(故郷探訪337)  みちのくを巡る3人旅(27)   

June 28 [Thu], 2018, 6:45
飯盛山に別れを告げ、私たちは七日町通りの阿弥陀寺に向かった。


最近になって、巷間『明治150年』という物言いが目立つが、会津では各所に『戊辰戦争150年』の幟が目立つ。
会津では、いまでも『あの戦争』といえば、戊辰戦争のことらしい。

150年といえば・・・考えてみれば、そう古いことではない。
年配の皆さんからみれば、曾祖父母辺りの世代でしょう。となれば、誰もが聞き伝えで、順々に子供の時に『あの戦争』の生々しい実相を伝え聞いてもいるのではあるまいか。

10年位前に家内と訪れたときに驚いたことがある。
松平家の墓所がどこにあるのか・・・を伺いたいと、ある不動産屋さんに立ち寄ったところ、親父さんは最後の会津藩主だった松平容保のことを烈火のごとく怒りだしたのです。簡単に言えば、アイツのお陰で会津の人々がどれほど苦労したか・・・いや苦労というレベルであるまい、まさに辛酸をなめつくしたというものでした。

それは、そうなのですね。『あの戦争』で多くの人が死んだが・・・それだけでなく、敗戦後には会津藩は北国の酷寒の地に追いやられ、食べるものも、着るものもない酷い生活に追い込まれた・・・そういう歴史を身近なこととして聞かされて、皆さん育ってきたのでしょうね。

それが・・・『あの戦争』といえば、73年前の戦争ではなくて、150年前の戦争に結びついていくのでしょう。それが会津高校の生徒たちの剣舞であるのでしょう。

(第9855回)
  • URL:https://yaplog.jp/matsudo/archive/10313
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
知青 さん、こんにちは。
ありがとうございます。  

会津でも松平容保さんは、いろいろ言われていますね。
どうして、もう少し要領よく立ち回ることをしなかったのか・・・
今でも、まるで安倍政権の事を言うような調子で
容保さんは批判されていますね。

ただ…少し同情的に見れば違う見方もできるのでしょう。
何でも、容保さんは養子だったらしく
養子に来た時に、先代の殿様に
ご先祖の遺訓を徹底的に叩き込まれたらしいです。
その一番は将軍を助けることだったでしょう。
その遺訓を守るために
いやいやながらも京都守護職の役を引き受けて
長州などの恨みを買うことになってしまったのでしょう。

もう一つは
薩長側にも事情はあったようです。
将軍の慶喜がさっさと手を上げバンザイしてしまったために
薩長側は革命の成功を満天下に訴える標的がいなくなってしまった。
これでは具合が悪かったのでしょう。
しかし、その標的は
それなりの重みがないといけない。
誰でもいいわけではない。
そうすると・・・やはり会津藩ということになったのでしょう。

要は会津は狙われたということでしょう。
そこから、会津の悲劇が始まったのですね。
容保さんの運命は、会津の運命は
早くから決まっていたのでしょう…恐らく。
June 30 [Sat], 2018, 5:21
会津の方々は一人勝ちではなく、
一人負けみたいに辛酸をなめつくさせられていますよね。
なんで、最後の会津藩主松平容保は
政局をみて、もっとうまく立ち回れなかったんでしょうか?
というより、進取革新の気風とかなかったんですかね?
維新後の会津の方々の努力は涙ぐましい気がします。
えらいですよね。
June 29 [Fri], 2018, 20:34
最新記事
最新コメント
2018年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福島太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1945年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/matsudo/index1_0.rdf