【cinema】『ノウイング』(試写会)

July 05 [Sun], 2009, 23:55
'09.06.29 『ノウイング』(試写会)@ヤクルトホール

こちらもyaplogで当選。ありがとうございます! SF映画ってそんなに好んで見るほうではないけれど、見てみようと思ったのは主演がニコラス・ケイジだから。MJことみうらじゅんがやたらとニコラス・ケイジに注目していた時期があって、その影響だと思うけどニコラス・ケイジを見ると「クスッ(笑)」となってしまう。顔を見なくても字面だけでも笑ってしまう。何故だろう(笑) 関係ないけどMJによると日本名は日光羅酢慶次だそう。

※ややネタバレ、そして辛口です・・・ すみません

「宇宙物理学者ジョンの息子ケイレブが通う小学校で、創立50周年を記念し、50年前に埋められたタイムカプセルが開けられた。当時の小学生が描いた未来の絵が子供たちに配られるが、ケイレブが受け取ったのはルシンダという少女が書いた紙一面の数字の羅列。ジョンはその中に事件もしくは事故の起きた日付と犠牲者の数が隠されていることを発見する。その中にはまだ起きていない事故が3件書かれていて・・・」という話。まぁ、おもしろかった。けど、ニコラス・ケイジじゃないと辛いかなぁ・・・。前にも書きましたがSFは嫌いじゃないけど好んで見る方ではない。ドキドキさせる話の展開や、CGの迫力はすごいので見ている間は楽しいんだけど、SFというからにはオチは宇宙人とかいうことになるわけで、そこがどうにも「う〜ん・・・」となってしまう。あくまで個人的な感想なので、SF自体をバカにしてはいません! そいうオチでもおもしかった映画もたくさんあるし。でも多分宇宙人のオチがなじめないと言ってしまう時点で、SFの見方を間違っているんだと思う。そんな間違った見方で見た感想としては、まぁ、おもしろかったという感じ。

冒頭からオチ近くまではかなりおもしろくて引き込まれた。50年前の小学校から始まる。ルシンダは学校の行事の何か(失念・・・)に彼女の案が採用されるような発想力豊かな少女のようだけど、画面に映る彼女は暗く何かに怯えているようで、正直不気味。この後、例の手紙を書くシーンがあるけど、まるで自動筆記のよう。彼女の行方不明事件とかしばらくルシンダのエピソードが続くけど、ここが伏線となることは分かる。レトロな画がいい。個人的に先生のひっつめ髪や、長めのタイトスカートとカーディガンというファッションが好きだった。あの時代は品がある。あんまり関係ないけど(笑) でも、このどこか品がある感じが、少女の異常性を際立たせている感じはある。品があるってことはきちんとしてるってことで、それは保守的であるってことでもあると思う。みんなが品良くきちんとしていることを前提とした中での、ルシンダの行動はかなり異様な感じがして導入部としておもしろい。いつも予備知識は極力入れずに見に行くので、現代の話なのか良く分からず、てっきりこのまま50年前で進行するのかと思ったら、現代へ。

ここから日光羅酢の活躍となるわけだけど、妻を亡くした男やもめで少し難しい年頃になってきた息子と2人暮らし。母親を亡くした傷の癒えないケイレブを、自身の傷も癒やすことが出来ないまま育てている。この親子関係は良かったと思う。ジョンと父親との親子関係も出てくるけれど、それ自体はラストのシーンをやりたいがための、とってつけた感があって、描ききれているとはいえないかも。ちょっと脇にそれてしまったけれど、ジョンとケイレブは大きいけれど古い家に住んでいる。基本この家が登場するのは夜。ジョンはマサチューセッツ工科大学で教える宇宙物理学者。宇宙物理学がどんなことを研究しているのか、その学者の収入具合がどんな感じなのか不明だけど、家ずいぶん汚い。男やもめぶりアピールにしても壁紙も破れちゃってるし(笑) でも、その感じが不気味さをかもし出してはいる。どこに住んでるのか忘れてしまったけれど、マサチューセッツなのでしょう。マサチューセッツのことは全然分からないけど、ジョンの家は森の中みたいなところにある。こんな所に小学生が1人で居たりするのは昼間でも怖いだろうと・・・。まぁ、森の中に家があることには意味というか、理由があるので仕方ない(笑) 家の中の照明も暗くて全体的にお化け屋敷っぽくていい。

ジョンはひょんなことからルシンダの手紙に書かれた数字には、意味があるんじゃないかと思うけれど、そのきっかけは911。ハリウッドはことあるごとに911を入れてくるな。しかし犠牲者2996名・・・。たしかに風化させてはいけないかも。そこからジョンはあらゆる事件、事故の記録を検索し始める。この辺りはスピード感があって引き込まれた。映画の架空の事件はこれから起こる3件と、ジョンの妻が亡くなった火事のみなのかな。実際のニュース映像が使われている。阪神淡路大震災の映像もあった。実際に犠牲となった方々がいらっしゃるわけで、その映像を使う是非っていうのはあると思うけど、リアルな感じがしてここは良かったと思う。ジョンは壁に掛けたホワイトボードに数字を書き写して謎を解いていく。いまどき手書きなのかとか、書き写すの早ッとかいうツッコミはまぁいいか(笑) 日付と犠牲者数を青と赤のペンで囲んでいくんだけど、そこに表れた形が遺伝子の二重螺旋に見えたので、プログラミングされているって事かと思ったんだけど、そんな描写はなかったので全く見当違いだったらしい・・・。まぁ、完全な文系タイプなので全然詳しいわけでもないのだけど(笑)

