のためにできることは何でもするよう指示されていた」と述べましたが、記事の内容については確認を避けました。
実際に支払いが行われたかどうかはわかっていませんが、北朝鮮が今後の非核化の協議の中で交渉カードとして利用する可能性も否定できないだけに議会からは「北朝鮮が身代金を要求し、トランプ大統領が応じるとはとんでもないことだ」などと批判の声があがり、波紋を広げています。(NHK)


素敵な学び舎も汚染し、いまや・・・廃校の墓標

積まれた汚染物質
 


(第10697回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/11115
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新記事
最新コメント
2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf