小樽の風景 

August 18 [Sat], 2018, 16:40
写真は小樽に出掛けた観光客が必ず見るであろう、日銀の旧小樽支店。私が出掛けたのはその向かいにある、市立美術館。

昨日からかみさんと北海道に夏の旅行で遊びに来ている。今日は羽田から稚内に入り、旭川に泊まった。16度と昼間も寒く、驚いたが、北海道に来ていると実感を強くすることとなった。

今日は先ほど小樽に着き、かみさんは疲れてホテルで寝ている間に、今回の旅行の密やかな目的の一つ、小樽市立美術館で市村有徳の作品を愛でていた。無機質なのだが、何とも言えぬ世界観が広がっており、どうしても作品を見たいと思っていた。北海道に出掛ける際は必ず小樽へ向かおうと思っており、ようやく念願叶った。

ま、一人で作品を見て良かったなぁとは思う。完全に好き嫌いの分かれる作者で、かみさんに事前に本を見せたが、全く興味を示さなかった(笑)。

小樽は四度目になるのかなぁと思う。夜は飽きもせず、寿司かしら。

馬予想:8月12日(日)関屋記念など 

August 12 [Sun], 2018, 14:15
 馬券は買わず、予想のみ(ちなみに、昨日は前の職場の部下と新宿のウインズに出掛け、共に大敗した(笑))。

【予想】
札幌11 エルムS
◎4アンジュデジール
3ミツバ
6リーゼントロック
8ハイランドピーク

単複4各1,000
馬4‐3,6,8 各500
三BOX 4-3-6-8 各300
計4,700

小倉11 博多S
◎3ケンフフォヴァルト
2サトノケンシロウ
5メイズオブオナー

馬3‐2,5 各500
三3-2-5 300
計1,300

新潟11 関屋記念
◎2フロンティア
5ショウナンアンセム
13ウインガニオン

馬2‐5,13 各2,000
三2‐5‐13 1,000
計5,000

一日計11,000→?

さて、当たるかな。

ちなみに先週の小倉記念は現地観戦予定であったが、所用があり現地へ行くことは出来なかった。予想だけをして買わなかったら、三連単を2点買いで的中という買わずにがっかりするという状況で、先週は肩を落とし続けていた。予想は当たるとがっかりで、外れても自分の予想の下手さにがっかりするが、今は英語に通うために金が必要だから、競馬で損している場合ではない(と言いつつ、昨日損しているわけだが…)。

ま、競馬を楽しみに、英語学習に勤しむことにする。

英語学習の方法 

August 12 [Sun], 2018, 13:53
 とりあえず英語が出来ないと困る状況にあるのは確かで、そうすると人間は必然的に英語に取り組むようになる。通常だと、そもそも私がいる職場に英語が出来ない人間が来ることはないのだろうけれど、色々な組織の都合で現実にここにいるのだから、嘆いていても仕方がない(笑)。

 何より自分で驚いたことは、今の環境に置かれて、切実に「英語を話せるようになりたい!」と思う自分がいることだ。「英語が話せないと困るから勉強をしなくちゃ」という発想になるだろうとは思っていたのだが、自ら進んで英語の勉強をしたくなる、というのは、強制的にやらせるのとは全く違って、とても懸命に取り組みやすい。7月の末にバンコクに出張に出掛け、その際も英語が出来ないことを痛切に感じたのだが、実質的に8月の頭から昨日までで33時間英語の勉強をしているのだから、結構前向きに取り組んでいると言えるのだろうと思う。

 「英語の勉強」と言っても、単語帳を見るとかでは続かないので、主に4つに取り組んでいる。

1 スピードラーニングを聞き続ける
2 ネットフリックスで「ハウスオブカード」を英語字幕→(答え合わせの意味で)日本語字幕で見る(可能な限りシャドーイング)
3 ELSAという発音アプリで発音を正す
4 「英会話日常表現大辞典10000」という本を音読し続ける

 1のスピードラーニングについては、まとめて買うと高い(10万円とかする)ので、メルカリで30巻目辺りから4つをバラで購入し(1,500円くらい)、それをひたすら聞いている。通勤で手が空かないときは、これを聞いているだけでも大分耳は慣れる。思ったよりも聞き取れているようで、全く分からない表現などは殆どない(ように思う)。

 2の「ハウスオブカード」は政治物であれば必然的に会話が多いのだろうと思ってこれに決めただけ(これをきっかけにネットフリックスに入った)だが、会話が早くて早くてとても耳が追い付かない。英語字幕で見てから日本語字幕で見直す(最初は逆にしていたが、英語字幕で見るのが億劫なので、英語での理解を深めるためにも最初に英語字幕にすることにした)ので、時間が倍以上にかかり、まだ15話目くらいだ。それでも、断片的に英語を理解しているし、英語字幕だけでも一定程度は追えるようになった(と言って良いのか…?)。聞いたことがない単語が出てくると一時停止をしてノートに書き記すことも最近始め、陰謀だの訴訟だの裏切りだのという暗い言葉が多いリストが出来上がりつつある(笑)。

 3の発音アプリは何度もスマホに対して発音し続け、それでもダメ出しをされるが、いかに発音がおかしいのかということを痛感する。正しく発音すると、確かにそれらしく聞こえてくるから不思議だ。自分が発音出来ない音を人は聞き取れない、とオンラインで書かれていて、確かになぁと思いやっている。それにしても、何度も何度もダメだしされると、結構しょんぼりしたりする(笑)。

 4は表現の仕方が分からないのでとにかく読もうと思って買ったもの。辞書的に使うかなぁとも思うが、雑談などの際に会話を広げたいと切に思っている。現状では、殆ど名前と役職を話して後は雑談が終わるのを切に願っている寂しい自分がいる。本当はもっともっと話をしたい、と思うが、話せないという現状はキツい。

 となると、教材だけの問題ではなく、いかに会話をするかということが大切になる。そこで、かの有名なベルリッツへ通おうかと思っているのだが、いかんせん高い。10か月間、毎週80分で70万円超とは高額だが、それで正しく自信を持って話せるようになるのであれば高くはない(と思いたい)。オンラインの英会話の方がずっと安いのだが、パソコンの調子が悪くマイクを認識しないという現実的なつまらないハードルもあり、それだったら高額でも評判の良いベルリッツに通おうかと考えている。

 とにかく勉強するしかない。勉強するには時間も金もかかり、そうすると競馬は出来ない。だから懸命に予想だけをする、という論理構成で、競馬とも引き続き仲良く付き合っていこうと思う(笑)。まずは、とにかく英語が出来るような実感を持てるレベルまで能力を上げたい。現状のTOEICのスコアは最高で775点だが、これを9月の試験で860以上にしたいと思う。これだけ英語に触れる時間が長くなっているのだから、簡単にスコアは取れそうに思うが、とにかく勉強をするしかないと強く思う。

 ま、気長に頑張ろうっと。

久々の投稿 

August 12 [Sun], 2018, 13:43
 最近はブログを書くこともなく、と言っても書くべき内容もなく、時間が過ぎていた。ノートPCを整理していたついでに、久々にブログを更新しようかと思う。

 直近で大きな変化があり、職場が変わり、英語が必須の仕事に転じた。朝から晩まで英語の書面に目を通したり、交渉のために海外に出掛ける(と言っても、私が交渉をするのではなく、交渉のための手持ち資料を作成したり議事録を作る、という役割)こともあり、英語能力の低さに直面し愕然とする日々だ。

 ま、悩んでいても仕方がないので、とにかく英語に触れるようにしている。7月の末に交渉でバンコクへ出掛けた際に、ベテランの上司(もちろん英語ペラペラ)に「恥ずかしいぐらいに英語が出来ない」と述べたところ、とにかく英語に触れるしかない、2,000時間を超えると急に出来るようになると言われているようだ、とアドバイスを受けた。職場には帰国子女も多く、要するに多くの人がペラペラなのだが、そういう方に聞くと、「英語で好きな映画やドラマを見ると良いですよ」と言われ、それなら出来そうだと思い、日々続けているところだ。

 どうせこのブログは殆ど誰も読まない私の自己満足であるから、自分なりに英語の勉強をどう進めていったかを、備忘の意味も込めて書き残しておこうと思う。7月末から昨日までの英語の勉強時間は、計33時間。2,000時間まで…あとたった1,967時間だ。すぐだ(笑)。

釜山での失態 

October 31 [Tue], 2017, 18:43
昨日今日と韓国の釜山へ出掛けてきた。チェジュ航空で往復6300円という信じられない価格だったから、という理由だけで、特に目的があったわけではない。

釜山は港町。気持ち良い風を受けながら、カジノで遊び、旅行代金をあっけなく稼いだ。家にいても同じことをしたであろう、読み残していた経済誌を何冊か読み、ホテルでのんびり。今日は昼前のフライトなので余裕はないが、精一杯楽しもうと港の市場へ。チャガルチ市場という大きな市場がある。

一階で魚を買い、二階でさばいてもらう。新鮮なタコは刺身になった状態でも動いていて、口の中に入れると吸盤が口内に吸い付く。これは初めての経験。魚は刺身にしてもらった残りを鍋にしてもらい、美味しくいただく。

ゆったり食べていたら、流石に時間が厳しいように思えてきた。ま、間に合うかと思ったが、途中の乗り換えやらで手間取ったりして、空港に着いたのはフライトの40分前。こりゃ厳しいか、と思いながらがらんとしたカウンターで話をすると、

『もう締め切りました』

の一言でそれ以上は話が進まず。ま、当たり前と言えば当たり前か…。

とは言え、私も明日は仕事があるから日本へ帰られなければならない。フェリーで福岡まで出て新幹線、KTXでソウルまで出てインチョンからLCC、釜山から普通に帰る…面白そうな選択肢がいくつかあるが、意外と疲れ果てていてやる気が起こらず。

エアプサンのカウンターで成田行きの値段を聞くと、360000ウォンとのこと。円は10分の1なので36000円。ま、それくらいはするのだろうと思うが、しかし高い。かと言って他の手段が安いとも言えなそう。エアプサンをネットで買うとどうなのかと調べると、な、な、なんと8000円!安い!

急いで4時間後のエアプサンのフライトを抑え、カード番号も入力して購入。しかし、嫌な予感がしてよくよく予約内容を見ると、『成田→釜山』で予約してしまった。大馬鹿。LCCはキャンセル不可のケースが多く、こりゃ死んだと思いながら、気を取り直して釜山→成田を予約し直す。値段は10400円。安いね。ま、もう少し余裕を持って空港へ来ていたら、既に飛行機に乗っていたし、余計な出費もなかったのだが…。

落ち着いて、先程の逆区間のフライトを予約し直す形で成田行きを取れば、被害金額も最小限なのではないかと思い、予約を見直す。予約変更は区間が違うとできない様子だが、払い戻しはなんと全額が返ってくる様子。エアプサン、優しい!乗ってから気付いたのですが、エアプサンはLCCではなく普通の航空会社だから、と言うことのようだ。

払い戻しを受けて安心し、さて成田行きを10400円で予約しちゃおう、とサイトで再度予約しようとすると…値段が上がっているではないか!10400円から11400円になっている!足元見やがって!…悪態はつくものの、買わないと帰れないし、ますます価格が上昇しても耐えられないので、迅速に予約。

空港で大分時間を潰し、フライト。驚くほどガラガラで、大丈夫かという搭乗率。20%とかじゃなかろうか。でも、LCCよりも足元が広く快適。機内食もあり、到着ターミナルも地の果てとも思える成田の第三ターミナルではなく、第一ターミナルだった。おかげで到着から10分後の成田エクスプレスに飛び乗ることが出来た。

トラブったが、全体に楽しい旅行だった。今の職場に来てから9箇所目の海外旅行。いつ異動になるかは分からないが、少し遠いところまで出掛けたい

※備忘のために海外の行き先をメモ。
昨年度:台湾、香港、タイ、グアム、韓国(ソウル)、ハワイ
今年度:フィリピン(マニラ)、ハワイ、釜山
今後の予定:上海、ニューヨーク、ウラジオストク

素晴らしきハワイ 

September 23 [Sat], 2017, 1:16
夏のハワイは最高!今年二度目のハワイはシェラトンワイキキに滞在。大きなスイートルームで最高の休暇を満喫中。部屋からはホノルルのビーチはもちろん、ダイヤモンドヘッドも綺麗に見える。

あと4日間、思いっきり楽しむぞ〜!

アフタヌーンティー 

August 16 [Wed], 2017, 17:58
帝国ホテルでアフタヌーンティー。優雅にと行きたいが、雨の夕暮れで優雅さは薄い。しかし、思ったよりも混雑していて驚き。

毎日のんびり過ごして非日常ばかりで良いのだろうかとも思うが、日々を楽しむことがよりクオリティの高い仕事へ繋がると信じて、今日も遊ぶこととしよう(笑)。

電子書籍のスタート 

August 11 [Fri], 2017, 9:45
今まで悩み続けていたのが、電子書籍に切り替えるかどうか。ドラクエをしながらも『ドラクエを終えたら少し勉強しなくちゃ』と向上心を見せつつ、そろそろ引越をする可能性もあり、本棚を少しでも軽くしておくのが良いかと思うようになっていた。

一年以上悩み続けていたのだが、突然思い立って、AmazonのKindle paperwhiteを購入。安いのだし、ま、買ってみてダメなら使わなきゃいいやという感じで使い始めた。

知らなかったのだが、Amazonプライム会員は毎月一冊電子書籍がタダとのこと。音楽を聴くだけでも重宝しているから会員費が高いとは思っていなかったのだが、電子書籍まで無料となれば、そりゃAmazonから離れられませんな。すごい囲い込みだ。

早速ダウンロードした無料のマンガ一冊と、愛してやまない塩野七生『ローマ人の物語』(文庫本ではないから結構なボリューム)を購入しダウンロード。

はっきりいって衝撃。本と同じじゃないですか!こりゃ、全部電子書籍に買い換えるかもしれない。既に持っている本を買い直すのは馬鹿らしいが、それでも本棚を常に持ち運んでいる感覚はすごいものだと思う。これからの読書が楽しみだ。

ドラクエとディアブロ 

August 11 [Fri], 2017, 9:33
寝ても覚めてもドラクエ、とは言い過ぎだが、8/1に手に入れてから大分時間を費やして昨夜クリアした。全体では40時間ほどだろうか。過去のドラクエを考えても、こんなに時間を費やしたことはないように思う。本当の大ボスを倒したレベルが80超えであるから、こんなにレベルを上げたことも記憶にない。

ドラクエはやはりドラクエで、王道を安全に突き進んでいる感じだ。前作も前々作もプレイしなかったが、今回遊んだ最大の要因は、3DSで昔ながらの2Dがあったからだ。3DのRPGは疲れる。というか、私は好きではない。恐らく2Dでなければ買わなかった。

ま、単に買ったのではなく、部かとのコミュニケーションの一助のためにも、と思い購入した面もあるのだが…(←大嘘)。

ドラクエは面白いが、意外や意外、ドラクエのせいで中断したPS4のディアブロがやりたくて仕方がないということにも気付いた(笑)。ディアブロをやりたいがドラクエのために我慢するという不思議な心理状況があり、ドラクエも間もなく完全に終えて売りに出したいと思う。そこから、改めてディアブロを遊び直すことになる(笑)。

ディアブロは既に50時間以上をつぎ込んでいるはずで、それでもまだ飽きないのだから、しみじみとすごい作品だと思う。PS4を買ってディアブロしかやっていないが、このためだけに本体を買っても全く後悔はないレベル。あぁ、今日は仕事だが、明日は遊び呆けたいと思う(笑)。

憧れのフェアレディZ…? 

July 18 [Tue], 2017, 9:19
日曜日は泊まり勤務を終えてから、高校時代の麻雀仲間と集いひたすら麻雀に興じる。昼はバーガーキング、夜はステーキと全くクズなハイカロリーを摂取しつつ、あーだこーだを話ながらの麻雀は無条件に楽しい。仕事の際に一睡もしなかったので、勝手に徹マンのような状況であり、途中を三人麻雀にしてもらって卓で眠るというのも、麻雀を始めて20年くらいで初めての経験だ(笑)。

友人たちとは22時頃に別れ、24時前に八重洲でフェアレディZを借り、その車で帰宅。月曜日にドライブに出るためだ。昔からフェアレディZに乗ってみたい!と強く思っており、ようやく借りた。本当は先週の沖縄旅行の際に借りたかったが、3日間で5万を超えるレンタカー代は出せず、3日で8000円のインプレッサ(安いけど最新型!)にした。

フェアレディZで帰宅し、朝まで眠ってから7時頃に動き出して三島スカイウォークという吊り橋へ。これが目的というより、適当なドライブをするのに良い場所というチョイスの仕方だった。三連休最終日の道路は混んではいるが、思ったほどではない。スカイウォークで気持ち良い風を受けながら、吊り橋を楽しんだ。

憧れのフェアレディZの乗り心地は、と言うと、思ったほど快適ではないという感じか。期待が高すぎたというのはあるが、そもそもクーペは乗りにくく、車高が低いから視認性が悪い。ま、慣れの問題で、最後には大分慣れたが、普通の車の居住性や乗り心地はかなりレベルが他界のだなぁと感じる結果となった。ただ、高速走行についてはやはりスーパーウルトラ快適で、少し踏み込めば180キロくらい出るのではないかという軽さ。殆ど踏まずに100キロ出るから、高速を思い切り飛ばすとそれは快適なのだろう。ハンドル操作に対してキビキビと反応するのはさすがスポーツカーの面目躍如というところで、運転の楽しさを実感できる素晴らしい車だと感じた。…レンタカーでは良いが、普段使いの街乗りには全く不適で、贅沢な趣味だと改めて思う。

三島スカイウォークと沼津なんちゃら寿司というかなり美味しい寿司を食べて満足し、14時そこそこには三島を出ようとしたところ、最短で17時に東京駅に着くとカーナビでは出たのだが、そこからまさかの事故やらが多重になり、遅れに遅れて21時前の到着となった。三連休最終日だからとは言え、さすがに4時間遅れは考えていなかった。18時までに返す契約だったが、早目に電話で詫びを入れ(『19時になるとカーナビが言ってます…』)、もうダメだというところで更に連絡(『21時にならないと着かないみたいです…』)したところ、次に借りる方に連絡をして何らかの形で円満に処理したようだ。フェアレディZを借りたいという客に、すいませんと頭を下げてプリウスを貸しても納得はしないだろうからなぁ…どう対応したのだろうか。電話口の担当氏は柔らかな口調だったので、上手な客対応をしたのだろうが。

最後は疲れ切った中、レンタカー屋の近くにある俺のイタリアンで楽しく美味しく食べて帰宅。実に金のかかった一日だったが、思い出に残る(?)一日となった。フェアレディZはまた借りたい気持ちはあるが、地方に転勤になったら買おうという気持ちは消えた、そういう一日でもあった(笑)。
P R
2018年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像横浜から
» 次なる目標は (2015年01月21日)
アイコン画像ほし
» 甘じょっぱい (2014年10月23日)
アイコン画像マタイ24
» 1日目 (2013年07月03日)
アイコン画像繪琉 敬
» ジャパンカップ予想 (2012年11月20日)
アイコン画像友人A
» 支え (2012年05月19日)
アイコン画像masa2002
» 絶対に負けられない戦い (2012年03月05日)
アイコン画像テスタマッタ
» 絶対に負けられない戦い (2012年03月05日)
アイコン画像杉村陽子
» 結果 (2012年02月19日)
アイコン画像role-end
» んふ。 (2011年12月18日)
アイコン画像予定
» まさかの! (2011年12月09日)
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/masa2002/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:masa2002
読者になる
気ままな会社員Littleのお気楽日記。 仕事も楽しく、日々の何気ないことに喜んでいるふつーの日常で良ければ、どうぞお楽しみ下さい。 ・・・ただし、文章は長いです。
Yapme!一覧
読者になる