#395 あなたたちの時代のこの暗闇の中に

January 01 [Fri], 2016, 22:33
#395 あなたたちの時代のこの暗闇の中に  1988年12月24日 聖夜 ドンゴ(コモ県)

 最愛の子らよ、この期待に満たされた時を、私と一緒に徹夜してください。聖夜です。あなたたちも、母としての私の心の喜びにあずかりなさい。神である私の子ども、昔から期待されたお方、御父のおんひとり子エンマヌエルすなわち、われわれと共にある神が生まれようとしています。
 私は、あなたたちを私の汚れなき心の最も奥深いところへと導きたいのです。それは、私の子イエズスの誕生に先立つ数時間に私が感じた感情を私の小さな子どもであるあなたたちにも分け与えるためです。
 その時、私の魂は平和と幸せの大洋の中に沈められていました。私の乙女の胎内に形づくられたその人間としての体のうちに、すでに9ヶ月前から鼓動していたみことばの現存は、全天国の光りと幸いをもって、私の魂を満たしていたのです。聖三位一体は、私の胎内に常にその住まいを定めておられました。天使たちのすべての軍隊は、絶えざる礼拝をもってひれ伏し、天の歌の非常にすばらしい旋律を奏でていたのです。神の光そのものが、私の魂を変容させていたので、私の魂は、神の美しさを最も純粋に反射するものとなっていたのです。こうして、限りない暗闇の中にのぼろうとする光を憩わせるために、私は貴重なゆりかごを準備していました。
 私の心は、他のいかなる被造物にも決して与えられなかった、それほど大きな愛の体験に開かれていたのでした。神である私の子の誕生の、待ちに待たれた瞬間がすでにやって来たと感じた私の心は、どれほど言い尽くせぬ甘美な愛情にひたされたことでしょう!
 母としての私の愛は、乙女としての私の特長と、そして、私から生まれようとする子どもが、神の御子であるという確信によって、さらに完全なものとされました。
 こうして、御子の誕生に先立つ瞬間において、私の心は、昔から待ちこがれていたすべての人の愛によって満たされていました。アダム・アブラハム・モイゼの愛、イスラエルのすべての予言者と義人たちの愛、小さな人々と、神の
貧しい人々の愛は、私の乙女の心に集められていたのです。生まれようとする御子を、彼によってあがなわれ、救われる全人類の鼓動をもって愛するために、私の心は開かれるのでした。
 私の体は、たぐいなき光に包まれていました。私が、祈りと天の御父との深い交わりの脱魂状態に入れば入るほど、その光は、ますます強く活けるものとなっていました。
 その夜、天国はすべて貧しく寒いほら穴の中に含まれていたのです。ひとすじの光が水晶をつらぬくとき、これに傷をつけないのと同じように、神である子どもは、私の乙女の胎内のヴェールを通っても、私の完全な処女性の輝きに傷をつけませんでした。 私の子の誕生は、こうした感嘆すべき方法で行われたのです。時が満ちたその時に、いちばん大きな不思議が完成されました。

 最愛の子らよ、その最初の誕生によって来られた主は、これから光栄のうちに、あなたたちの所に帰ろうとしています。主の第二の光栄ある誕生は近づいています。ですから、あなたたちの時代のこの暗闇の中に、あなたたちに主を歓迎する準備をさせるのは、母としての私のつとめです。私が主の最初の誕生の時に歓迎したように。
 あなたたちの魂が、神の恵みと光り、そして、あなたたちにおける主の絶えざる現存によって照らされますように。
 あなたたちの心が、新しく、より深く愛するために開かれますように。あなたたちの愛は、全世界を包んで、その中にある罪と悪、利己主義と憎しみ、そして不潔なすべてのものを焼き尽くすほどに強い火となって、
燃えあがらねばなりません。
 あなたたちの体は、聖徳と純白とのマントに包まれますように。あなたたちは、再び清らかなゆりの花のように輝きますよう。あなたたちのまわりに、私の処女的な汚れなき香りが再び広められますように。
 そうすれば、あなたたちは、あなたたちの時代のこの暗闇の中にあっても、私の汚れなき心の光に包まれて、主の光栄ある来臨のために、貴重なゆりかごを準備することができるでしょう。 
  • URL:https://yaplog.jp/mary-mantilla/archive/4