ここまではニュース検索にネットを使っているけれど、わりとハンド作業。"ささやく人達"という謎の人物達も出てくるけれど、登場の仕方もレトロ。その感じはいい。こじつけともとれる数字の羅列の法則にしても、これをもっと科学的(どういう作業は分からないけど・・・)に解明していたら、逆にうそ臭かったかも。ジョンの妄想だと思える余地を残しつつも、それはそんなに引っ張らない。でも、見ている側は数字にとりつかれるジョン同様気になって仕方ない。そしてまだ起きていない3件のうちの1件にジョンと共に遭遇することになる。さんざん世界各国の事故を予測していたわりに、3件のうち2件はアメリカで起こるんだというツッコミもあるけど、そこはハリウッド・ルールということで(笑)

この2件の事故の映像がスゴイ。ちょっとやり過ぎな気もする。最初の事故は別の方向へ行くように仕向けておいての、あの事故なのでビックリ。このくらいのCGならばすごくリアルでスゲーと思って、事故映像にもかかわらずその迫力に感動した。って、ネタバレしないように避けて書いたけど、CMで使われてますね(笑) 飛行機事故です!その後の事故現場のシーンを引っ張りすぎな気はするけど、ジョンの無力感は伝わってきた。ジョンは文系科学者で、普段体を鍛えている様子もない普通のオッサンだから、ジャック・バウアーみたいな活躍はムリなわけで、そういう面ではいいと思うけど・・・。2つ目の事故に関してはもうホントにやり過ぎ。まぁ、実際の事故現場を見たわけではないので、もしかしたら大袈裟ではないのかもしれないけれど、発生当初から一段落つくまでが、これでもかとCGで押してくるので、最初はスゲーと思っているんだけど、そのうち放心してしまって、ちょっと呆れたような感覚になってしまう。

後半、もう2人重要な人物が登場してくる。ルシンダの娘ダイアナと、孫のアビー。ルシンダ自身は子供の頃からささやく声に悩まされ、やがて自分が使命を負っていると思い込み、夫と別れて森の中に移り住み、そして自殺してしまう。「母さんは精神の病だ」と言う夫が、子供の頃からおかしな言動を繰り返していたであろうルシンダと何故結婚したのかってツッコミもなしで(笑) この映画では意味のあることなので。ダイアナもその母が能力者だったために、悲しい人生を歩んできたけれど、役どころとして終始怯えてばかりで、待てというのに勝手に行動し、事をややこしくしてしまい、イライラさせるだけに終わってしまったのは残念。もう少し生かせなかったかな・・・。

というわけで、キャストの演技はニコラス・ケイジの1人舞台という感じ。ほとんど子役相手だし。この役自体にどのくらい演技力を必要とされているのかなと思うけれど、前にも書いたけれどジャック・バウアーではない文系のオッサンが妄想気味に事件と関わっていく感じに、イライラしたりせず、ストーリー展開上読めてしまっているとはいえ、妄想ではないってことのリアリティーを持たせていたのは、ニコラス・ケイジのおかげかも。ケイレブ役のチャンドラー・カンタベリー君は『ベンジャミン・バトン』で、若返ったベンジャミンを演じた子だそうで、この映画でも重要な役どころ。ちょっと繊細でひ弱な彼が、重大な決心をするのは健気。そういう意味では彼の演技は良かったと思う。

正直、ツッコミどころは満載。ささやく人達の目的がサッパリ分からない。これはそもそも人類とは・・・ってとこから、アノ人達の仕業なのでしょうか? 要するに神ってこと? で、数々の事故は彼らが起こしてたってことなんでしょうか? それとも警告? ジョンに解読させた狙いは? しかも何故50年がかり? そもそもの目的は一体何? シュミレーション? ゲーム? ということが全て曖昧。でも多分、そういうツッコミはしちゃダメなんでしょう。そしてこれ、ここ書いちゃったらネタバレでしょうかね・・・。バレてないからOKかな。って私が分かってないだけか? もうサッパリ分からなくなってきました(笑)

『1408号室』『ターミネーター4』とキリスト教の話なんじゃないかと勝手にこじつけてきましたが、この作品はまぎれもなくキリスト教の話。ラスト、ハッキリした形で示されている。ケイレブとアビーはある有名な人物になるわけだけど、途中意外にその役目を果たす人々がいるらしいことが気がかり(笑)

とにかく、ツッコミどころ満載。だってストーリーの根幹が謎のままだし。でも、多分見せたかったのはCGなんだと思う。要するにXデーのアレと、ささやく人達の姿と、そしてラストのアレ。そこはやり過ぎだけど、まぁスゴイ。キリスト教徒ではないので、ラストのアレがあんな情景でアリなのか分かりませんが、私的にはちょっと・・・ もう少し何とかならなかったのかなと思った。デザイン的に・・・ SFとかCGとかそういう世界観が好きな人なら楽しいのかな・・・。このジャンル詳しくないので分かりませんが、謎解きの部分はかなりおもしろかった。ラストそんな方向へっていうのも、あそこまでやられるとむしろいいかも。下手に無理やりなハッピーエンドだった『宇宙戦争』より、潔い気がしましたが、悲壮感が無かったのも事実。だってあまりにすご過ぎて(笑)

・・・と、なるべくネタバレを避けたのと、SFの見方が分かっていないため、ものすごい曖昧な感想になってしまった。そして辛口ですね・・・。申し訳ないです(涙) でも、日光羅酢は堪能しました!


『ノウイング』Official site
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/663
Trackback
Trackback URL
ニコラス・ケイジ主演、不条理(?)パニック・サスペンス「ノウイング」を見ました。

ニコラス・ケイジといえば、”今や存在だけで客を笑わすことができる俳優”などと
いう褒めてるのか貶してるのかわから...
RISING STEEL  February 17 [Thu], 2011, 23:16


2009年アメリカ
監督:アレックス・プロヤス
出演:ニコラス・ケイジ、チャンドラー・カンタベリー、ローズ・バーン

評価:58点

ネタばれしていいでしょうか。
いいよね。いいと言って?!

先日DMMどっとこむで、1800円払って郵送でDVDが送られてくるシステムに入会した...
デコ親父はいつも減量中  August 28 [Sat], 2010, 21:06
監督 アレックス・プロヤス 主演 ニコラス・ケイジ 2009年 アメリカ映画 122分 SF 採点★★★★ 「ハイ、明日で世界が終わりです。さぁ、あなたならどうする?」なんて質問をたまに耳にしますが、どうするもこうするも。アワワアワワと一日中慌てふためいて終了です。 ..
Subterranean サブタレイニアン  June 16 [Wed], 2010, 14:51
【 41 -9-】 予告編のインパクトだけに惹かれていた、あの予告編で突っ込んでくる飛行機がどうなるんだ!と気になって眠れなくなるほどに・・・グー…(_ _).。oO
ニコラスケイジも大好きだ、なんであんな顔や髪なのにたくさん主役張れるんだろう?って疑問に思うのは失礼な話し、だけど不思議。

 大学で宇宙物理学を教えているジョンは、ある日、小学生の息子ケレイブが持ち帰った紙に書かれた数字に目を留める。そこには過去に起きた大惨事の日付と犠牲者の数が書かれていたのだ。しかもそれは、50年前に小学校に埋められたタイムカプセルから出てきたものだった。やがて数字に予告された日付に大事故が起きる。さらに数字の最後には、人類がかつて遭遇したことがない大惨事が待っていた…。

 怖い映画が大嫌いな俺、最初の40分くらいまでは「しまった!ちゃんとどんなお話なのか調べてから見に来れば良かった!」と後悔しきりで、シートの中で膝を抱えてブルブルと子ウサギのように震えまくっていた・・・おしっこちびりそ。
特に二役を演じていたララ・ロビンソン、おばあちゃん(ルシンダ・エンブリー役)の子供時代の演技、こえーっ!こえーっ!まじこえーっ!

 そし...
労組書記長社労士のブログ  July 30 [Thu], 2009, 11:31
☆ちょいと個人的に色々あって、一週間ほど前に、この映画を見ようとした時、一緒に行った人とケンカして、見ないで帰ってきた(チケットは買っていた^^;)。

 故に、この映画にはケチがついたので、見るつもりはなかったのだが、先日、『クヌート』を見たとき、あのローランド・ヱメリッヒ監督のマヤの地球滅亡予言を題材にした『2012』の予告編を見て、そのダイナミックな破壊描写に、地球滅亡繋がりで、この『ノウイング』を思い出し、ちょいと見ようと思い立った次第だ^^;

 傑作『ブラインドネス』の前座に『ハプニング』があった。

 そして、ヱメリッヒの「大雑把にドカンと一発!」の前に『ノウイング』があるという位置付けは悪くないと思う(・・・そうか?^^;)。

 なお、今回は、エメリッヒの「エ」を「ヱ」と書いてみました^^

 意味はないです^^;

 それから、『2012』には、かなりの美幼女が出ていたので、それが楽しみです^^;

   ◇

 ・・・と、ここまでは『ノウイング』鑑賞前に書きました。

 すいません。

 ヱメちゃんと比べてしまって申し訳ない。

 この作品、私にはかなり面白かったのです。

 片手間...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』  July 29 [Wed], 2009, 1:55
ディザスター・ムービー、パニック・ムービーが大好きな自分としては、この夏見逃してはいけないと思っていた映画の1本『ノウイング』をこの間観ました。

********************

ニコラス・ケイジ主演で放つ驚異のディザスター・パニック・サスペンス。50年前のタイムカプ



 予告編を見るだけでドキドキしてしまう映画ノウイングを観てきました。
よしなしごと  July 21 [Tue], 2009, 22:21
 人類は「知る」ーーーーー未来はすでに通達されていることを。
久しぶりに映画を二本鑑賞してきました。その1本目が本作「ノウイング」。主演は、ニコラス・ケイジ。実は彼の作品は過去に1本だけしか観ていません。どちらかと言えば、お気に入りの俳優さんではないのですが。だから今回も観ようか?どうしようか?迷っていたのです。そこで事前に他のブロガーさんの記事をチェック。すると意外に良さそうな感じなのでスルーせず観ることにしました。
結末から言うと、やはり悲しいのかな?それとも希望の持てるものなのかな?何か複雑な気持ちです。わずかな人だけしか救われないというのもどうかなんて思いましたが・・・・。現実に起こったら、どうなんでしょうね。私はきっとパニックってしまうだろうなあななんて思いました。そういえばキアヌ・リーヴスの「地球が静止する日」を思いだしました。どこか被りますよね。
さてお話は
冒頭は1956年?いや55年?50年前の小学校でのお話から始まる。タイムカプセルに皆のメッセージを入れて、50年後に掘り起こすということでクラスの皆で絵を描くのだが、このクラスにひとりの少女ルシンダだけが絵を描か...
銅版画制作の日々  July 20 [Mon], 2009, 22:34
ニコラス・ケイジ主演の地球規模のパニック・SF映画だ。地球上の生物が消滅してしまうような、大規模な危機を描いている。その根本にある思想的背景は、キリスト教やマヤ文明の終末論がある。さらに、太陽風とか恒星風という熱と放射能を持った宇宙線が危険だということも予
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  July 20 [Mon], 2009, 20:08
ニコラス・ケイジ主演で、『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス監督が放つディザスター・ムービー、「ノウイング(KNOW
Wilderlandwandar  July 20 [Mon], 2009, 18:22
この映画の感想を一言で言い表すならへんなの!…ってところだろうか。SF映画だと思って観に行ったら…ホラー?オカルト?ミステリー?パニックもの?やっぱSFなの?と、ごった煮状態。いろいろな要素を盛り込みたかったのは分かるけど、何となく収拾がついていない感じがする。まぁ、それもラストで一気に解決(?)するのだが、ヘンな映画という印象は拭えない。この『ノウイング』を観ながら、過去に観たある一本の作品を思い出していた。丹波哲郎の『大霊界』!あれほどヘンテコではなかったけど、創り手が「イッちゃってる」感じがするのは共通するところ。おまけに力が入っていることは伝わってくるが、それが空回りしているのも一緒(『大霊界』には敵わないけど)。ある意味とても面白く興味深い作品ではあった。物語の先が全く読めず、驚愕のラストまで一気に突っ走る(迷走と言ってもいい)。ぜひともあまり先入観を持たずにご覧いただきたい。なので映画の紹介も、ニコラス・ケイジが熱演してた、くらいで詳しいことは書かないで終わりにしたい。いや、あと一言。地下鉄の脱線事故のシーンは迫力満点で出色の出来。ここだけでも観る価値あり!
古今東西座  July 20 [Mon], 2009, 8:52
     ★★★☆☆  地球滅亡の危機を描いたSF。 原題は「Knowing」。        1959年、米Massachusetts州 Lexington。 小学校の創立記念の行事で 児童の絵がタイムカプセルに入れられた。 だが Lucinda Embryは、 絵を描かずに数字の列を書いた。 それから50年後、 タイムカプセルが開けられ、 児童の一人Caleb(Chandler Canterbury )が Lucinda(Lara Robinson =Dianaの娘Abbyと一人二役) の手紙を手にする。 Calebの父親でMIT の宇宙物理学の教授 John Koestler(Nicolas Cage )は、 手紙に書かれていた数字の一部が 過去の大惨事の日付と死者の数で あることに気づく。 やがて、手紙に書いてある通りに 飛行機の墜落や地下鉄の事故が起きる。 Johnは、Lucindaのことを知ろうと 彼女の娘 Diana(Rose Byrne )に近づく。 謎を解いていくうちに、 地球滅亡の日が近づいていることを知ったJohnは、 何とか家族らを助けようとするが・・・      ◇  現代版「ノアの方舟」といった映画だ。 旅客機や地下鉄の事故、 終盤のシーンはCGを使って 派手に描いている。 途中から、 いかにもSF映画に出てくる宇宙人のような 黒マントの怪しい男たち...
富久亭日乗  July 20 [Mon], 2009, 7:39
監督・製作: アレックス・プロヤス
キャスト
ジョン・ケストラー☆ニコラス・ケイジ
ケイレブ・ケストラー☆チャンドラー・カンタベリー
ダイアナ☆ローズ・バーン
アビー/ルシンダ☆ララ・ロビンソン
フィル・ベックマン☆ベン・メンデルソーン
グレイス☆ナディア・タウンゼンド
異星人☆D・G・マロニー
リベレンド・ケストラー☆アラン・ホップグッド
アリソン☆エイドリアン・ピカリング
ルシンダの母☆タマラ・ドネラン
ルシンダの父☆トラヴィス・ウェイト
...
あーうぃ だにぇっと  July 20 [Mon], 2009, 6:11
人類再生を託すモスキートのささやき。くやしいけど聞こえない!とテレビで散々話題になった足立区の公園に導入されたモスキート音発生装置。不快な雑音は拷問に使われることもあるが、この映画ではそれが生死を分けるくらい重要な小道具に使われた。落としどころに新味は...
☆ EL JARDIN SECRETO ☆  July 20 [Mon], 2009, 5:04
50年前のタイムカプセルの中に入っていた1通の手紙…中には数字がぎっしり書き込まれていた。手にしたのは宇宙物理学者ジョンの息子ケイレブその数列の謎をひょんなことから解いてしまったジョンそれは50年前に書かれた、その時からこれから起こる惨劇を予言したしたメッセー
黒猫のうたた寝  July 18 [Sat], 2009, 23:51
監督    アレックス・ブロヤス   
キャスト  ニコラス・ケイジ
      チャンドラー・カンタベリー
      ローズ・バーン
      ララ・ロビンソン   
 
 ニコラス・ケイジが前にも似た映画に出ていた、昨年のネクスト。二分後に何が起こるか判ると言う予知能力を持つ主人公の話。この種のネタが好みなのかこの映画も突拍子もないストーリーで呆気にとられながらシーンが展開する。だが見応えはあった。次々と展開する新事実、目の前で起きる大惨事、それにひとたまりもない人間と圧倒的な恐怖を最新のVFWで描く。一度始まったら、休み無くぐいぐいと引き込まれて行く。特に目の前で墜落する旅客機、凄まじい地下鉄の暴走と激突のシーンは見逃せない。この大惨事をもとにした一種のスリラーに仕立て上げたのは評価できる点。最後にはこれまでに観たこともないようなディザスター(災害)のシーンが描かれるがデジタル・スタジオのAnimal Logicの力の入れようが判る。昔からありがちのネタと結末の映画で、作りようによってはつまらない映画になりそうだが、それを十分に補っていると思う。


ファミリー度 75点 カップル度75点...
You got a movie  July 18 [Sat], 2009, 22:51
映画は時代の鏡であるとは、よく言われることである。つまりいかなる映画でも、それが作られた時代を反映しているということである。では、この「ノウイング」という映画は、この時代の何を反映しているのだろうか?この映画が描くものは「破滅・再出発」であるが、現在、...
映画と出会う・世界が変わる  July 18 [Sat], 2009, 18:20
解説: 『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス監督が放つディザスター・ムービー超大作。消滅の危機にひんした地球を舞台に、ある重大な事実を知った大学教授とその幼い息子による愛と勇気のドラマが展開する。主人公の大学教授を演じるのは『ナショナル・トレジャー』シリーズのニコラス・ケイジ。『ハリー・ポッター』シリーズなどを手掛けたハリウッド最高峰のデジタル・スタジオ、アニマル・ロジックが担当する驚異のVFX映像に注目だ。(シネマトゥデイ)

あらすじ: 50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列されたメモを持ち帰った小学生ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)。彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニコラス・ケイジ)は、その数列を解析し、激しく動揺する。その数列は、実際に起きてきた過去の惨事と、これから先の未来に起こる災難を予知するものだった。(シネマトゥデイ)


ヤプログさんの試写会に当選して一足先に鑑賞させていただきました。
いつもありがとうございます。

さてこちらの「ノウィング」。
予告編も他の映画でみてましたが、最初に観た予告とここ数週間の間に観た予告では抜粋して...
すたほ〜映画・本の部屋〜  July 18 [Sat], 2009, 10:45
ニコラス・ケイジってなんだかこういうSF要素の入っているタイプの作品が好きですね
はらやんの映画徒然草  July 18 [Sat], 2009, 6:06
毎月14日は「TOHOシネマズ・デー」で1本1000円の日なので、
まとめて4本観てきました・・・「ららぽーと横浜」で。
その3本目。
こちらは最近流行の「デジタル上映版」で鑑賞。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★  July 18 [Sat], 2009, 1:51
KNOWING人類は「知る」?未来はすでに通達されていることを。上映時間122分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/07/10ジャンルサスペンス/SF【解説】ニコラス・ケイジ主演で放つ驚異のディザスター・パニック・サスペンス。50年前のタイムカプセル...
CinemaCollection  July 17 [Fri], 2009, 16:59
[ノウイング] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.0/10点満点 2009年67本目(62作品)です。 2009年に入って半年余りでついに昨年の鑑賞本数を超えました!! 何度も言いますが、こんなに早く記録を更新するとは思わなかったので、ビッ..

□作品オフィシャルサイト 「ノウイング」□監督 アレックス・プロヤス □脚本 ジュリエット・スノードン、ライン・ダグラス・ピアソン、スタイルズ・ホワイト □キャスト ニコラス・ケイジ、チャンドラー・カンタベリー、ローズ・バーン、ララ・ロビンソン、ベン・メンデルソーン、ナディア・タウンゼンド
■鑑賞日 7月13日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)
<感想> 未来予知と人類滅亡。 そんなテーマは今までにもたくさんあった。 何番煎じと言えばいいのかなぁ(笑) そしてそこに選ばれし二人の子孫とくれば、おそらくどこかで泣けるのだろうと思うのが普通なのだが、どうも予告編の力に屈した形で、期待していたほどの出来ではなかったようだ。 どうもこの手の映画の脚本は、あまりヒネリを加えず、同じ人間としての心に訴えるものが不可欠で、 『アイ、ロボット』のアレックス・プロヤス監督にも期待し過ぎてしまったのがいけないのかもしれない。 そして、今回はヅラだとく疑うこともなくナチュラルに見えたニコラス・ケイジ(笑) ニコラスの主演なだけに観て行ってしまったのだ...
京の昼寝?♪  July 17 [Fri], 2009, 12:38
とにかく唖然。勘のいい方ならこのラストは想像に難くないのかもしれないが、少々鈍い私にはまさしく唖然のラストだった。
SOARのパストラーレ♪  July 16 [Thu], 2009, 22:37
「ノウイング」★★★
ニコラス・ケイジ 、ローズ・バーン 、チャンドラー・カンタベリー 主演
アレックス・プロヤス 監督、2008年、122分 、アメリカ

                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい



「50年振りに取り出されたタイムカプセル、
小学生の手紙のひとつは
数字だけの奇妙なものだったが、
それが世界の大惨事と符合することを
発見した主人公は、
ラストに地球の滅亡を読み取ってしまう」


(ラストにネタバレがあるのでまだ見てない人は、見てから読んでください)


渋滞の道路に航空機が墜落するシーンは
思わず体をよけたね、
そんなことしても仕方ないけど
あまりにリアルな迫力で
映画館で見る喜びを感じる。
このシーンをTV画面で見たら、この映画の
幕開けの強烈なインパクトが薄れてしまう。

50年前少女が残した手紙の
奇妙な符合に気づいた時から
主人公の周囲に不思議なことが起こり始める。

そうなるとこの「落ち」は
だんだん予想がついてくる、
この嫌な予感はや...
soramove  July 16 [Thu], 2009, 16:09
2009年。アメリカ。"Knowing".









  アレックス・プロヤス監督・製作。









 定期的に訪れるニコラス・ケイジの季節がやってきた。シリアスな表情をしながらギャグをぶちかます俳優としては右に出る者がいないまでにその演技者
映画の感想文日記  July 16 [Thu], 2009, 7:48
{{{
大学で宇宙物理学を教えているジョンは、ある日、小学生の息子ケレイブが持ち帰った紙に書かれた数字に目を留める。そこには過去に起きた大惨事の日付と犠牲者の数が書かれていたのだ。しかもそれは、50年前に小学校に埋められたタイムカプセルから出てきたものだった。やがて数字に予告された日付に大事故が起きる。さらに数字の最後には、人類がかつて遭遇したことがない大惨事が待っていた…。
                                             }}}

この手の作品...
Cartouche  July 15 [Wed], 2009, 22:33
『ノウイング』を観ました『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス監督が放つディザスター・ムービー超大作です>>『ノウイング』関連原題: KNOWINGジャンル: サスペンス/SF上映時間: 122分製作国: 2009年・アメリカ監督・製作:アレックス・プロヤス出演: ...
おきらく楽天 映画生活  July 15 [Wed], 2009, 22:07



☆☆☆☆− (5段階評価で 4)
7月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:05の回を鑑賞。
みはいる・BのB  July 15 [Wed], 2009, 20:48
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009/アメリカ監督:アレックス・プロヤス出演:ニコラス・ケイジ    ローズ・バーン    チャンドラー・カンタベリー    ララ・ロビンソン    ベン・メンデルソーン
Lovely Cinema  July 15 [Wed], 2009, 20:02
《ノウイング》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − KNOWING 50年前
Diarydiary!  July 15 [Wed], 2009, 19:45
【ノウイング】 ★★★☆ 映画(23)ストーリー MITの宇宙物理学者ジョン(ニコラス・ケイジ)の息子ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)
りらの感想日記♪  July 15 [Wed], 2009, 19:06
本日初日、ニコラス・ケイジ主演のノウイングをTOHOシネマズ川崎のレイトショーで見てきました。
「これってもしかして、ホラー映画だった?」と一瞬焦ったけれどそういうことでもなく、でも、ゾワゾワっと鳥肌が立ってしまうところも何度か。それでいて苦笑いせざる得ない強引さだったりお約束が満載で、「なんだ
たいむのひとりごと  July 15 [Wed], 2009, 14:38
- その時、人類は何を残せるだろうか。 -

週末、レイトショーで『ノウイング』を観てきました。
映画館で宣伝を観た時から、暗号のような数列と飛行機事故、地球の映像と世紀末的な雰囲気が、妙に気になっていたんですよね…主演はニコラス・ケイジだし…。
『ターミネーター4』でも感じたのですが、これは「魂の救済」の物語ですね。SF映画は嫌いではないの(むしろ好きな方かも)ですが、「予言もの」(未来を描いているもの)となると、キリスト教が少なからず関連してくるのかな〜と。私は聖書はそんなに詳しくないのですが、多少なりとも知識がある人なら、結構楽しめる展開の作品だと思いました。(そうでないと、肩透かしをくらったような気分になるかも…)
Peaceナ、ワタシ!  July 15 [Wed], 2009, 13:38
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/}
←please click


ここんとこのニコ主演作、mig的ラジー候補やラジー獲得ばかりでうーんな感じ
今回も予告篇観てやばそうって覚悟して観た..... 
せいか思ったより楽しめたかなー。
ちょっと早く試写で鑑賞。

これまでも何度も映画でテーマとなっている「地球滅亡」を描く、いわゆるディザスタームービー。
またまた主演が地球を救ったりするのか?
『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤスが監督。って事でまたウィル・スミスがやりそうなところを今度はニコちゃん
ってことでちょっとあぶなっかしい(笑)
感想はちょこっとネタバレこみで{/kaminari/}


今度のニコは宇宙物理学者のジョン。
こんな頭で失礼します{/heart_orange/}

大学での講義はけっこう興味深いこと語ります☆


ニコの息子にしちゃ可愛すぎなケイレブには『ベンジャミン・バトン』でブラピの子供時代を演じたチャンドラー・カンタベリーくん。


不思議な能力を持った親を持つ女性に『28週後...』などの演技派ローズ・バーン。



{/book/}50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列...
我想一個人映画美的女人blog  July 15 [Wed], 2009, 11:41
 試写会場は8?9割くらいの客入りで、小学生位のお子さんも来場している。   映画の話 50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列されたメモを持ち帰った小学生ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)。彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニ...
masalaの辛口映画館  July 15 [Wed], 2009, 10:40
今日から公開だと思っていたら
昨日金曜日が初日だったのですね・・・
と、いうことで
公開2日目 朝一で 観てきましたっ!
2009 映画観てきましたっ!  July 15 [Wed], 2009, 8:47
金曜日のレイトショーで、「ノウイング








」を鑑賞。








予告編で、飛行機の墜落シーンが印象的で、どういう展開なのかが気になっていた作品。


































「UCとしまえん
いい加減社長の日記  July 15 [Wed], 2009, 5:17
アレックスプロヤス監督、ニコラスケイジ、ローズバーン、チャンドラーカンタベリーほか。

高速道路に墜落した旅客機。もしこの事故が偶然ではなかったら。今まで起きた惨事などが必然であったなら未来に起きる出来事まで決まっていたなら。地球何が起ころうとしているのか。
我々は最後に何を知るのか。
1959年の小学校のルシンダという生徒の出来事が発端となり現在とのつながりがその当時埋めたタイムカプセルを50年後開けてケイレブという生徒がルシンダの手紙を受け取りジョンとケイレブの親子に地球を揺るがす予...
Mooovingな日々  July 15 [Wed], 2009, 2:12
2009.7.7 7月10日より公開の「ノウイング」。 監督・製作:アレックス・...
●ストーリー●50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列されたメモを持ち帰った小学生ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)。彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニコラス・ケイジ)は、その数列を解析し、激しく動揺する。その数列は、実際に起きてき
映画君の毎日  July 15 [Wed], 2009, 1:39
ニコラス・ケイジ主演最新作。監督は『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス。共演は『28週後...』のローズ・バーン。飛行機の墜落事故、謎の数列…あの予告編を観る限りディザスタームービーでありながら、なにやら深い秘密を秘めていそうな魅力を感じたのでした。まあ魅力を感じなくてもニコラス主演作品はそれだけで全部観ると決めているのですが。(笑)
LOVE Cinemas 調布  July 15 [Wed], 2009, 1:01
日曜の午後、ちょっと時間が空いてしまった。 こんな時はいつも映画。映画館が近いって便利です。 で、本日の映画は「ノウイング(knowing)」ニコラス・ケイジ主...
inability.☆  July 12 [Sun], 2009, 18:13
原題:Knowing
確かにこの結末には驚いちゃうかもしれない、空から得体の知れないものが舞い降りてくるあたりからこの映画って何だっけと思わされずにはいられない〜



なぜ1959年なのかは分からないけど、映画の始まりは創立記念日を迎えたとある小学校でのタイムカプセ
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
地球の危機を知らせる映画
2012と一緒で、このままでは地球は危ないよと知らせる映画です。弥勒の世とかマヤ滅亡説とか聞いたことがあれば、映画の意図はすぐわかります。今、太陽フレアとか太陽黒点、オゾン層の破壊で宇宙の放射能は年々強くなっています。これに影響されずに残るには…。
ささやく人達は宇宙人とは言いきれない。未来の地球人かもしれない。霊的に進化すればささやく声が聞こえます=残れる人
人類が弥勒の世に移行すると、半肉半霊(ささやく人達のように体が光る人類)になるそうです。そして霊的に進化できなかった人類は自然淘汰されます。太陽からの放射能で免疫が下がり、見た目は病気などで死にます。最近食中毒などで死人が増えているのも、人類の免疫力の低下です。2012年からは、ものすごく太陽からの影響がありますので…。

この映画は、そういうことを知らせる予言映画です。ノウイング、知るということです。人類に霊的進化を促しているんです。ちなみに私はささやく声が聞こえます。ニコラスの息子と同じベジタリアンです。
June 26 [Sun], 2011, 21:03
maru♪
>はらやん サマ

こんばんわ♪
たしかにいろんな要素を入れ過ぎな感じがしますね。

謎解きの部分はレトロな感じでおもしろかったですし、
飛行機事故のCGはすごい迫力でした。
でも、オチがねぇ・・・

あのオチでもいいんですけど、
彼らの狙いをきちんと説明して欲しかった気がします。

確かにニコラス・ケイジは自ら巻き込まれる役が好きですね(笑)
あの困り顔には似合っている気がしますが(笑)
July 20 [Mon], 2009, 2:32
maru♪
>hama サマ

こんばんわ♪
謎解きはちょっとレトロな雰囲気も合わせて好きだったんですよね
数字の謎を解いているシーンはすごくおもしろかったんです!

でもオチがねぇ・・・
あのオチでもいいんですけど、彼らの狙いがサッパリ分からないので、
消化不良でした
July 20 [Mon], 2009, 2:27
maru♪さん、こんばんは!

ちょっといろんな要素を入れすぎているような気がしました。
maru♪さんと同じようにいろんな疑問が湧いてきて、うーん・・・という感じでした。
「トランスフォーマー」みたいに勢いで突き抜けてくれればまだいいのですが、そういう強引さもなかったので、気になりました。
ニコラス・ケイジはこういう作品が好きですよねえ。
July 18 [Sat], 2009, 20:33
こんにちは〜
ラストに至る迄の「謎解き」部分はよかったですよね。
阪神淡路大震災の映像が出てきた時には、つい引き込まれてしまいましたもの…飛行機事故や地下鉄のCGも、妙にリアルでしたしね。
でもやっぱり、ああゆうラストになってしまうんですねぇ…。
(「世紀末が近いから?」なんて思ってしまいました)
July 15 [Wed], 2009, 13:45
maru♪
>KLY サマ

こんばんわ♪
コメントありがとうございます。

私も宇宙人や悪魔などのオチは苦手です・・・
途中経過がおもしろくても、オチがそれなら何でもアリですよね。
ちょっとガッカリしてしまいます。

数字の謎解きがおもしろかったのですが、
KLYさんのおっしゃるとおり、あのオチにしてしまうと、
あの数字の意味ってなくなりますよね?
しかも何故50年も待つ必要があるのか・・・

最初から救う気がないなら警告する必要ないですよね?
あぁ、でもあの2人を守ってもらわないといけなかったんですよね・・・
でもルシンダは声が聞こえていたのに何故?
と、解決できない謎が深まっていきますね(笑)

宇宙人オチがダメだからガッカリだったのか、
やっぱり残念な映画なのか分からなくなってきましたが、
多分、残念なんだと思います・・・
July 15 [Wed], 2009, 2:22
maru♪
>あ サマ

こんばんわ♪
コメントありがとうございました!
返信遅くなってごめんなさい

>高校生の解釈なので、まとまりなくすいません笑

いえいえ! ちゃんと伝わりましたよ!
キリスト教徒の方は、ラストの意味はよく分かるのでしょうね。
「ノアの箱舟」も「アダムとイヴ」も知っていたとしても、
信仰しているのと、知識だけあるのとでは意味は違ってきますよね。

囁く人達が"神"なのは間違いないと思うのですが、
狙いが分からないですよね・・・。
そもそもあんなに高度な文明を持っているのに、
何故"地球人"を作る必要があったのか。

もしかするとゲームなのかもしれません。
地球人は彼らのゲームの中の駒であって、
思うとおりの結末に辿り着きそうもない、もしくは飽きてしまったので
リセットされたのかもしれません・・・
なんて考えすぎかも(笑)

ぜひ、また遊びに来てくださいね
July 15 [Wed], 2009, 2:13
こんばんは^^
私はこの手の宇宙人オチが嫌いな人なんですが、だとしても上手くはまっていれば面白くなることは否定しません。
この作品のオチの付け方だと、折角そこまで楽しんで観て来たことが、別にどうでも良くなってしまうと思うんですよねぇ。そういう意味で失敗してると感じます。

ノアの箱舟を意味しているのは解りますけど、それなら50年前からの数字の予言の意味とかは一体どうなっちゃうんだろうって…。誰も助からないっていう警告で、定められた運命は変えられないって意味だとするならば、余計やだなぁって…。><;
July 15 [Wed], 2009, 1:11
こんにちは!
僕はキリスト教徒ではないのですが、都内のキリスト教学校の青○学院に通っているものです!
ノウイング、見てきました!ラストが宇宙人ってことにはがっかりしましたが・・・・・・・・・・でも、ラストに子供たち二人が野原を駆け回って、大きな木が画面に映ったときにやっとこの映画の意味がわかったのです!

映画の途中ルシンダの家で、聖書がうつりましたよね?この話はキリスト教の話です!
聖書には洪水伝説という話があり、人間の悪い行動を神様が見て、正直者のノアという人とその家族以外、みな殺してしまいました!
ノアには大きな船を作らせて、洪水には助かったのですが、ほかの人々はみな死んでしまいました!
この話は今回の映画の、地球が放射線で滅亡して、人類が終わった内容と似ていますよね!また、最後に大きな木が写る、ということは、髪がこの世に人をお造りになったときに、一名ずつの男と女と作りました!
その場所に、「命の木」があり、それラストの場面だったんだと思います!
あの宇宙人みたいなのが神様で、子供たちは、新しい人類の出発点、神が天地創造をする再出発点だったんではないかと思います!
キリスト教を少しでも知っている人ならば、最後のオチはすっごくしっくり来るものだと思いました!

高校生の解釈なので、まとまりなくすいません笑
July 11 [Sat], 2009, 8:40
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月22日)
アイコン画像エアリアル
» 【cinema】『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月21日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる