マーチンギター D-76(1976年製 アメリカ建国200年モデル)の紹介  1020

February 07 [Sun], 2016, 14:50
■本日(2016/02/07<日>)は、先日購入した「マーチンギター D-76」を紹介します。


■マーチンギター D-76(1976年製 アメリカ建国200年モデル)の紹介
○そろそろ「これだ!」という生涯の1本をみつけたい、との思いがあり、
「一生モノのアコギ(アコーステックギター)」を探していた。


○メーカー機種や年代等の選定はこの記事を参照して下さい。

「一生モノのアコギを探す」見つけた!

○そして出物があり、ついに購入。

「マーチンギター D-76(1976年製 アメリカ建国200年モデル)購入

○購入後、マーチンギターの掃除やブラックケースの補修を行う。

「マーチンギター用ブラックハードケース補修」



◆マーチンギター D-76
1976年、アメリカ建国200周年を記念して1976本製作された限定モデル。
当時の最高峰モデルD-45のトップとD-35と同じ3ピースバックデザインを組み
合せ、イーグルインレイと星のポジションマークをデザインされている。
限定製作で、当時のD-45(80万円)とほぼ近い販売価格(70万円)であった。
ボディの中にはこのことを記したプレートと、シリアル・ナンバーの他に、
このD-76のナンバーも刻まれているという代物だ。





シリアルナンバー  376176
D76シリアルナンバー  1576本目/1976本中
製造年         1976年製(2016年時点 40年経過)
購入店         東京 御茶ノ水楽器店街 RimMShot(リムショット)
購入日         2016年1月30日(土)
購入金額       370,000円 (税込 399,600円) 約40万円
             中古(ヴンテージ品)

※このギター(ハードケース含む)は、委託販売品。

因み、2か月前にBlue-G (ブルーG)にて、360,000円で売り出されていたギター。


▼ハードケース
ブラックケース MARTINのエンブレムは凹凸なし
KAWASEのステッカーが貼ってある。
(健康のため楽器の弾きすぎに注意しましょう(笑))

ハードケースを開けると、茶色のビロード



▼ギター本体、大きな傷や凹みもなく、総体的に綺麗。


▼ヘッドストック / ブランドロゴ
ギターメーカーの特徴であるヘッドとロゴマーク(デキャル/デカ−ル)
MARTIN スクリプトロゴ&カスタムヘッドインレイ
アメリカの象徴ともいうべき白頭鷲(イーグル)がパールインレイされている。

ナット材はアイボリー「象牙」


▼指板 / インレイ
エボニー指板
ポジションマークの星(スターインレイ) 1、3、5、7、9、12、15、17、19フレット

独立時の13の州を表して星のインレイ

リフレットされている。

▼表板 / トップ
プレミアムシトカ・スプールス(綺麗、目が揃っている)
バインディングはボルタロン


▼ロゼット
サウンド・ホールの回りの装飾、ヘリングボーンロゼッタ。


▼ブリッジ
弦の振動をボディーに伝える
エボニー・ブリッジ、アイボリーのサドルは、別の材質に交換されている。
ブリッジピンは飾りドット
ブリッジピン・ホールの弦ガイド(切れ込み)あり

○ブリッチピンをよく確認するとアイボリー「象牙」に交換され、光の角度
によりキラリと光る。
 

▼ピックガード
ギターメーカーの特徴である、ピックガード
ピックで弾いたときにトップの傷がつくのを防止する。
べっ甲柄に交換されている。

○ピックガードをよく確認すると「本べっ甲」
(鼈甲のピックやフインガーピックの光沢、質感が同じ)


▼エンドピン / ボルタレン
白のストラップとエンドピンは白色に黒色のドット


▼側板 / サイド
プレミアムインディアン・ローズウッド(非常に綺麗)


▼ヘッド裏 / チュナー
ダイヤモンドヴォルートなし
オリジナルグローバーのロトマチック102C
カワセ楽器のギャランティーシール


▼ネック
マホガニー

ネックヒールキャップ部にストラップピンが打ってある。


▼裏板 / バック バックストリップ(これも綺麗)
インディアン・ローズウッド 、バックストリップ
3ピース、ヘリングボーン。


▼ネックブロッグ



プレート
・建国200年記念
・リミテッド エデション (限定版)
・モデル(型番) D-76
・1976年モデル連番 1576本目 / 1976本中
・シリアルナンバー  376176
○燦然と輝くゴールドプレート



▼側面内側の補強材の布テープ

○内部をスマフォで撮影
 




▼トップ、サイド、バック(非常に綺麗 厳選されたプレミアムグレード)




▼質量
2,200g(家のヘルスメーターで計測)


★さて、肝心な音ですが、その前に各楽器店のD-76情報を参考に。
○ウッドマン:音は適度に乾いたレスポンスの良い箱鳴りで、低音の音感と
伸びがあり、かなり鳴る。
○THE中古楽器屋:D35に近いダイナミックなサウンドが魅力的で、特に高音
のサスティーンが心地よい。
○アコギ基地(栃木県):D76は音の良い物がさすがに多い。
D76は音が約束されている。
○リムショット:D35と比べると煌(きら)びやかで高音弦の音抜けも美しい。
40年の時間の経過、また弾きこまれている。新品にはない乾いた音質で
味わいがある。

★ミュージシャン
参考に スピッツの「草野マサムネ」インタビュー記事
Martin Players' TIME (音に導かれた旅) 2013年5月27日発行

自分の中で求めている音はマーティンだという結論に、もう達しているので。

D-76は鳴りが一番理想に近かった。音も大きくて。



★早速、弦(マーチン ライトゲージ マーキス)をセットして弾く。


●私の稚拙な表現ですが、

べっ甲ピックで力強く弾く。
音が大きくて、弦だけでなく胴から鳴っている。
開放弦の6,5弦がブルブルと振動して、音量が大きくしかも音質も心地よい。

スリーフインガー、アルペジで弾く。
軽いタッチでも立ち上がりの音が良い。

長年、D-28を弾いているが、全然(レベル)違う、素晴らしい音。
低音も高音も、音量も、弾き方によって自在にコントロールできる。


●いい楽器は自分で納得して(苦労して、情報やお金も含め)買わないと、
やっぱり愛着の度合いが違う。良い楽器(ギター)に巡り合った。


★購入したばかりですが、ギターは大事に使うと100年以上の寿命を
持たせることが出来ます。
そのため、私の代で、ある一定期間使用して、次の代に引き継ぐことと
なります。
その日が来るまで 「よく弾いて、しっかり磨いて行こう」。

★★★「弾きこむ度に魅せられて、マーチンD-76への愛着は深まるばかり」


2016.02.13追記
【音源】
フォーク音楽同好会にて、弾きましたので視聴して下さい。

・ボーカルや演奏がヘタですので「音量や音質・鳴りを」メインに。

○せんこう花火 カバー / よしだたくろう


・3人でアコースティックバージョン「音量を」

○どうしてこんなに悲しいんだろう / よしだたくろう


・女性ボーカルとデュエット(丸太小屋にて)


○僕の胸でおやすみ / かぐや姫




【エレアコ版】



○あの素晴しい愛をもう一度 / 加藤和彦と北山修

◆ギターコレクション
  • URL:https://yaplog.jp/matasaburo/archive/1020
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>J minorさん
ご訪問ありがとうございます。
また、気が向きましたら、
遊びに来て下さい。
February 18 [Thu], 2016, 7:25
風の又三郎さん、はじめまして。J minor です!

> 私は、爪切りを使用せず 家内のネール用の長いヤスリで磨いています。

私も爪切りは使用せず、アマゾンで買ったガラス製爪ヤスリで削っていますよ。

> ●別冊フォーク フォークギター教室

これは懐かしいですねえ!私も2年続けて買いました。

> 私も小指をピックガードに立てて(置いて)
> アルペジオやスリーフィンガーを演奏します。

私もフォークギター教室の影響でスリーフィンガーのときには小指をボディーにつけて演奏していましたが、最近はソロギターのときにはつけずに演奏しています。
どちらがいいのか、いまだに結論が出ていない感じです。

> 金属製のダンロップを持っていますが、指の大きさや弦との設置角度など調整して曲げて使用していますがどうしてもカチャカチャと音がして(慣れないので)

おっしゃるとおりで、どうしても音が入っちゃうんですよ。
でも一方しっかりとした音が出るのも事実で、これも慣れの問題なのかもしれません。
February 17 [Wed], 2016, 20:00
>丸に橘さん
コメントを待っていましたよ〜(笑)
業務多忙かインフルエンザにでもかかったのか
と思っていました。
(年度末の追い込みでしたか・・・)

かいつまんで、説明すると。

●マーチンD-76に至るまで経緯やストーリー(笑)は、
お分かりになったと思います。

●出物の出会いは、”しばしば”さんの電撃な情報
提供による電光石火(古い〜)のホールド。
リムショット(楽器店)での5分間の試奏で購入を決定。
その時、店長がHPでアップ後、1日置いてからの
Jギターに情報公開(直ぐに売れるので)とのこと。

●帰宅後、ハードケースを開けると、この状態では
「D-76」は可哀想と思い、直ぐに清掃や補修を行う。

●その後、弦をセットして、ジャラン〜♪、と弾くと
驚くような結果を「D-76」は応えてくれました。

●今後は、如何に他のギター(マーチンD18,D28やヤマハ
FG350,CPX1000)を平等に弾くかが課題です。

★さて、丸に橘さんの「一生モノのアコギ」購入に向けて
頑張って下さい〜♪
February 11 [Thu], 2016, 21:37
>RWさん
コメントありがとうございます。

「D76」は、十分期待に応えてくれました。
いや〜、驚くほどの結果を。
楽器への愛着は人生を豊かにします。

「イーグルス」記事を見なす〜♪
February 11 [Thu], 2016, 20:58
これだったんですか〜。
ついに入手ですね。
先超されました。(笑)
70年代なのにブルーケースではなかったんですね。
しかし、かの有名なD-76。
石川鷹彦さんも持っているという。
丁寧なレビュー、いつもすばらしいですね。

いずれ私もMartin D-28 1962!
いつになることやら。(笑)
February 11 [Thu], 2016, 18:28
アコギに関する造詣の深さに本当に感心します!ギターもこれだけ愛されていると楽器冥利につきますね。
グレン・フライ訃報に接し「イーグルス」の歴史をあらためて紹介しました。今回は黎明期(1972〜74)デビュー盤「テイクイットイージー」とまさにアコギ、カントりーロック全盛の時のイーグルです。
February 11 [Thu], 2016, 6:20
>阿漕さん
コメントありがとうございます。

お〜、雑誌やカタログを持っていますか!
そうですね、楽器店の奥のショーウィンドに
マーチンギターが鎮座していました。

1976年のD76は70万円!、正に高嶺の花で
プロの世界感でしたが、時が流れ、私でも手に入
れることが出来るのは「僥倖」です。
February 09 [Tue], 2016, 23:39
>がめラさん
コメントありがとうございます。

巡り合い、導びかれたのでしょうか・・・。
そうですね、出勤前にギターケースから出して眺め、
帰宅後は、直ぐに弾いています(笑)。
まさに人生が豊かなります。

今日は、D76とD28を弾き比べましたが、
いや〜、本当に違います。

当分は楽しめそうです〜♪
February 09 [Tue], 2016, 23:18
この雑誌(フォークギター教室)とカタログ持ってますよ〜!
懐かしい広告ですね(笑)
羨望の眼差しで広告やカタログを見てたっけ…
当時の楽器店は、マーチンなど数本しかなく、D-76は店で見たこともなかったですね〜。
February 09 [Tue], 2016, 22:48
がめラ
晴走雨楽 風の又三郎さん、おはようございます。

良いギターに巡り会えるのは、良い師匠に出会えると同じ感じだと思います。
その人に本当に必要なとき巡り会う。その通りだと思います。
音楽とともに人生を豊かにしてくれる素晴らしいギターですね。
February 09 [Tue], 2016, 10:12
>しばしばさん
先ほどはRの件で失礼しました。

今、ちょっと夕食前に弾きましたが(また再開しますが)、
開放弦の、「せんこう花火(よしだたくろう)」
Eからは始まるコードストーク(べっ甲ピック)を弾くと
6、5弦がビンビンと響き、大きな音が響き、酔いしれて
いました。やめられません(笑)。

しばしばさんの言うと通り、グレードに加え、弾きこまれ
ていたのでしょう。

それと、トップやサイド、バックをの写真を見ていただいた
と思いますが、傷もなく、総体的に綺麗なギターです。
良いギターに巡り合いました。
本当に感謝しています。
February 07 [Sun], 2016, 19:55
しばしば
70年代の28と全然レベルが違うとは!!!
76の中でもかなり当たりの76に出逢えたようで
羨ましい限りです。
February 07 [Sun], 2016, 19:14
yaplog!広告
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:晴走雨楽 風の又三郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:4月1日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・■アウトドア :-トレイルラン、マラソン、山登り
    ・■音楽・楽器 :-1970年代のフォークソング  / アコースティクギター、ウクレレ、三線、ピアノ
    ・■旅行・その他 :-琉球王国を愛する  /  その他:昭和のプロレスが好き、江戸歴史が好き、下戸、恐妻家を演じ・尻に敷かれているふりをしている極楽トンボ。
読者になる
< レース&ライブ・トピックス >
2009.12.30〜

【レース】
□2017年<H29>
01/01(日)君津ニューイヤーマラソン10k
01/22(日)金谷鋸山ロゲニング
01/29(日)館山若潮マラソン・フル
05/28(日)千葉青葉の森リレー当選
06/04(日)千葉浜マラソン九十九里20
09/23(土)南房総市ロードレース千倉ハーフ
10/09(日)新潟県新潟シティマラソン・フル
11/19(日)亀山湖畔君津ロードレース
12/23(土)マザー牧場いちごトレイルラン

■2018年<H30>
01/01(月)君津ニューイヤーマラソン10k
01/28(日)館山若潮マラソン・フル


【ライブ】
☆2016年<H28>
01/23(土)第2回フォークジャンボリー
04/30(土)第3回フォークジャンボリー
05/16(土)ぉやじバントコンテスト予選
06/19(日)おやじバンドコンテスト本選
08/06(土)第4回フォークジャンボリー
10/30(日)君津中央公民館ミニライブ
12/23(金・祝)クリスマスライブ

☆2017年<H29>
04/29(土)施設慰問(富津市)
06/18(日)日光きすげ祭(君津市)
08/22(火)施設訪問(袖ケ浦市)
08/27(日)三船山ミニライブ
09/30(土)施設訪問(富津市)
10/07(土)宮下川の祭り
10/22(日)おやじバンドコンテスト予選
10/29(日)君津中央公民会ミニライブ
11/11(土)おやじバンドコンテスト決勝
11/15(水)施設訪問(袖ケ浦市)
12/03(日)おやじコンテスト優勝タイブ
12/16(土)クリスマスライブ
12/23(土)施設訪問(君津市)

★2018年<H30>
01/xx(x)フォレスト事前打合せ(代表)
01/20(土)施設訪問(袖ケ浦市)
02/12(月祝)フォレスト全体会議(メンバー)
02/24(土)施設訪問(君津福祉会館)
03/10(土)フォレスト前日リハーサル(メンバー)
03/11(日)フォレスト本番



<<ブログを始めたきっかけ>>
トレラン仲間から勧められ始めました。「有益な情報が発信出来れば良いな」と思っています。不定期版です、よろしくお願いします。
2009(H21).12.30〜

<<プロフィールの画像>>
プロフィールのイラストは、「徒然絵日記の桜けんじさん」が描きました。 桜けんじさんがハセツネ初挑戦の時、デニーズでの打合せのイラストです。
2016年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
Yapme!一覧