彼氏 合宿へ

2005年12月26日(月) 12時00分
毎年、このシーズンになると、彼氏は秀行先生のいらっしゃる神奈川へ、旅立ちます。
2泊3日、山にこもって、秀行先生と他の棋士と碁漬けの毎日らしいです。

大阪に帰ってくると、ぐったりの、もぬけのから状態ですが、
他の方に刺激されて、色々掴んで帰って来ると思っています。
だから、しっかり勉強してきてね

そして、来年こそはリーグ入りよぉッッッ

ついに切り札を出しました

2005年12月22日(木) 12時00分
スグルの事を、ついに母に言ったんですよぅ。
初めはね、「イグアナを飼ってるの」って言ったら、諦めてくれるだろうと思って
そう言ったら、
「気色悪〜っ!そんな趣味あったん?かごの中に入れといて」って返されました。
なにがなんでも、来たいんやぁ…って思い、こっちが根負けしちゃいました。

で、スグルのことを言ったんだけど、それでもやっぱり行くとな。
う〜ん・・・なかなかウチの母はしぶとい。一筋縄では、いかないタイプだわ。

でも、山にが積もると、新幹線まで辿りつけないみたいなので、天候によって来るか来ないか決まるようです。

ウチの実家から新幹線の搭乗口までは、山を越えないと来れないんでね。。。

行ってきました、箕面囲碁倶楽部(勝手にわたしが命名)

2005年12月18日(日) 0時00分
女5人衆で、「かごの屋」でお昼ご飯を頂き、M先生宅で、1時から碁を打ち始めました。
後から男性2人が参加してきました。
今日は、M先生の旦那様も一緒に参加されてましたよ

最近の箕面囲碁倶楽部は、若い夫婦も一緒に囲碁を習いに来られていて、さらに活気が出てきています。
夫婦で、同じ趣味を持つことって、わたしはとってもいいなぁ〜って思っています。
共通の話題が持てるし。

んで、話を本題に戻しますね
いきなりですが、今日は、なーんにも見えませんでした。
5手先を考えるのがいっぱいいっぱい。
読むと、後から後から消えていくんです
だから自分が一手足りなくてアタリになったりとか散々な碁でしたよ

しかも大石を取られて、自分が勝ち目がないのに、
往生際が悪いなぁーと思いながらも、ダラダラ打ち続けていました。
これでは、いかんですね。

次からは、勝ち目がなかったら即、投げます

「あのねのね」って知ってる?

2005年12月14日(水) 12時00分
帝国ホテルの「久兵衛(きゅうべぇ)」に、彼ぴょんとお寿司を食べに行ったときのこと。

わたしたちが座ってしばらくして、後から2人の男女が入ってきて、カウンターに座ったとたん、彼氏が
「芸能人、芸能人」と、小声で私に囁いてきました。
「ん」と思って、見ると、そこには、「あのねのね」の原田伸郎さんが、奥さん?(左手の薬指に指輪をしてました)といるじゃないですか。
しかもわたしたちの斜め前に座って。

あのねのねと言えば
「赤とんぼの唄」が超有名ですよねー
この歌を知らなかった彼氏にちょっとだけ歌ってあげましたよ初めのフレーズだけですけど。

お寿司はもちろん、最高級のお味でした。
なんだか、他のお寿司屋さんと、ネタの食感が違いました。
玉子も、密度の濃いスポンジケーキみたいにおいしかったです。
またいつか連れてってネ

正月は

2005年12月12日(月) 0時00分
以前、来年の正月に母が大阪に来るとか来ないとかいう日記を書きましたよね。
それから、なんと
今日は、『お母さんが行くなら、ばぁちゃんも行きたいみたいなことを言ってたよ』とのが来ました。
しかも、大阪に来たら、色々見て廻りたいとなっ。

え…観光気分

みんな、こんなときでもない限り、休みが合うことはないとは言えど、正月は、あたしゃぁーで、のんびりモチでも焼いて食べてたいよ。。。
どこ行っても人多いしさぁ。
あーーーーーなんか、だんだん、面倒になってきたっ。

スグルの話を切り出すか。

年賀状を書かねば…

2005年12月09日(金) 19時15分
1年で、最も面倒な作業のあるこの時期。
ハガキはすでに20枚ほど買ってあるのに、宛名どころか、まだ原稿が出来ておりません。

お年賀はねぇ、わたしは、数年前からMacで作成してます
1つ出来たら、プリンターが刷ってくれるし、1枚1枚書かなくていいから楽チンだもんね〜

あぁーっでもでもっ、正直ネタに困ってるのっっっっハァ…

“来年はだよぉー。龍に比べたら、べらぼうに描きやすいじゃん”
とか思いながらも、きっと今日もまた、わたしの重い腰はあがらないんだろうなぁ

曙と対戦!!

2005年12月08日(木) 0時00分
する夢を見ました

女の子だから、ハンデは2人がかりでやって良しということで。
もう1人の女の子は、地元の友達でした

夢だけどね、待合室でミョーに張り切って、対戦に備えてストレッチとかしてるわたしがいるわけですよー。

で、リングに上がって、さあ戦うぞというところで目が覚めました。
戦ってたらどうなってたか、ちょっと気になる夢でした。

彼氏の誕生日だ

2005年12月07日(水) 0時00分
今日は、前々から7日は「キムチ鍋をやろうね」と言ってたので、スーパーへ材料を買い出しに行きました。
かごをカートに乗せて押している彼氏に、ふと“たまに彼氏ってカート押してるなぁ”と思って、
「わたしが押すよ」と言うと、なんと、意外や意外。
「カート押すのは結構好き」と返されました。

そうか…好きなんやぁ。。。
でも…、実は、わたしもカートを押すことが
好きなんだァーーーーっっっ

なんとなくだけど、移動中楽チンだし。(持って帰るときは重いけど)
しかし、ちょっと斜め後ろからカートを押す彼氏の背中を見て、それ以上何も言えませんでした。

さてさて、長い道のりを歩いて帰って、速攻鍋の準備を始めました。
彼は牡蠣のぬめり取り隊長です。
わたしが今ここで任命しました。

腹八分で止めることが出来ないわたしたちは、満腹になった後、さらにを開けて乾杯。
それからこっそり前日に買いに行ったプレゼントを渡しました。
何をあげたか気になる人は、本人に尋ねてみてください(笑)