世相探訪その233 現役世代にも年金受給世代にも重大な話。安倍政権が株に『年金資産』を巨額に投資していることに関し、会計検査院は『運用のリスクが上昇』と指摘。外人投資家はこの一年一貫して売り越しに転じているのに株が思ったほど下がっていない。その穴を『年金資産と日銀』で埋めているリスクを検査院は指摘しているのだろう。元々株は暴落する。株が暴落したら、どうなる・・・想像しがたい災厄は必至だ。 

April 26 [Fri], 2019, 4:15





GPIFの年金運用リスクが上昇「丁寧な説明を」 検査院が所見
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による年金積立金の運用を巡り、会計検査院は24日、2014年以降に株式運用の割合が増加してリスクが上昇していると指摘し、「国民への丁寧な説明が必要」との所見を示した。
年金積立金の残高は17年度末で164兆1609億円。
このうちGPIFが運用しているのは156兆3832億円で、検査院は12〜17年度の運用状況などを調査した。
検査院によると、収益額は15年度を除いて7兆9363億円から15兆2922億円で推移。
15年度は株価下落で5兆3098億円の損失が出た。
GPIFは14年10月に基本ポートフォリオ(運用資産の構成割合)を大幅に変更。
国内債券の割合を60%から35%に減らし、国内・外国株式の割合を24%から50%に倍増させた

変更でリスクとリターンが高まった状況が反映され、検査院は「中長期のリスクについて継続して記載すべきだ」と指摘している
GPIFは「市場への影響を考慮した」などの理由でポートフォリオの策定過程を公開していないが、これについても検査院は「一定期間を経過した後に公表するなど、検証可能性を確保すべきだ」としている。
厚生労働省は「指摘を踏まえて適切に対応したい」、GPIFは「適切な運用に努めてきたが、一層丁寧な説明をしていきたい」としている。(毎日)


素敵な学び舎も汚染し、いまや・・・廃校の墓標

積まれた汚染物質
 


(第10695回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/11113
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新記事
最新コメント
2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf