【cinema】『余命1ヶ月の花嫁』(試写会)

April 30 [Thu], 2009, 0:20
'09.04.24 『余命1ヶ月の花嫁』(試写会)@ニッショーホール

yaplogで当選。正直に言うと、闘病を描いた実話ベースの作品はあまり積極的に見たいとは思わない。もちろん全然、否定するつもりはない。でも、どうしてもドキュメンタリーのようになってしまう気がする。そして何より見ていて辛いから。でも、試写会に応募したのは乳ガンのことを知りたかったから。そして瑛太くんが出ていたから(笑)

「イベント・コンパニオンの千恵は、イベント会場で広告代理店に勤める太郎と知り合う。太郎から交際を申し込まれるも、戸惑う千恵。結局、付き合い始めた2人は太郎のマンションで同棲を始める。千恵の父親にも会い順調。幸せな時を過ごしていた。そんな時、千恵が乳ガンであることが分かるが…」という話。これは悲しい。案の定号泣。映画の主人公でもある長島千恵さんは24歳の若さでこの世を去っている。その事実を知っている以上、これは冷静に映画として見れないので、感想を書くのがとっても難しい。

テレビで放送されたドキュメンタリーを見たbaruによると、とっても忠実に映画化されているらしいので、別のイベントに出る千恵さんが、間違えて太郎さんのイベント会場に来てしまったというのもホントなんだろうか? だとしたら、運命の出会いってあるんだなと思ってしまう。それくらい2人の関係がいい。もちろん、多少脚色している部分はあるとは思うけれど、お互いがお互いを思いやる姿がホントに素敵で、そういう相手との出会いが、千恵さんの短すぎる人生にあったことが、心からよかったと思ったし、見ていて救いだった。そして、正直うらやましかった。もちろん、恋愛の部分だけを見て、今こうして生きている自分がうらやましいなんて、バチが当たるけれど…。でも、数年前に辛い経験した身としては、病床にあっても結婚したいと思われるというのは、女性として素直にうらやましい。それだけ千恵さんが素敵な女性だったのだと思う。

太郎さんと出会った直後、千恵さんは乳ガンであることを告げられる。このシーンはなし。お母様をやはりガンで亡くしている千恵さんは、ガンと闘うことの意味をよく理解している。だから、太郎さんには何も告げなかった。何も告げずに楽しく幸せな時を過ごしていたのは、太郎さんを騙しているようで辛かっただろうとは思うけれど、そうしなければいられなかったのだと思う。それは太郎さんを愛していたからだし、そうしていなければ不安でいられなかったからだろうし、何より自分が1番幸せだったからだと思う。太郎さんに病気の事が知られてしまった日、彼に別れを告げるシーンでは、セリフ以上にそういう言葉にならない気持ちが伝わってきた。

乳房の切除手術を受けた後、屋久島へ向かう千恵。このエピソード自体は映画オリジナルだそうだけど、女性として乳房を失うという悲しみを癒すシーンとしては、屋久島の神秘的な自然は効果的。もちろん、簡単に整理のつくことではないので、本人としては辛いだろうと思うけれど、見ている側は癒される場面。食堂のオバちゃんとの何気ない会話に、癒されつつも涙…。病気になってしまうと屋久島の縄文杉を見に行くことが出来なくなるってことは想像できるけれど、こういう何気ない会話をするという日常も失うってことなんだと改めて理解。そして、ここで千恵と太郎は改めて絆を取り戻す。

そして、再発。千恵さん以外のお父さん、叔母さん、そして太郎さんに余命が告げられる。ここからはずっと病室での闘病生活ということになる。その辺りきちんと描かれているし、千恵さん役の榮倉奈々も頑張っていたけれど、映画としては彼女が苦しんでいる姿そのものよりも、千恵さんと太郎さんの関係を描くことに比重を置いているため、そんなに悲痛なものではない。でも、辛さはきちんと伝わってくる。太郎さんは病室に泊まり込み闘病を支える。自分が苦しんでいる姿を見せたくないという人もいると思うけど、千恵さんには逆に辛い姿は見せまいという励みになっていたように見えた。それは、千恵さんが友人達と焼肉に出かけて留守の時、千恵さんのお父さんの貞士さんが絞り出すように太郎さんに言う「ありがとう」に表れている。このシーンは泣けた。

そして"花嫁"のシーン。ここが最大の見せ場だけど、正直そんなにグッと来なかった…。何でだろう? 女性に生まれたからには1度は憧れる花嫁姿。写真だけでも撮らせてあげようと、太郎さんとお友達が企画、サプライズも用意してあって、幸せそうな笑顔に心からよかったと思ったのだけど…。それよりもむしろ、会場である教会に向かう車の窓から、久しぶりに見る外の景色を愛おしそうに眺める姿の方が切なかった。見ている側も千恵さん本人も、この何気ない風景をもう彼女が見ることはないことを知っているから。

キャストは実在の人物を上手く演じていたと思う。この映画のもとになったドキュメンタリーは見ていないので、キャスト達がご本人に似ているのかは不明だけど、少なくともベタな感じにはなっていなかった。上手く言えないけど…。父親役の柄本明はさすがの存在感。突然、娘が連れてきた彼氏に戸惑いながらも不器用に受け入れる姿がいい。そして何より「ありがとう」のシーンが素晴らしい。お父さんが登場した瞬間から、この人は最愛の妻と娘をガンで失ってしまうのかと思うと切なかった。柄本明のお父さんは、決して饒舌ではないし、感情をあまり表す人ではないけれど、この「ありがとう」の瞬間に溢れ出た悲しみに心打たれた。

瑛太くんはやっぱり上手い。本当の太郎さんのことは分からないけれど、誤解を恐れずに書くと、この役かなり少女マンガのヒーロー的なタイプなのです。彼女が末期ガンであるということがなかったら、かなり照れてしまうようなセリフが多い。あれ何て言うのか分からないけど、キャッチボールのようなことをしながら「千恵のお父さんに会いたいな〜」って言ったりとか。だけど、きっと女性だったら言われたいし、言ってほしい。そういうセリフが自然に入ってきたのは瑛太くんの演技のおかげ。女性目線で見れば、結婚式をしてくれる彼より、お父さんといい関係を築ける彼の方が素敵。そういう部分も自然で良かった。何となく日本人が演じると照れてしまう、幸せいっぱいの恋愛時代の演技も良かった。またこんな恋愛したいと思ったし(笑)

榮倉奈々はちゃんと演技しているところ初めて見たけど、よかったんじゃないかと思う。かなり病状が進行した段階で、体を起こしたりする時に、若干動きが早いのは気になったけれど、その辺りも頑張っているけど、自分が思っているより早く動いてしまっているのかもしれない。三味線の師範の資格があるらしいけれど、千恵さんのお父さん貞士さんは実は三味線の師匠。2人で三味線を弾くシーンは印象的。ラストのビデオレターのシーンはすごくよかった。悲しくて号泣。

乳ガンの発症率は年々上がっている。乳ガンは唯一自分で発見でき、早期発見できれば命が助かる可能性が高い。千恵さんも実は胸のしこりに気づいていたのに放置してしまっていたため、手遅れとなってしまった。ネットなどでも情報が少なかったこともあり、もっと若い人達に乳ガンの事を知って欲しいとドキュメンタリーの取材に応じたとのことだった。このドキュメンタリーが映画になったわけだけど、乳ガンそのものについてはそんなに語られていない。でも"死"についてすごく考えさせられた。人は誰でもいずれ死ぬ。頭では分かっているけど、普段あまり意識していない。もちろん千恵さんもそうだった。だけど、死は急にやって来ることもある。そういうのが伝わってきた。

前半の2人の恋愛シーンをキラキラに描いたことで、2人の運命の苛酷さがより伝わったし、その運命に立ち向かう絆の強さもすんなり入ってきた。毎日チャリ通している身としては、夜中の激走シーンは「迷惑だな(笑)」と思いつつ、楽しい雰囲気が伝わってきた。実際は迷惑だけど(笑)ドキュメンタリー放送、書籍化、映画化と進み、千恵さんやの経歴や、太郎さんや、お友達たちに関していろいろ言われているようだけど、特別ご本人達を擁護するつもりはないし、全部本当だったとしても、個人的には非難するような事でもないように思う。仮に、美化している部分があったとしても映画としてはありだと思う。ただ千恵さん本人が残した言葉がきちんと伝わればいいんだと思う。

みなさんに明日が来ることは奇跡です。
それを知っているだけで、日常は幸せなことだらけで溢れています。


映画を見た後では、かなり重いけれど、しっかり心に刻んで頑張っていこうと思った。
心から、千恵さんのご冥福をお祈りします。


『余命1ヶ月の花嫁』Official site
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/645
Trackback
Trackback URL
あらすじ2005年秋、イベントコンパニオンの長島千恵は乳がんの宣告を受ける。同時期に、仕事先の展示場で赤須太郎と知り合い、交際を申し込まれ・・・。感想夕方のニュース番組...



 公開直後くらいまでは大感動と評判の余命1ヶ月の花嫁を観てきました。
よしなしごと  June 22 [Mon], 2009, 1:18
『余命1ヶ月の花嫁』
監督:廣木隆一
脚本:斉藤ひろし
出演:榮倉奈々、瑛太 手塚理美、安田美沙子、柄本明、大杉漣、津田寛治、田口トモロヲ 他






この手のタイトルは苦手だし(そもそも、こういうタイトルをつけるセンスが僕には理解できない)、
色々と物議
 映画の話 千恵は23歳の秋に左胸にしこりがあることに気付き、若年性乳がんの診断を受ける。恋人、太郎や家族、友人に支えられ、つらい闘病生活が開始。一時は職場復帰もするが、がんは他の場所にも転移していた……。 映画の感想 これは「映画化する必要があったのだ...
masalaの辛口映画館  May 19 [Tue], 2009, 12:36
本日は、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザに映画観に行ってきた〜。

1本目に観たのは、「余命1ヶ月の花嫁」。これは以前ちらっとTVのドキュメントでやってたのを、全部ではないけど観たことがあっ
欧風  May 17 [Sun], 2009, 23:09
「愛する人が病気で死んでしまう」・・・「恋空」「恋愛小説」「タイヨウのうた」「世
オヨメ千感ヤマト  May 17 [Sun], 2009, 21:29
映画「余命1ヶ月の花嫁」を観てきました。

実話を元にした映画ということもあって、どのような結末になるか分かっているだけに、後半ぼくは涙が止まりませんでした(;θ;)

この映画は公開されることを知ってから、絶対観ようと思ってたので前売り券も買って公開初日に映...
Thanksgiving Day  May 17 [Sun], 2009, 0:17
製作年度 2009年
上映時間 129分
監督 廣木隆一
出演 榮倉奈々/瑛太/手塚理美/安田美沙子/柄本明/大杉漣/津田寛治/田口トモロヲ

末期の乳ガンに冒され、わずか24歳でこの世を去った長島千恵さんの実話をもとにしたラブストーリー。
{/book_mov/}イベントコンパニオンをしている長島千恵(榮倉奈々)は、2005年の秋、左胸のしこりが乳ガンとの診断を受ける。そのころ、仕事先で出会った赤須太郎(瑛太)から交際を申し込まれ、一緒にガンと闘うという太郎の言葉に動かされて交際をスタートさせる。千恵の体調もいつしか安定し、次第に病気のことも忘れていくのだが……。(シネマトゥデイ)

みなさんに
明日が来ることは奇跡です。―

というチラシの長島千恵さんの言葉に惹かれて観てきました。
結論から言うと、長島さんのメッセージがちょこっと入ったラブストーリーといった感じでした。
なので、ジャンル的にはヒューマンドラマというカテゴリーに入ってましたが、
敢えてラブストーリーという紹介にしました。

今まで数々、難病もの、人の死がテーマの作品を観て来ましたが、
こんなに心を動かされなかったのも珍しいくらいでした。
ポイントがあって、時間もあ...
to Heart  May 16 [Sat], 2009, 2:23
乳がんで亡くなった女性のドキュメンタリーを映画化したものですが、TVで放映されたドキュメンタリーは、見ていないです。
ゼロから  May 14 [Thu], 2009, 18:46
今日から公開されましたね〜


余命1ヶ月の花嫁

ワタクシ、少し前に拝見させていただきました!


実はドキュメンタリーを観て号泣してしまったワタシ。


映画はリアルな人物ガ登場しているわけではないので
感動という意味では、ドキュメンタリーよりは薄くな

映画?『余命1ヶ月の花嫁』を観てきましたSTORY:末期の乳ガンに冒されてしまい、わずか24歳でこの世を去った長島千恵さんの愛に満ちあふれた生涯をつづる感動ストーリー。『ヴァイヴレータ』の廣木隆一監督が、千恵さんが結婚式を挙げ亡くなるまでの余命1か月を夫婦として過ごした軌跡を描く。死の間際まで取材に応じ、乳ガン撲滅を訴え続けた千恵さんを榮倉奈々が、彼女を支える恋人の赤須太郎さんを瑛太が好演。多くの女性たちに、感動と勇気を与えた千恵さんのメッセージに胸が熱くなる。映画『余命1ヶ月の花嫁』を観てきました映画の予告を見てて・・・ずっと気になっていました。長島千恵さんのエピソード等は(漠然とですが)知ってはいたのですが・・・本も読んでいなかったし・・・どんな内容なのか気になっていたのです。女子としてやはり・・・乳ガンは気になる病気のひとつ。私自身、乳ガンに対しての知識を得るため、一度講演会を聞きにいってみたものの実際に何か行動できているわけでもない・・・。そんな中今回この映画を観て、改めて思ったことは・・・乳ガンで大切な1番の予防方法=早期発見なのだということ。長島千恵さん自身も、なぜ自分がメ...
恋する図書館。  May 13 [Wed], 2009, 11:19
[余命1ヶ月の花嫁] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年44本目(39作品)です。 末期の乳ガンに冒されてしまい、わずか24歳でこの世を去った長島千恵さんの生涯をつづったヒューマンドラマです。 ネット上で長島さん..
TBSのドキュメンタリー番組として放送され大反響を呼んだ実話を映画化。主演はドラマ「メイちゃんの執事」の榮倉奈々、共演が「アヒルと鴨のコインロッカー」ほか人気作品に多数出演する瑛太。他にも千恵さんの父親役として柄本明が出演しています。監督はBSのドラマ「ケータイ刑事」シリーズを手がける廣木隆一。観る前から泣いてしまいそうです…。
LOVE Cinemas 調布  May 13 [Wed], 2009, 1:29
2009年:日本映画、廣木隆一監督、榮倉奈々、瑛太主演。実話に基づく映画化。
?青いそよ風が吹く街角?  May 13 [Wed], 2009, 1:18
これから日比谷の東商ホールで、J-WAVE主催の試写会「余命1ヶ月の花嫁」を観ます。基本的に、こういう切ない系病気死別的恋愛映画は大好物なんで、結構楽しみです。実話がベースになってるようなんで、きっとリアリティもあるんだと思います!あとは役者次第だけど...
流れ流れて八丈島  May 13 [Wed], 2009, 1:16
映画「余命1ヶ月の花嫁」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:榮倉奈々、瑛太、手塚理美、安田美沙子、柄本明、大杉漣、津田寛治、田口トモロヲ、他 *監督:廣木隆一 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待..
  
明日が来ることは奇跡です。

瑛太に泣かされてしまった。
a day on the planet  May 10 [Sun], 2009, 12:50
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
maru♪
>yt サマ

はじめまして♪
コメントありがとうございました!

この映画けっこう賛否両論でしたね・・・
よくなかったという意見の方は「映画としては平凡」
という感想が多かったように思います。

ドキュメンタリーの映画化となると、
「映画」として見るのか「ドキュメンタリー」として見るのか、
意見の分かれるところなんじゃないかと思います。

私は「ドキュメンタリー」として見たので、
むしろ千恵さんの思いが伝わったのかもしれません。
もし実話だということを知らずに、
「映画」として見ていたら違う感想だったのかも・・・

「ドキュメンタリー」として見ていたので、
感想記事の中の呼称は、映画独自のエピソード部分以外、
「千恵さん」とさん付けにしています。
榮倉奈々の演じる千恵としては見ていなかったので・・・
上手く言えないんですが・・・

なので、むしろ挙式のシーンよりも何気ない日常の方に
心動かされたのかもしれませんね。
彼女には明日は来ないんだと思うと切なかったです。
本当の千恵さんの姿を見ていないというのも大きいかも・・・
なんて思ったりします。

ご本人達のことはいろいろ言われているみたいですね。
全部が全部ウソではないのかもしれませんが、
悲しい思いをした人達に追い討ちをかけるような事は心が痛みます。
ご本人達はマスコミに登場したかもしれませんが、
あくまで一般の人なのですから・・・

YOUTUBE見てみますね。
教えていただいてありがとうございました!

またぜひ遊びにいらしてください
June 03 [Wed], 2009, 2:19
yt
こんばんは♪

通りすがりのものです。

私も近い感想なので思わずコメントしました。

私は映画の後にドキュメンタリーを見ました。

私も、千恵さんからの、また千恵さんへの

「お互いを思いやる気持ち」

が伝わって

心討たれました。


決して、風評されている様な

人の死で涙を誘っている

という様な事ではないと思います。

ドキュメンタリーを見ましたが、

太郎さんと写真を撮る時に

「ホラ、もっとくっついて!」

と言われた時の

千恵さんの嬉しそうな顔は

色々な風評を吹き飛ばしてくれる

幸せそうな顔でした。
太郎さんやお友達が、千恵さんが生きている間に何をしたら良いのか、一生懸命考えたんだという事が伝わって来ました。


主さんが、イマイチグッと来なかった

挙式のシーンですが

ドキュメンタリーを見ると(YOUTUBEで見れるのですが)

悲痛な程悲しくなります。

入場の「アウ゛ェマリア」が悲し過ぎます。
June 02 [Tue], 2009, 21:59
maru♪
>KLY サマ

こんばんわ♪
コメントありがとうございました。

この映画評価が結構分かれていますよね。
千恵さんの伝えたかった事は記事にも書いた彼女の残した言葉と、
自分と同じ世代の人達に癌について知って欲しいという事ですよね。

それを伝える手法として映画にする必要があるのかどうか・・・
でも映画にすれば普段感心のない人も見るかもしれないですよね。
たしかにドキュメンタリーが良く出来ているのであれば、
それをそっくりそのまま映画化する必要はないかも知れないですが、

でも、ドキュメンタリーを見ていない人に向けて、
人気俳優を使って映画を作ってもいいのじゃないかと思います。
May 17 [Sun], 2009, 3:10
こんばんは。

>ただ千恵さん本人が残した言葉がきちんと伝わればいいんだと思う。

正しくこの通りだと思います。色々な中傷、商業化がどうだ、そんなことはどうでもよいことです。この作品で乳がんに関して少しでも関心がひろまって、一人でもいいから救われるのならそれで良いのだと思います。こういう映画があったってよいですよね。
May 13 [Wed], 2009, 1:32
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月22日)
アイコン画像エアリアル
» 【cinema】『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月21日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる