『マルタのやさしい刺繍』

September 27 [Sat], 2008, 2:51
'08.09.22 『マルタのやさしい刺繍』(試写会)@サイエンスホール

これは気になってた。シネトレさんで試写会当選。スイスで大ヒットした映画。この試写会なんとファッションショー付きだった。あまりよく分からないまま行ってしまったけれど、これは映画にちなんで花の刺繍の作品を募集。応募条件は65歳以上であること。中にはホームに入居されている方々(平均年齢82歳)の作品コーナーもあった。ショーのモデルさんたちも平均年齢70歳! 正直ポージングなどは・・・だけど、それがまた微笑ましい。年齢を重ねて何かを始めようという気持ちを持っていることは素晴らしいと思う。後ろの方に座ってしまったので、肝心の刺繍がほとんど見えなかったのが残念。

では、本題へ。「80歳のマルタは9ヶ月前に最愛の夫を亡くし生きる希望を失っていた。彼女を心配した友人リージ、フリーダ、ハンニ達の励ましも効果がない。ある日、結婚前に作った下着を見つけたマルタは、ランジェリー・ショップを開くという若い頃の夢を思い出す・・・」という話。これはなかなか良かった。老女とランジェリーという響きから、かなり濃いキャラのおばあサマを想像していたけれど違った。品が良くてかわいらしい作品だった。

正直、主役4人が高齢の女性であるという点を除けば、主題もストーリー展開もありがちではある。でも、多分これが若い女性の話だったとしても楽しめたと思う。要するに王道(笑) だけど高齢者の抱える問題を絡めてあって結構身につまされた。マルタ達が暮らすのは、穴あきチーズで有名なスイス・エメンタール地方のトループ村。この村が美しくてかわいい。だけど、ここで暮らすのは少々やっかい。田舎にありがちな保守的な村。保守的であるということは新しいものや変化を受入れないということ。そんな村にマルタがランジェリー・ショップをオープンする。正直、日本のしかも首都圏で暮らしている身としては、ランジェリー・ショップの何がそんなに問題なのか、今ひとつピンと来ない。まぁ、確かにあまりに大胆な下着が、人目も憚らず売られているのはどうかと思うけれど・・・。でも、この村では大問題。果たして、どちらの感覚が変なのか・・・。正直、分からなくなった(笑)

マルタが生きる気力を失くしてしまった原因は、もちろん愛する夫を失った悲しみだけれど、本当に辛いのは喪失感。その喪失感は単にその人がいないという事だけじゃなくて、自分の生活そのものが失われてしまった事にもある。マルタにとって朝起きて朝食を用意して、掃除をして、洗濯をしてという行為自体が変わるわけではない。でも、そこには"夫のために"という側面があった。長年のことで習慣化してしまっているから、いちいち意識はしていなかったと思うけれど、だからこそ失った喪失感が大きいんだと思う。当たり前になっていた事や、生活のほとんどを占めていた事が失われてしまった悲しみ。愛する人を失うのって、実は自分の一部を失うことだったりする。それは何も死別じゃなくても、辛い別れを経験した事がある人ならきっと分かるはず。その喪失感を埋めるには、何かに夢中になってしまえばいい。ということでマルタが夢中になったのはランジェリーを作ること。すごくいい事だと思うんだけどな(笑)

マルタの友人ハンニの息子で保守党員のフリッツが悪役(笑) 党での自分の地位ばかりに熱心で、大切な事を見失っている俗物。この人物に保守的であることの意義や信念なんかを持たせれば、話に深みが増したかもしれないけれど、どのみち悪役になるなら分かりやすい方がいいかも(笑) まぁ、小さな村の中だけの世界とはいえ、出世したい気持ちは理解できるし、車椅子の父親を毎日のように車で往復3時間かけて病院に連れて行くのは大変だとは思うけど・・・。でも、彼を悪役にしつつハンニ夫妻との親子関係で高齢者問題や介護問題を描いているから、保守的で小さな村でマルタ達がどんな風に生きてきたのか分かる。そして同時に身近な問題としても感じられる。となると、やっぱりフリッツを自己中心的な俗物としたから、マルタ達の行動に素直に感情移入できたのかもしれない。

マルタ達もそれぞれ問題や悩みを抱えている。アメリカ帰りの明るく開放的なリージの秘密は悲しい。そして、その秘密が実は秘密じゃなかった事も・・・。彼女はハデな服装や言動で村の中では少し浮き気味だったのかもしれない。だけど、彼女は誰よりもマルタを気遣っていた。心に傷を負った人は人に優しくなれるのかも。彼女にはさらに悲劇が待っているけれど、マルタとお店の準備をしている時や、村人達に冷たくされて落ち込むマルタを励ます姿はいい。「諦めないで」という言葉の裏にある気持ちを思うと切ない。人とは違う価値観を持っているのは素敵だけど、身勝手な価値観だと迷惑。マルタの息子は彼女を蔑んでいるけれど、リージは決して身勝手ではない。むしろ世間体ばかりを気にして、母親を「自分勝手」と叱りつけ、横暴な振る舞いをする彼の方が身勝手。まぁ、牧師という職業柄しかたのない部分もあるけれど。でも、後に彼とフリッツは予想通りマルタの反撃にあうのでお楽しみに(笑)

ハンニとフリーダも良かった。彼女達は古い価値観が捨てられずにいたけれど、それぞれの理由でマルタに賛同していく。2人が抱えている問題も高齢者問題だけど、実はハンニには専業主婦の、フリーダには独身女性の不安や悩みが投影されているように思う。フリーダは結婚していたと思われるし、働いていたという描写はないけれど・・・。女性の人生を皆同じと言うつもりはないし、男性の人生ならもれなく世界が広いというわけでもない。でも、やっぱり普通に生活していると、生活リズムや世界が固定されてしまう部分はある。その生活に不安や虚しさを感じてしまったとしたら、それはやっぱり自分で変えなきゃいけない。2人が変わったきっかけはマルタの影響が大きい。もちろんそれだけではないけれど。車の免許やインターネットに挑戦するのは高齢ということを考えなければ、別にそんなに大きな変化じゃない。でも、新しい事にチャレンジしているだけでワクワクするし、そんな自分を好きになれたりする。

やっぱりマルタがいい。演じているのはシュテファニー・グラーザー、88歳。スイスでは知らない人はいないと言われる人気女優さんだそうだけど、意外にもこれが映画初主演。マルタは結婚前に裁縫の仕事をしていたようで、その中にはランジェリーを縫う仕事もあった。リージが偶然見つけた何十年も前にマルタが作ったキャミソールが素敵! 金糸で品のいい刺繍が見事。ベルンで入ったランジェリー・ショップで大量生産の下着を見たマルタが次々ダメ出しをする気持ちがすごく分かる。そして布やレースを見て生き生きしている姿がいい。あの姿を見て「いい年をして」と言う人はほっといたらいいと思う(笑) マルタがくじけそうになりながら夢を実現させていくのは見ていて楽しい。何より新しいことを始めるのに年は関係ないんだという勇気をもらえる。20〜30代くらいが人生で一番楽しいんだと思ってた。これから先はこんなにキラキラしないんだろうなぁと・・・。でも、そうじゃないのかもしれない。要するに自分次第ということ。まぁ、映画なのでちょっとお伽話的な部分は差し引いて考えるとして(笑)

知らなかったのだけど、スイスというのは公用語の種類が多く、映画がヒットしにくいのだそう。映画はドイツ語だった。この映画の舞台エメンタール地方の公用語はドイツ語なのかな? ベティナ・オベルリ監督のお祖母様がこの地方の方だそうで、とても美しく撮っている。なんでも監督はあのスティーブ・ブシェミに撮影技術を学んだとの事だけど、ブシェミはそんな仕事も? しかも役者以外にそちらの方面も? まぁ、直接習ったわけではないだろうけれど。ブシェミは好きな俳優さんだけど全く知らなかった。だからというわけではないけど、こういう日常の何気ない事から話が発展したり、ほんとに細かな人の心の動きを、鋭くも優しい目線で描いているのは女性監督ならでわという感じ。

とにかく村が美しい。そしてかわいい。暮らしぶりもつつましやかで、かわいらしい。ほんの少しだけ登場するベルンの街並みも素敵。そして、おばあちゃん達がかわいい。実は、上映前のファッション・ショーは楽しく見つつも、早く映画が見たいなと思ってしまった。映画の中で、息子達のマルタ達に対する態度や扱い方に怒りを感じて気づいた。何故、自分の国のおばあちゃん達に優しい気持ちを持てなかったのだろう。ステージ上でのモデルも、そのモデルさんたちが身に着けた衣装も、おばあちゃん達が生きがいを感じて頑張ったのに・・・。反省。そして、それは多分甘え。自分も息子達も甘えているんだと思った。そういう事に気づかせてくれた映画だった。

『マルタのやさしい刺繍』というほど刺繍はメインではない。原題Die Herbstzeitlosenというのはコルチカムという花のことなのだそう。どんな花なのか分からないけれど、確かに野の花のような素朴でかわいらしい映画だった。アップル・パイが食べたくなった(笑)


『マルタのやさしい刺繍』Official site


映画の中でマルタが縫った村の旗

★いろいろ頂いた

まずはLindtからチョコレート1粒(完食)とキーホルダー
AQUATIQUE MDのボタニカル・モイスチュアライジングゲル


DMCからシクラメン柄の刺繍キット
その他、刺繍系のパンフレット多数
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/591
Trackback
Trackback URL
マルタのやさしい刺繍 [DVD]/シュテファニー・グラーザー,ハイジ・マリア・グレスナー,アンネマリー・デュリンガー


¥3,990 Amazon.co.jp

いきなり、毛色の違う作品。


と思われてしまうかもしれませんが
僕の中では、ロックな映画の部類に入りました。


音楽
2006 スイス 08年10月公開 評価:★★★★ 監督:ベティナ・オベルリ 原
銀の森のゴブリン  July 04 [Sat], 2009, 1:45
  
= 『マルタのやさしい刺繍』  (2006) =


夫の死によって、打ちひしがれていたマルタ(シュテファニー・グラーザー)。

そんな中、村の合唱団の新しい団旗を、仕立て屋だったマルタが作ることに。

生地店の美しいレースを見ているうちに、マルタは、’パリに自分で仕立てたランジェリーのお店を開くこと’が夢だったことを思い出す。

昔の勘を取り戻しながら、下着を仕立て上げ、小さな店を構えるマルタであったが、保守的で厳格な村では受け入れてもらえず・・。


{{{:...
監督:ベティナ・オベルリ
出演:シュテファニー・グラーザ

「小さな村に住むマルタは夫に先立たれ生きる気力を失っていた。
牧師をしている息子や友人達が励ましてくれる中、ある日合唱団の旗の修繕を頼まれたことがきっかけでかつて夢見ていたランジェリーショップ
日々のつぶやき  January 15 [Thu], 2009, 16:00
監督 ベティナ・オベルリ
出演 シュテファニー・グラーザー、アンネマリー・デューリンガー 、 ハイジ=マリア・グレスナー 、モニカ・グプサー
製作年 2006年
製作国 スイス
上映時間 89分

 シネスイッチ銀座にて鑑賞(12月21日)

 スイス・エメンタール地方の小さな村で暮らす80歳のマルタ(シュテファニー・グラーザー)は、長年連れ添った夫を失い、悲しみに打ちひしがれてながら暮らしている。ある日、村で開かれる合唱祭の旗の補修を依頼されたマルタは、補修に必要な布を手に入れるため、仲の良いリージ(ハイジ=マリア・グレスナー)やフリーダ(アンネマリー・デューリンガー)、ハンニ(モニカ・グプサー)と連れだってベルンの布屋を訪れる。そこで見つけたフリルの刺繍を手に取り心踊らせるマルタ。自分で刺繍したランジェリー・ショップをオープンさせるという若い頃の夢を思い出したのである。そしてその夢を実現するため、マルタは親友達の助けを借り、保守的な村の人々の嫌がらせにあいながらも奮闘していく。



 一般的には、人間は年を取るほど保守的な考えになっていくとされるが、この映画の面白いところは、そうした一般的な常識を逆転させた...
私の研究日記(映画編)  January 10 [Sat], 2009, 22:48
大阪では、今週がラストってことで 梅田ガーデンシネマで昼一回きり上映に ギリギリ間に合いました。 先ほどのCoccoと同じスクリーンで。 続けて2本見てきたわけで。 スイス映画ってのはたぶん初めてじゃないかな。 最初はマルタおばあちゃんの顔がどんよりしてて クラ~い..
ペパーミントの魔術師  January 07 [Wed], 2009, 2:33
長い間連れ添った伴侶をなくしたマルタは、なにか気が抜けたように暮らしていました。
はらやんの映画徒然草  December 04 [Thu], 2008, 22:55
原題:DIEHERBSTZEITLOSEN/LATEBLOOMERS監督:ベティナ・オベルリ出演:シュテファニー・グラーザー、アンネマリー・デューリンガー、ハイジ=マリア・グレスナー、モニカ・グプサー、ハンスペーター・ミュラー=ドロサート鑑賞劇場 : シネスイッチ銀座公式サイトはこ...
NiceOne!!  November 30 [Sun], 2008, 21:34
あまり観ることのないスイス映画。しかも珍しい老女のサクセスストーリー。これがとびきり素敵だった。 夫を亡くして気力がないまま、息子に店の処分をせかされるマルタ。村の合唱団旗の修繕を無理やり頼まれ、生地を買いに出かける用意をしていた時に、昔作った下着を見..
シネマ大好き  November 25 [Tue], 2008, 23:48
     (C)2006BuenaVistaInternational(Switzerland)スイスの山間部の村はイメージ通り保守的で村人全員が知り合いのような小さな村。そんな村で夫に先立たれ生きる希望を失っていた80歳のマルタは、とあることをきっかけに昔の夢を思い出す。それは自らの手で作っ...
晴れたらソファで何を見ようか  November 21 [Fri], 2008, 9:20
2006年:スイス映画、ベティナ・オベルリ監督、シュテファニー・グラーザー主演。
?青いそよ風が吹く街角?  November 20 [Thu], 2008, 2:36
追い込まれると、どうしてこうも他のことがしたくなるのか。



昔からの、私の悪いクセ。



そして、さらにさらに追い込まれるのだと、わかっていても 







奥田民生のライブ、森嗣博氏・佐藤多佳子サンの本、



映画も、見に行けない〜!と
灯りをともそ★ろうそく屋日記  November 19 [Wed], 2008, 18:48
{{{   ***STORY***
スイスの小さな村に住む80歳のマルタは、9ヶ月前に夫に先立たれて以来鬱々とした日々を送り、自分も早く夫のもとへ行きたいと願うようになっていた。ある日、昔得意だった裁縫仕事を依頼され、眠っていた創作意欲に火がつくまでは。若い...
Cartouche  November 01 [Sat], 2008, 23:27
(原題:Die Herbstzeitlosen)


----これって
夫に先立たれて生きる意欲を失ったおばあさんが
自分の若い日の夢を実現させるって話だよね。
確か、スイスの動員数No,1とか…。
「うん。けっこう話題になったみたい。
ストーリーを喋る前に、
監督のベティナ・オベルリの...
ラムの大通り  October 27 [Mon], 2008, 13:11
予告編の青と白のスカートがくるくる回るダンス。あれでやられて、観に行きました。


左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は、脚を骨折してベッドに横たわる青年ロイ(リー・ペイス)と出会う。彼は彼女にアレキサンダー
CINEPHILIA〜映画愛好症〜  October 05 [Sun], 2008, 21:19
スイス映画が入ってくるのは、珍しい?これはスイスで大ヒットし、アカデミー賞外国語部門賞スイス代表だったそう。思いっきり泣いちゃいました。私は老人と子供に弱いらしい。

夫の死により打ちひしがれたマルタ(シュテファニー・グラーザー)。そんな中、村の男声合
CINEPHILIA〜映画愛好症〜  October 05 [Sun], 2008, 21:18
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
maru♪
>モッサン サマ

こんばんわ♪
コメントありがとうございました!
そうなんです! ちょうど2000カウント目でした。
ありがとうございました

新しいことを始めるのって結構勢いが必要ですよね。
でも、そんなに構える必要はないのかもと思える映画でした。
今年は私もいろいろチャレンジしてみようと思っています!

こちらこそ、よろしくお願いいたします
January 15 [Thu], 2009, 0:28
maru♪さん、初めまして。モッサンと申します。
またTBにコメントまで頂き、ありがとうございました。

私のTBがちょうど2000カウント目だっとのことで、
たいへん光栄でございます。

>新しいことを始めるのに年は関係ないんだという勇気をもらえる。
まさにおっしゃる通りな作品ですね。
私はさすがに刺繍をやってみようとは思いませんでしたが^^、
「やってみたいな〜」と心の中に控えていたことに、
どんどんチャレンジしてみたくなりました。

それでは今後ともよろしくお願い致します。
January 12 [Mon], 2009, 10:24
maru♪
>えい サマ

これはブロガー限定ではありませんでした。
一般的な作品も多いですが、ミニシアター系も多いみたいです。

「ふくよかな時間」っていいですねぇ〜
確かに高齢者問題、不倫など結構重いテーマなのに、
スイスの美しい自然と、たくましくもかわいいおばあちゃん達のおかげで、
深刻になり過ぎず見る事ができました。
豊かな人生ってああいう事なのかもしれませんね。
October 27 [Mon], 2008, 23:59
おおっ。
これもシネトレ試写会。
ミニシアター系が多いということでしょうか?

この映画、スイスという自然豊かな風景を背景に、
政治あり、不倫あり、価値観の衝突あり。
他では味わえないふくよかな時間を過ごさせてもらいました。
October 27 [Mon], 2008, 22:10
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月22日)
アイコン画像エアリアル
» 『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月21日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる