『たみおのしあわせ』

July 13 [Sun], 2008, 23:16
'08.07.09 『たみおのしあわせ』(試写会)@TOKYO FM HALL

baruが当選。おこぼれにあずかって行ってきた。

この日はラジオの公開録音も兼ねて、監督である岩松了氏のトークイベント付き。TOKYO FM HALLって、いわゆるイベントホールに椅子を並べてある感じなので、段差がなくてチビッコには辛い。baruが1時間前から並んでくれたので、開場ギリギリになってしまったけど最前列で見れた。映画を見るにはちょっと辛いけど、岩松監督のほぼ目の前で見れた。熊本課長よりかっこよかった(笑)

岩松監督が"しあわせコンシェルジュ"となって、リスナーのお悩みに答えるという、このラジオ番組は映画の公式サイトでリスナー登録すると聞くことが可能。ブログを持っていればブログパーツが設置できるらしい。podcastも配信中。今回の公開録音は7/20(日)25:00〜 TOKYO FMにて放送予定。なので詳細は避けるけれど、いきなり1人目から重めの質問にへこむ姿がステキだった(笑)

では、本題へ。「地方の町で息子と2人、亡き妻の実家で暮らす神崎信男。仕事も恋愛もほどほど。社長の紹介で見合いした息子の結婚を成功させようと奮闘するが…」というのは実はあんまり上手な粗筋紹介ではない。確かにそうなんだけど、この映画の面白さは、実はストーリーそのものではなくて、父と息子の暮らしぶりや、何気ない会話にある。そのあたりは日本のチェーホフこと岩松氏ならでわかもしれない。

『たみおのしあわせ』となっているけど、主人公は多分父親の方。早くに妻を亡くしてから、妻の実家で2人暮らし。地方の町の会社に勤めながら出世も望まず、地道に生きているように見える。恋愛に関しては息子よりは積極的らしく、同じ会社の販売員宮地さんと公認の仲。以前にも販売員とお付き合いしていたらしい。この父親、信男がおかしい。といっても、特別おかしな人物ではない。いたって真面目な普通のおじさん。でも、何かおかしい。息子の留守に宮地さんを家に招いたはいいけれど、誰も吸わないはずのタバコの臭いや、台所のシンクが濡れていることが気になって、宮地さんをほったらかしにしてしまうシーンは最高! もちろん2人の仲がイマヒトツ進展しないのは、この日に限ったことではないし、根本は別にある。とにかく、息子がお見合い相手を連れて来るからと、掃除機をかけたり、お寿司を頼んだり、いそいそ待つのもかわいらしい。しかも、それが原田芳雄なのがいい。

民男は少しオタクっぽい男。年齢はよく分からないけど、父親があんなに心配するからには30代なのでしょう。こちらも特別変わってるわけではない。一度転職しているみたいだけど、会社にも行っているようだし、婚約者の趣味が囲碁だと知れば、マニュアル本を買って勉強したりもする。でも、少し物足りない気もする(笑) そしてものすごくダサイ。

登場人物たちはほぼ全員ヒトクセある人達。義弟の透(前述のタバコの臭いは伏線)、宮地さん、ご近所の老人達(これはスゴイ(笑))、会社の同僚、民男の婚約者の瞳もワケありな予感。ヒトクセあるけど、見せ方が上手いので悪趣味な感じにはなっていない。唯一、嫌なヤツと言える会社の同僚にしても、孤独な人物なんだろうなとか、多分、伸男の元カノことが好きだったんだろうなとか思えたりする。そういう伏線の張り方とか、セリフの行間を読ませるみたいなことがすごく上手い。役者達の演技もいいので、そういう感じが大袈裟にならずに絶妙な感じ。

とにかく親子の日常がいい! 民男が瞳からプロポーズされた時、全力疾走で帰ってきて父親に報告する。2人で大喜びするシーンのセリフが秀逸。その前のシーンで何でそんなに靴のことを気にするのかと思っていたけど、この場面で民男が「あんな走りやすい靴初めてだ!」と感動のあまり叫ぶと、それに対して反射的に「さっき見た!」と言う感じが最高! この時の原田芳雄の演技がスゴイ。後の焼肉屋さんでのケンカのセリフもいい。「何で自分の分しか傘持って来ないんだ!」とか(笑) とにかく、その会話がごく自然。だけどおかしい。セリフも演技も絶妙。多分、こんな文章では伝わらない。その、思わず言っちゃった感。だってそういうことってある。そういうのが上手い。お互いを気遣って言わないことが、逆にお互いのわだかまりになっちゃう感じも、あるよなぁと思ったりする。

原木という小さな町が舞台になっている。ほぼ、神崎家か伸男の会社が舞台になっている。2人の家はローカルな駅から畑などを通った住宅地にある古い民家。その感じがとってもいい。玄関を入ったら廊下を隠すように丸窓付きの壁みたいのがあったり、そういう昭和の香りのする家の構造がいい。安っぽいソファーの感じとか、柄あわせとかあまり考えていなそうなクッションの配置とか、畳にカーペット敷いて洋間にする感じとか。男所帯なのに意外に片付いているところもツボ。台所とかの小物や、観葉植物がさりげなく置かれていたり、生活観があるのがすごくいい。「幸福の木」(観葉植物)が置いてあったのが個人的にグッときた(笑)

一応のテーマは民男と瞳の結婚ということになっているけど、そこに義弟の透や、宮地さんなどが絡んできて、恋愛とか人間関係とかも含めた「しあわせ」とは何かということが真のテーマ。民男に向かって近所のオバちゃん(富士真奈美)が逆ギレするシーンがある。正直かなり自分勝手なキレっぷりだけど、実はこれが民男と伸男の恋愛観や人生観を言い当てている。そして、逆に2人以外の人達のそれも。もちろん、そんなに簡単に振り分けられるものではないけど・・・。でも、伸男と宮地さん、民男と瞳のそれぞれのカップル(?)にも当てはまる。奔放でちょっとわがままで俗っぽい宮地さんと、清楚な感じの瞳は一見違うタイプに見えるけれど多分同じ性(さが)を持っているのだと思う。ちょっと上手く言えないけど・・・。分かりやすいのは宮路さんだけど、瞳の方が根が深そう(笑) もっと分かりやすくした人達が富士真奈美達。いや、むしろ達観したと言うべき?

民男と瞳の結婚は意外な展開を迎える。それがスゴイ(笑) あの瞬間、2人の脳裏に浮かんだ映像は全く別のものだけど、でも本質は同じ。2人は恋愛に対しても、人生に対してもドロドロするのは避けたいのだと思う。ドロドロした部分も含めて人間関係なので、そういうものから逃げ続けるのは難しい。そして、2人は2人にとって「永遠の人」の後を追う。このラストは美しくて、ちょっとおかしい。自分の中のドロドロした部分を見つめて認めることで、他人のそういう部分を受け入れられたりもする。でも、出来る限り避けたいのであれば、それはそれでいいのかも。それも人生だから他人がとやかくいうものでもない。だけど、そんな人を愛してしまったらちょっと不幸な気もする。だって「結婚」ってそういうドロドロとの折り合いをつけていくことなんだと思うから。そこから逃げたいと思っている人にはムリなんだと思うし・・・。

オダジョーはホントにダサかった! 長袖のポロシャツ(もちろんノーブランド)のボタンを一番上までキッチリとめて、もちろんチノパンにインです。ベルト着用で、丈も微妙。態度もどこか自信無げな感じ。富士真奈美達にキレちゃう時もしどろもどろな感じでいい。オダジョー作品はオダジョーファンのbaruの影響で結構見てるけど、演技としては一番良かったかも。キャラもあわせると『時効警察』の霧山が一番好きだけど。麻生久美子も良かったと思う。瞳はちょっと複雑な人物らしい。「凧みたいに飛んでいっちゃう」という感じはあまりしなかったけれど、女の性(さが)のようなものは感じられた。

キーパーソンだけど登場の仕方が面白いので、あえて触れなかったけど透のキャラクターは面白い。でも、小林薫は少しはまり過ぎてちょっと違和感があった気がする。やや、浮いていたような・・・。宮地役の大竹しのぶはさすが! 奔放で自分勝手、でも何となく憎めない。ハマったらヤバそうだけど魅力的でもある。まさに魔性の女という感じ。伸男をさめた目で見る感じが素晴らしい。ホントに結婚式のシーンだけ現れる宗形役の石田えりもいい。すごい存在感(笑) カギ修理工の光石研とか、いろんな人がちょろっと出てて楽しい。もちろん岩松監督も出てます。

何といっても原田芳雄が素晴らしい! 前にも書いたけど「さっき見た!」のセリフは最高。この一言の為だけにDVD買おうと決心するくらい素晴らしい。そして、宮地さんを家に連れてきた時のタバコや水が気になってしまうシーンも最高です。とにかく本当の父親にしか見えない。以前「タモリ倶楽部」の鉄道特集の時に、同じく鉄(鉄道オタク)である実の息子と出演してたけど、その時息子に「(電車に乗れて)よかったなぁ!」と言った言い方と、「さっき見た!」が全く同じ感じに聞こえた! これはスゴイことだと思う。

映像も良かった。前述した神崎家がいいし、ローカルな駅の感じもいい。宮地さんが住んでいるところが少しだけ都会的なのもいい。親子で選んだ服を着た民男と瞳が自転車で土手を走るシーンが美しい。伸男の会社の感じもいい。あと診療所も。冒頭の屋上での神崎親子もいい。子供とボール遊びしている母親が、伸男のことを意識していることに過剰反応する感じが、民男の人物像をよく表している。そういう細かいところが意外に伏線になっていたりする。

語り口はそんなに饒舌ではない。どちらかというと、セリフや見せ方、間の取り方なんかは舞台のお芝居を見ているような感覚もある。笑いを狙っているところもあるけれど、自然だし嫌味はない。淡々と進むけれど、役者の演技や画面からきちんと伝わってくるし、テンポもいいので飽きない。ただ、やっぱり行間を読むみたいなところもあるし、ラストが抽象的ではあるので、そういうのが苦手な人には向かないかもしれないけれど・・・。映画とか音楽とか、小説や絵画などいわゆる芸術的なものは、きっと作者の伝えたいことが込められている。そういう部分を少しでも拾えたら嬉しいし、それが映画を見る理由の1つでもある。なんて勝手に解釈しちゃってるだけかもしれないけど(笑)

もちろん映画の見方は1つではないし人それぞれ。この映画もそんなに深く考えなくても楽しめる。単純にオダジョー目当てだといつもと違うかもしれないけど(笑) そして、全編に流れる「勝手にしやがれ」の音楽がいい。エンドクレジットに流れる”ラスト・ダンス”が最高にカッコイイ!

イベント時に披露された岩松監督の格言:
「しあわせはとは、自分がほどよいバカだと知るべき時のことである。
おりこうな間は、不幸しか感じない。」

しあわせは心で感じるもの。頭で考えてもきっとしあわせは見つからない。納得です!


『たみおのしあわせ』Official site
岩松了の「しあわせコンシェルジュ」

「しあわせコンシェルジュ」のブログパーツが反映しない
・・・どうやら、自分のPCのみ見れないようだ
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/575
Trackback
Trackback URL
「時効警察」主演のオダジョーと麻生久美子が主演で、「時効警察」に出演の岩松了が監督の作品で、「時効警察」を作った三木聡や他の出演者も更に若干名出ていて、「時効警察」目くらましがかかっているが、やっぱり岩松了は一筋縄ではいかない。 もっとも変な映画と分かる題名にした方が良かったかな。オクテのたみおが美人と結婚だー、という予告編の様子は本当に些細な一部であって、本当に変な恋愛や生きる道がぐっちゃに出てきて、やっぱ韓国映画にホン・サンスあり、日本演劇に岩松了ありで岩松の映画だったらこうなるわな、っていうので、岩松期待で見てれば、なかなかやってるねー、てなことで面白い。 変な映画やヨーロッパ映画好きには面白いと思うけれど普通の娯楽映画ファンは観なくてもいいかな。 おやじの原田芳雄や大竹しのぶ、小林薫はじめ演技派のベテランの俳優陣も怪演してるし、清志郎さんも出てるし。公式サイト「シェイクスピア・ソナタ」 作・演出; 岩松了「夏ホテル」 」 作・演出; 岩松了私立探偵 濱マイク 7 岩松了監督「私生活」Say Corner(東京の小劇場 演劇についての劇評/感想のページ: 岩松了さんの作・演出/作/演出/出演作品...
しぇんて的風来坊ブログ  December 12 [Sat], 2009, 23:05
「たみおのしあわせ」★★☆wowowで鑑賞
オダギリ ジョー、原田芳雄、麻生久美子主演
岩松了 監督、118分、2008年



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい←



「お見合いで結婚を決めた主人公と
彼を見守る父親、
どこにでもいそうな親子の
どこにでもありそうで、なさそうな
奇妙な物語が始まる」


途中まではホノボノ系の
単純に不器用な男がそれなりの
幸せを手に入れるかのように
淡々と順序を踏んで結婚まで行くのだろうなと
思わせたが、後半から
微妙にずれて、ラストはもう何が言いたいのか。

たとえば結婚にしても
「そろそろ」とか「世間的にも」とか
そんな基準に振り回されて
ちゃんと自分があるのか、
結婚したいのか、しなくてはならないのか等々。

父親にしても子供のために
自分の恋愛を犠牲にするとかしないとか。
そういうことの全ては
自分でしたいようにすればいいのに
面倒くさいことだ。

そんなどうでもいいことを
延々見せられることになるけれど、
これはそれほど苦痛じゃない、
だって...
soramove  August 23 [Sun], 2009, 0:42
監督:岩松了
出演:オダギリジョー、原田芳雄、麻生久美子、大竹しのぶ、小林薫、石田えり

「地味でダサい民男が、何度目かのお見合いで気に入った女性瞳と出会った。結婚を受けた瞳に喜びをかみ締めるたみおと彼以上に喜ぶ父伸男。ずっと父と息子二人で暮らしたき
日々のつぶやき  September 09 [Tue], 2008, 12:41
映画[ たみおのしあわせ ]をシネスイッチ銀座で鑑賞。

久しぶりに大爆笑した!でもそれは劇場でオイラだけだった。

“結婚”という二文字に、盲目的にこだわる息子とオトンの男たち親子の姿が、新鮮でこっけいだ。オダギリジョーと原田芳雄という今昔のイケメンが...
アロハ坊主の日がな一日  September 07 [Sun], 2008, 5:48
人気ブログランキングの順位は?


オクテのたみお。
今、人生最大のエンターテイメント
”結婚”へ向けてスタートを切る──


結婚しても、しなくても、
どのみち君は後悔することになる
──ソクラテス


プチに哲学、なのにユーモラス。
それぞれの幸せ...
予告と作品の印象がけっこう違っていました。 結婚を題材にしたコメディかと思ってい
はらやんの映画徒然草  August 24 [Sun], 2008, 7:32
 結婚しても、しなくても、どのみち君は後悔することになる。ーーーーソクラテス
真面目でダサい青年を味わい深くオダジョーは演じていました。後悔かあ??!生きていることさえ後悔していることもあるようなときもあるような(笑)
ということで、オダジョーの新作「た...
銅版画制作の日々  August 21 [Thu], 2008, 22:01
オクテで引っ込み思案の神崎民男は父と二人暮らし。 うるさい父の薦めで見合いを重ね、ついに理想の嫁さんが! ワケありの風情漂う清楚な美女・瞳からプロポーズを先に切り出され、親子共々大喜び。 同じころ、神崎家ではプチ怪奇現象が?…。 ダメダメ父子と彼らを取...
象のロケット  August 20 [Wed], 2008, 11:39
父・伸男と2人暮らしの神埼民男はオクテで恋愛下手だが、最近お見合いした瞳とはうまくいき、結婚を目前に控えていた。一方伸男は部下の宮地と交際中。しかし民男の目を気にして、関係を秘匿していた。そんな中神埼家の天井裏に、ニューヨークから逃げ帰った親戚の透が居着く
映画な日々。読書な日々。  August 17 [Sun], 2008, 12:40
父の信男(原田芳雄)と二人暮らしの民男(オダギリ ジョー)が、父の上司の勧めでお見合いをし、挙式にこぎつけるまでのお話。 ストーリーにからまない、何でもない場面がすごくおかしい。 民男が見合い相手の瞳(麻生久美子)と、喫茶店の壁にある用途不明の栓を見...
シネマ大好き  August 15 [Fri], 2008, 20:17
   ★★★★☆  結婚をめぐる親父と息子のホームドラマ。 神崎民男(オダギリジョー)は父の伸男(原田芳雄)と2人暮らし。 引っ込み思案の民男はお見合いがうまくゆき、 瞳(麻生久美子)と結婚することになった。 そこへ、 ニューヨークに行っていた亡き母の弟(小...
富久亭日乗  August 15 [Fri], 2008, 6:34

結婚しても、しなくても、どのみち君は後悔することになる__ソクラテス__
幸せになりたいカップルを演じるのは、オダギリジョーと麻生久美子。
ふたりが{お見合い}から{結婚}までの道のりを、右往左往しながら進むウェディング狂想曲は、プチに哲学、なのにユ...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ  August 07 [Thu], 2008, 23:30
□作品オフィシャルサイト 「たみおのしあわせ」□監督・脚本 岩松了 □キャスト オダギリジョー、原田芳雄、麻生久美子、小林薫、大竹しのぶ、富士眞奈美、川辺久造、石田えり、忌野清志郎■鑑賞日 7月24日(木)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★...
京の昼寝?♪  July 31 [Thu], 2008, 22:06
7/19の2本目、祝・共演!蒼井優の後ろで会話したり?ジュースを飲んだり?ヤバフィス!!!な『百万円と苦虫女』舞台挨拶@シネセゾン渋谷に続いては、オダギリジョー&麻生久美子出演、そして監督は岩松了という『時効警察』コンビが送る『たみおのしあわせ』の舞台挨拶の...
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο  July 21 [Mon], 2008, 23:02
僕は鉄オタではないんだけど、(まるっきり興味なし、むしろバイクです。)木村裕子ち
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
maru♪
> toro サマ

はじめまして!
うれしいコメントありがとうございました♪

確かにあまり評判良くなかったですね・・・
この親子の感じがすごく好きでした。
ほのぼのと、でも自分達の世界で生きていますよね(笑)

父親役の原田芳雄の演技が素晴らしかったです。
「さっき見た!」はツボでした(笑)
March 12 [Thu], 2009, 3:45
toro
最近この作品をみて、メチャクチャハマってしまいました。
でも、ネットの評価をみるとつまらないという人が多くて
ガッカリしていたところ、こちらの記事を読ませていただいて
もう、思っていた事を200%表現されていて「そうそう!その通り!」
と何度もうなずきましたw
素晴らしい観察力&表現力ですね。
あースッキリしましたw
ありがとうございましたww
March 10 [Tue], 2009, 23:43
maru♪
>HIROMi サマ

コメントありがとうございました。
原田芳雄がよかったですよねぇ〜
特に伸男と民男の会話と、宮地さんを家に連れてきた時はホントよかったです!
爆笑というよりはクスッという笑い嫌いじゃないです(笑)
August 18 [Mon], 2008, 2:59
はじめまして。TBありがとうございます。
信雄が宮地さんを家に連れて帰ってきた時の場面は、ホント超おもしろかったですね。まったりとした何気ない会話に、クスっと笑える場面が満載でしたが、どの会話もリアルな感じでした。
August 15 [Fri], 2008, 21:05
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる